パクソジュンの歌唱力を花郎動画でチェック!推定年収や事務所エピソードも!

 

パクソジュン

現在韓国の街はパクソジュンだらけといっても過言ではないほど、広告界でひっぱりだこ!

清潔感があり、都会的かつ健康的、硬派で情に厚いイメージで愛され、ドラマ界・映画界でもオファーが殺到する人気俳優です。

ドラマのOSTにたびたび参加していますが、その歌唱力は?

推定年収や事務所のことも調べました。

 

スポンサーリンク

 

パクソジュンの歌唱力は?

パクソジュンさんは2012年出演した“ドリームハイ2”のOST参加を始め、2013年の“魔女の恋愛”、2015年“キルミーヒールミー”、“彼女はキレイだった”、2016年の“花郎”までのOSTに参加して歌の実力を見せてくれています。

パクソジュンさんは“男性芸能人の登竜門”とも言われているミュージックバンクの司会を2013年10月~2015年4月まで務めました。

イケメンにモデルのようなスラっとしたルックス。それに歌の実力まで!

すべてを備えているようなパクソジュンさんに、「いつからそんなに歌が上手かったのか?」といったインタビューも多々ありますが、パクソジュンさんはその度に一貫して

機械の力を借りました。みなさん騙されていますよ

とジョーク交じりに謙遜に交わしています。

2015年のインタビューで、パクソジュンさんは

歌が本当に上手なわけでもなく、専門分野でもないですが、提案されて、作品に役立つことでもあるので参加しました。

歌の上手な歌手が歌ってもいいけど、1,2シーンほど、私の顔が映る場面で私の声の音楽が流れたら視聴者の立場でもう少し感情移入できるのではないかと思いました

と話していました。

2014年の“魔女の恋愛”と2016年“花郎”のOSTはメーキングMVが公開されています。

声にしてもあの笑顔にしても、うっとりしてしまいますね。笑

 

スポンサーリンク

 

パクソジュンの推定年収

最近の年収は明かされているものがありませんが、2015年にブレイクしたスターを紹介した番組では、パクソジュンさんの1話当たりの出演料は約300万円、前年度の“キルミーヒールミー”、“彼女はキレイだった”での収入は約1億8000万円以上の収入を得たとされています。

ドラマでの収入に合わせて、広告料としても5千万円以上の収入を上げたとの発表がありました。

これはあくまでも2015年時点での話でしたので、今はもはや街で写真でも立ちパネルであっても、一日たりともパクソジュンさんの顔を見ない日は、ありません!!

今日はこの収入をはるかに超えているに違いありません。

筆者のような凡人には桁違いの世界なので想像もできないのですが・・・

 

スポンサーリンク

 

パクソジュンの事務所について

パクソジュンさんを検索すると“所属事務所”や“義理”という検索語がヒットします。

その理由は一人のマネージャーがキーワードになっています。その人物の名前はヤングンファンさんです。

パクソジュンさんは、ペヨンジュンさんが筆頭株主となっている“キーイスト(KEYEAST)”所属でした。

2015年には、まだ契約の満了が1年以上も残っているにもかかわらず、パクソジュンさんから先にデビュー当初からお世話になっていた事務所に再契約を提案したことで話題になりました。これは芸能界では異例のことだそうです。

この時、ヤングンファンさんはキーイストのエンタメ事業総括担当でした。

この再契約についてヤンさんは

契約満了まで1年近残っているが、会社と一緒に今後の活動に対する長期的な計画を立てるためにパクソジュンさんから先に再契約の意思を伝えてきました。これからも変わらない信頼と円滑な意思疎通を通して、パクソジュンさんが国内外で思う存分活動と成長できるように惜しまずサポートしていきます

と公式発表していました。

2017年には、このヤンさんがキーイストの子会社である“コンテンツY”という会社を作って独立しますが、この時もハンジへさん、イヒョヌさん、クハラさんらと共にその子会社に移籍しています。

そして2018年、ヤンさんがキーイストから完全に独立した、エンターテインメントの会社を立ち上げるのですが、コンテンツYとの契約が満了した2018年の6月末に、この会社に移籍しています。

ヤングンファンさんとパクソジュンさんとの信頼関係がどれほどなのかがよく伝わってきます。

今まさに韓国はパクソジュンさん一色!

パクソジュンさんは長年マネージャーとしてお世話になったヤンさんへの恩返しをしっかりとやっていますね!

人柄のカッコよさも人気に火をつけています。

最後に

パクソジュンさんの記事をまとめながら読んだ記事の中で印象に残ったものがあります。

2018年の6月のインタビューでしたが、そのインタビューでこんな話をしていました。

(“キム秘書がなぜそうか”を撮影しながら)この作品で一生着る分のスーツを着ることができるだろうな(笑)。私は作品を撮ることがまるで日記帳を付けているように思えます。一つ一つ私の姿を残しておく日記帳みたいです。

今の青春に逆行したりしたくないです。これからも、その時の私の年にできる役を選び続けると思います。無理してもっと年取ってからもできる役を前もってやりたいとは思いません。

現在進行形の日記帳で、‘今回はこんな姿が残せる’、‘後で読み返したらどうだろう’という期待感があります

とても自分の人生を楽しんで、大事にして生きているなという印象を受けました。

自らも感傷的で涙もろいというパクソジュンさんは、特に両親の話になるとぐっとくるものがあるそうです。

お父さんの事業の失敗で大変な時を経験した長男だからなおさらかもしれません。

まじめで家族思いのパクソジュンさんが益々魅力的に思えました。

ロコ(ロマンスコメディ)だけではなく幅広い演技を見せてくれているパクソジュンさん。

デビューしてからちゃんと休んだのが1か月くらいしかないという多忙さの中にいますが、健康に気をつけて、よい作品でその魅力を魅せ続けて欲しいです。

以上、パクソジュンさんのまとめでした。

 

パクソジュンの来歴とプロフィール!熱愛彼女情報やインスタも!

パクソジュンを知るにはツイッター!デビュー初期の心のうちが満載!

【魔女の恋愛】パクソジュンファン必見!感想まとめ

 

スポンサーリンク