パクソジュンの結婚観とインスタ!ドラマデビュー前に兵役を終えた理由

俳優のパクソジュンさんは2014年ドラマ「魔女の恋愛」で大物女優オム・ジョンファさんと共演、2015年「キルーミーヒールミー」ではチソンさん、ファン・ジョンウムさんと共演するなど、人気スターとの共演が続いており、注目度が高く、まさにスター街道まっしぐらと言えます。

現在、ドラマ界・広告界でひっぱりだこの若手トレンディ俳優人気ナンバーワン!

・プロフィール
・俳優になろうと思ったきっかけ
・デビュー前に兵役を終えた理由
・ファッション
・熱愛と結婚について
・インスタグラム

(トップ画像http://entertain.naver.comより)

スポンサーリンク

プロフィール

박서준 パク・ソジュン
本名:박용규 パク・ヨンギュ

1988年12月16日生まれ
ソウル市出身
185cm
69kg
AB型
弟が二人

2011年ミュージックビデオでデビュー
2012年ドラマデビュー

幼かった時、とても裕福な生活をしていましたが、お父さんが事業に失敗して10坪余りの狭い家に引っ越すことに。 この時の大変な経験が自身の人生の原動力になったそうです。

 

俳優になろうと思った契機

中学生のときまでは野球選手になりたかったそうです。ところがお父さんは、弟さんにだけ野球をさせたとか。ソジュンさんは学校と塾とネットカフェに行って、帰宅して翌日にはまた学校に行くと言う平凡な毎日。勉強にも特に興味がなく、何をするか悩み続けた日々でした。

親は勉強をすることを望んでたけど・・・でもいくら考えても、このまま勉強していい仕事に就けるとは思えなかったんです。(笑)

あるとき、友達に「俺は何の道に進めばいいと思う?」と聞いたところ「背が高いからモデルやったら?」と言われて、なんとなくやる気に。お父さんにそのことを話したそうです。お父さんはとても厳しく、「内気なのにできるわけがない」と大反対されたとか。当時外食するときに、一人で注文できないほど内向的な性格だったそうです。

転機になったのは中学3年生のとき。たまたま入ったアニメーションサークルでは、一年に一回パフォーマンス舞台がありました。そこで日本アニメのコスプレをしたところ、多くの人々の注目を浴び、これまで感じたことのない色んな感情が芽生えたとか。

内気な自分にもこんなことができるんだな、とときめきを感じ、「この道で成功しなければならない」と思ったそうです。

高校時代にはこんなエピソードもあります。

高校に入って、地下鉄の駅などで、何度かスカウトされ、お母さんと一緒に芸能事務所に行ったら、まずお金を払えというんです。「それは違うな」と思いました。本当に私が必要なら、私を求めるはずで、お金を要求するわけがないと思いました。

高校1年生のときからは俳優を夢見て、演劇学院に通う友達についていくようになり、夏休みの終わりから本格的に通い始めました。

演劇学院は思ったものと違うものでした。はじめは発音や発声のような基礎的な段階から踏んでいくとおもったのに、テキスト一つ渡され、これを覚えてやれ!と。とてもとまどったそうです。

でもいつからか、演劇の世界に魅せられ、はまっていくことに。お父さんに反対されないように、一生懸命勉強したとか。

クラスでも成績は上位にあがり、成績表をみせたら、演劇の勉強を続けてもいいといってくれました。そのかわり成績が落ちたらやめさせる、と。

そのときから、放課後は演劇学院へ。そして終電で、自習室へ行き、午前3時まで勉強して、朝8時には登校するという日々だったそうです。塾に行ってたときは、仮病を使って休んだりしていたのに、演劇学院は一度も欠席したことがなかったというほど夢中になり、2年半そうやって過ごして、芸術大学に進学しました。

 

デビュー前に兵役を終えた理由

高校卒業後、ソウル芸術大学演技学科に進学しましたが、思うように演技ができないジレンマに陥り、頭の中を整理することも兼ねて”軍隊から解決しておかなければならない”と思い、大学1年の1学期を終え、入隊。2008年のことでした。

当時は、20代初期を軍隊で過ごすなんて、なんでこんな道を選んだんだろう?と後悔したりしました。でも今となっては早く行っておいてよかったと思います。(http://isplus.live.joins.com/)

軍隊での経験が現在、演技をする糧になったそうです。 同じ年頃の俳優がぞろぞろ入隊予定だと言うときに、すでに兵役を終えているというのは相当なメリットと言えます。

 

ファッション

全身ショットを見るとよくわかるのですが、体のバランスがモデル級だと言われています。 実際に新人時代、オーディションで関係者たちにモデル出身か?とよく聞かれたそうです。

ファッションに関心があるとそうですね?とインタビューで聞かれ、以下のように答えています。

「ドラマ撮影のときもどういう衣装がいいか、スタイリストと話し合う。ひとつのスタイルにこだわらず、いろんなスタイルに挑戦するのが好きだ」(http://isplus.live.joins.com/)

 

 

熱愛彼女は?

過去に熱愛報道があったのはMBCドラマ「金よ出て来い☆コンコン」で共演したペクジニさんです。ペクジニさんの近所に引っ越してデートを楽しんでいると報道されました。

(写真URL:金よ出て来い☆コンコンHPより)

二人はそのドラマで結婚相手役を熱演し、とても人気がありました。ところが双方の事務所が否定。「親しいだけで、熱愛はない。お互い忙しくて会う時間もない。」とコメント。そのエリアに引っ越したのは事実だけど、芸能人がたくさん住んでいるところであるため、疑われる状況でもない、とのこと。

人気ドラマのとおりに実生活でも二人が結ばれてくれたら?というファンの期待もあったのでしょうが、事実ではないとされました。

報道されたペアルックについても「協賛でもらったもの」とコメント。

 

これまで公式に認めた交際相手はいません。

過去に’彼女はきれいだった’放映終了インタビューでこのような発言をしています。

「ドラマの台本をみながら、女性が好きなしぐさや言葉はこういうのなんだな、と思った。女性作家の作品だったからそういう感性を学んだ。実践で使おう、という意味ではなくて、誰かを好きになったときに最善を尽くそうと。」

といいました。

理想の女性は「会話が通じる人」

「性格が良い人は印象にも現れる。 印象が良くて、指がきれいなだったらもっと良い。 ソウルメイトのソンジュンとヘジン(彼女はキレイだったの登場人物)のように何でも話し合える一緒にいて心地いい女性ならば良い。」

結婚についてはどう考えているのでしょうか?

「結婚はいつもしたい。あえて遅く結婚したくない。 のがしたくない人が現れればいつでもしたい。 特に赤ちゃんをみると結婚したい気持ちが強くなる。」

とインタビューで語っています。(参考URL:MBCドラマ”彼女はきれいだった’放映終了インタビュー)

インスタグラムとツイッター

インスタグラムはこちら

コメントは少ないですが、まめに投稿しているようなので要チェックですね!

インスタの犬について、話題になっているようなので和訳を載せました。

節を楽しく過ごして、新しい年を明るく迎えましょう!シンバもお正月の散歩。

愛犬の名前はシンバ。ライオンキングからの命名でしょうね。

 

ツイッターはこちら

現在はあまり投稿していないようですが、かわいい写真があったのでひとつだけ紹介します。

「生まれて100日のときから俺はカメラの前で、ほほえむ方法を会得した」

 

パクソジュン出演作品を観るには?

「彼女はキレイだった」「キルミーヒールミー」「魔女の恋愛」「ママ」「悪のクロニクル」などパクソジュンさんの出演作品を無料で視聴するには・・・

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用するのが一番です!

31日もあれば一作品全部視聴するだけでなく、過去の名作、話題の新作などもチェックできます!

 

U-NEXT公式ページはこちら

U-NEXTについては以下にまとめましたので参考にしてください。

見逃した方、続きが早く見たい方必見!

無料期間中に退会すれば料金はかかりません。

 

最後に

兵役のことで大変な思いをしている俳優が大勢いる中で、無名だった学生時代に早く終えたのは、今となってはとても有利で、ファンとしても嬉しいですね。

ソジュンさんは「オーディションでは、演技はできて当たり前で、何か新しいものを要求されている」と感じたそうです。それで、いつキャスティングされてもいいようにと、ボクシングから始めて剣道、合気道、乗馬まで順に習ったとか。もともと運動神経がよく、どれもある程度できるようになったそうです。ぜひみてみたいですね。今後幅広く活躍されることでしょう!楽しみです。

 

 

ドラマ「サムマイウェイ」関連記事
キムジウォンのインスタと熱愛彼氏は?パクソジュン共演のドラマ情報!

花郎(ファラン)キャスト一覧!OST情報とあらすじ、感想・評価!

2017.11.16

彼女はキレイだったキャストと視聴率!感想やあらすじ・無料動画配信は?

2017.11.08

キルミーヒールミーの意味・視聴率とキャスト一覧!感想は面白い?無料動画視聴法!

2018.05.14