スウィンダラーズ【韓国映画】感想・評価・あらすじ・ナナ他キャスト!

韓国芸能人みたいにプロの指導で
↓↓今年は絶対やせる!↓↓

 

スウィンダラーズ

ヒョンビン×ユ・ジテ×AFTERSCHOOLナナ共演。駆け引きと裏切りの連続で贈る犯罪アクション・エンターテイメント!

キャスト、あらすじ、感想、みどころなどをまとめました。

(トップ画像公式ページより)

 

スポンサーリンク

 

スウィンダラーズ【韓国映画】キャスト一覧

原題:クン

2017年11月22日韓国で公開(日本では2018年7月7日公開)

上映時間:116分

観客動員数:約400万人

監督、脚本:チャン・チャンウォン

【ファン・ジソン役】ヒョンビン

ヒョンビン結婚は熱愛彼女カンソラと?ドラマや映画・インスタ情報も!

2017.10.24

【パク・ヒス役】ユ・ジテ

ユジテ結婚の馴れ初め!妻のインスタに子供画像発見!プロフィールと身長は?

2018.10.10

【コ・ソクトン役】ペ・ソンウ

【クァク・スンゴン役】パク・ソンウン

パクソンウンプロフィール!ドラマで共演した嫁との結婚式エピソード!

2019.07.16

【チュンジャ役】ナナ(AFTERSCHOOL)

アフタースクールナナは北川景子似かインスタ画像で検証!すっぴんは別人?

2018.10.31

【キム課長役】アン・セハ

【チャン・ドゥチョル役】ホ・ソンテ

【イ・ガンソク役】チェ・ドンムン

【ソン・ヨンジェ役】チェ・イルファ

映画『王の男』などのイ・ジュニク監督作品で演出を務めたり、他の作品などで助監督をしてきたチャン・チャンウォンさんは本作で長編監督デビュー!

そして韓国で実際に起きた史上最大のマルチ商法詐欺事件をモチーフにした本作を作り上げました。

主演はドラマ『私の名前はキム・サムスン』『シークレット・ガーデン』で知られたヒョンビンさん。

ドラマではラブコメ作品のイメージが強いですが、近年の映画では『王の涙―イ・サン―』や『コンフィデンシャル/共助』などで新たな一面を見せてくれています。

本作では初の詐欺師役に挑戦しています。

本作は詐欺師たちとエリート検事がメインキャストとなるのですが、その検事役を担当するのが映画『オールド・ボーイ』やドラマ『ヒーラー~最高の恋人~』『マッド・ドッグ』などで知られた名優ユ・ジテさんです。

これまでに品行方正な役はもちろん悪役も演じてきましたが、今回は善か悪かはっきりしない役どころを熱演しています。

近年メインキャストだったり主演も演じるようになったぺ・ソンウさんは、舞台でデビューし2007年頃から映画にも出演するようになりました。

最初は顔は観たことあるけど役名は知らないといったタイプの脇役でしたが、近年はドラマ『ライブ』でメインキャストの1人を演じたり、映画では『ベテラン』『インサイダーズ内部者たち』『ザ・キング』などのヒット作をはじめとした数多くの作品に出演しカメレオン俳優として知られています。

パク・ソンウンさんもちょい役からメインキャストまで演じる多作な俳優で、強面な役からコミカルなものまで様々なキャラクターを演じ分けます。

ドラマ『ミッションボディーガード』ではパク・ヘジンさんと共に主役を演じ、映画では『新しき世界』『王の涙 イ・サンの決断』『華麗なるリベンジ』などをはじめ、年間何本も出演する多忙ぶりです。

チョ・インソンさん主演の新作『安市城グレート・バトル』ではぺ・ソンウさんと共演しています。

紅一点のナナさんはアイドルグループAFTERSCHOOLのメンバーとして知られ、その美貌でアイドルファン以外からの人気も高いのですが、女優としての活動は2016年のドラマ『グッドワイフ』から。

演技初挑戦にして高い評価を得ることとなり、その後もドラマ『Kill it』『ジャスティス -検法男女-2』で主演を務めています。

そして個性的なキャラクターを演じることで知られるようにアン・セハさんは、本作ではコミカル担当!舞台や映画への出演はもちろん、ドラマ『ヨンパリ』『雲が描いた月明かり』などへも出演し独自の魅力を披露しています。

OST情報

本作の音楽を手掛けているのはパク・ジュンソク音楽監督。これまでに担当した作品は数多く、『JSA』『ユア・マイ・サンシャイン』『ベテラン』『神と共に』などヒット作や名作が揃っています。

 

スポンサーリンク

 

スウィンダラーズ【韓国映画】 あらすじ

被害総額4兆ウォン(約4000億円)にも及んだ一大詐欺事件を引き起こした詐欺師チャン・ドゥチョル(ホ・ソンテ)が死亡したとのニュースが発表され世間の話題となりますが、一方でそれこそがデマでありまだ生きているという噂も真しやかに囁かれていました。

かつてチャン・ドゥチョルにより父を亡くしたファン・ジソン(ヒョンビン)は、チャン・ドゥチョルがまだ生きていると確信し彼に繋がる手掛かりを探していました。

チャン・ドゥチョル事件の担当検事だったパク・ヒス(ユ・ジテ)もまた、詐欺師たちを使い非公式の捜査を行い、チャン・ドゥチョルが本当に生きているのかを調べていました。

パク検事と共に行動する詐欺師3人組、コ・ソクトン(ペソンウ)、チュンジャ(ナナ)、キム課長(アンセハ)たちは、チャン・ドゥチョルの手下の1人とされるイ・ガンソク(チェドンムン)を追う中でジソンと出会い、5人で協力してチャン・ドゥチョルを捕まえる計画を立てることに。

そしてチャン・ドゥチョルの補佐役クァク・スンゴン(パクソンウン」)に接近するために新しい計画を練るのですが、ジソンやパク検事にはそれぞれに思惑があるようで・・・。

きむとま
莫大なる被害を出した詐欺事件の首謀者を捕まえるために、詐欺師とエリート検事が協力して挑む犯罪エンターテイメント!

 

スポンサーリンク

 

スウィンダラーズ【韓国映画】 みどころ

本作はとんでもない規模の詐欺事件の主犯チャン・ドゥチョルを捕まえるため、詐欺師と検事がタッグを組む犯罪詐欺映画です!

刑事と犯罪者によるバディムービーというのはよくありますが、本作は検事の部下のような詐欺師たちと、父親の復讐を誓った詐欺師とが協力していくというチームプレーが醍醐味の作品。

詐欺師たちはもちろん、検事にも裏の顔があり、仲間でありながら誰もが信用出来ないというのが面白く、作中で様々な駆け引きや裏切り、そしてどんでん返しが起こるなど、登場人物すべてに疑いの目を向けて見る作品になっています。

冒頭からスパイ映画のような変装で驚かせてくれるジソン、エリート検事でありながら怪しい雰囲気をまとったヒス、そしてあまり優秀そうに見えない詐欺師3人組はキャラクターとしてそれぞれに特徴があり、ジソンとヒスの主導権争いや、ジソンに何かとつっかかるソクトン、セクシーさとかわいさを振り撒くチュンジャ、見た目からも存在感を感じるキム課長と、彼らのシリアスさとコミカルさがうまく融合したやりとりもみどころとなります。

果たして本当にチャン・ドゥチョルは生きているのか?そして、ヒスの真の目的とは?!

 

スポンサーリンク

 

スウィンダラーズ【韓国映画】 感想と評価・評判

豪華なキャスト、金額的には派手な事件、そして謎多き登場人物たちと、なかなか面白そうな設定とストーリーに惹かれて見てみたのですが、ふたを開けてみると設定や展開は確かに面白いものの、設定規模の割には派手な演出はなく、とんでもない規模の詐欺だったわりにはあっさりと主人公たちの罠に引っ掛かったりと、やけに簡単に事が進むのに違和感がありました。

その訳は後半になると明かされてくるのですが、2時間弱の間でそれらを納得させるほどの説得力はなく、詰めが甘いところが気になりました。

細かいことをあまり気にしなければ犯罪エンターテイメントとして十分楽しめるのですが、この手のジャンルが好きな人からすれば粗が目立ち過ぎるように思いました。

結局は韓国作品お決まりの、役立たずな警察、厄介ごとを揉み消すだけの政治家、それに従う検察などを描きたいだけのようで、本格的なものを期待すると肩透かしを食らうかもしれません。

ただ、終盤になってのネタバラシの展開はなかなかスカッとするもので、そこにいくまでの展開がもっと丁寧だったら良かったのにと残念に思いました。

韓国の犯罪映画にしては残虐さや重苦しい展開が少ないので、ライトユーザー向けの作品といえるかもしれませんね!

 

まとめ:韓国の犯罪映画に苦手意識を持っている人でも楽しめる作品!

ただ、本格的な騙し騙されの展開を期待すると拍子抜けしてしまうかもしれません。

 

最後に

この映画は気軽に楽しめるエンターテイメント作品としては及第点はあると思うんですが、駆け引きや裏切り、どんでん返しを楽しむ作品としては粗が目立つ作品だったと思います。

派手なアクションやお金のかかったように見えるシーンも無いので、もっと長い作品にするか、ドラマで各キャラクターについて丁寧に描いた方がもっと面白くなったかもしれませんね。

 

→スウィンダラーズはU-NEXTで配信中!

 

韓国芸能人みたいにプロの指導で
↓↓今年は絶対やせる!↓↓

Youtubeチャンネル登録お願いします!


芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!



スポンサードリンク