スタートアップ【韓国映画】キャスト・あらすじ・感想レビュー

 

韓国映画スタートアップマドンソク主演

韓国の筋肉番長マ・ドンソクがおかっぱ頭の料理人に扮したヒューマンコメディ!

共演は、パク・ジョンミン、ヨム・ジョンア、チョン・ヘイン。

キャスト、あらすじ、感想などをまとめました。

(トップ画像公式ページより)

 

 

スタートアップ【韓国映画】キャスト一覧

原題:始動

2019年12月18日韓国にて公開(日本公開日2020年10月23日)

上映時間:102分

監督・脚本:チェ・ジョンヨル

「グローリーデイ」など

【コソク兄役】マ・ドンソク
中華料理店の厨房長。

マドンソクプロフィール&筋肉ムキムキの理由!熱愛彼女との結婚の可能性は?

2018年6月8日

 

【コ・テギル役】パク・ジョンミン
家出した青少年。

パクジョンミン

俳優パクジョンミンプロフィール!熱愛彼女は?イビョンホンとの映画情報!

2018年12月21日

 

【ウ・サンピル役】チョン・ヘイン
テギルの親友。

チョンヘインのプロフィールとインスタ!出演ドラマ一覧!兵役と熱愛彼女は?

2018年2月19日

 

【ユン・ジョンへ役】ヨム・ジョンア
テギルの母。

ヨムジョンア

ヨムジョンアの鼻は整形?ミスコリア時代の画像&プロフィール!

2019年5月2日

 

【ソ・ギョンジュ役】チェ・ソンウン
赤髪のボクシング少女。

 

【コン社長役】キム・ジョンス
中華料理店の社長。

 

【ペ・グマン役】キム・ギョンドク
中華料理店の配達員。

 

【キム・ドンファ役】ユン・ギョンホ
消費者金融業者。

 

同名の人気ウェブ漫画を原作にした作品。

主演はご存知マ・ドンソクさん。

本作でも得意のアクションを披露していると共に、驚きのおかっぱ頭にキュートなファッションというギャップある姿を見せてくれています。キャラクターとしても正体不明で、これまでマ・ドンソクさんが演じてきた役柄の中でもかなりコミカルな仕上がりになっています。

もう一人の主人公のテギルを演じるのは演技派俳優パク・ジョンミンさん。映画「空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~」で映画賞を総なめにした他、イ・ビョンホンと共演した「それだけが、僕の世界」ではサヴァン症候群の青年という難しい役柄を演じるなど作品ごとにイメージを一新してきた彼は、本作では高校を中退した家出少年に扮しています。

そんなパク・ジョンミンさんの親友役を演じるのは、爽やか年下ブームを牽引するチョン・ヘインさん。これまでにも「刑務所のルールブック」で気性の荒い軍人を演じたり、映画「逆謀~反乱の時代」ではワイルドな武人に扮したりと男らしいキャラクターも演じてきましたが、本作では祖母と友人を大切にする青年役を演じています。

そして大ヒットドラマ「SKYキャッスル」で主演したヨム・ジョンアさんは、口よりも手が出る元バレーボール選手の母親役を演じ、本作でデビューしたチェ・ソンウンさんは赤髪ショートカットのボクシング少女に扮し、アクションも披露しています。本作以降はドラマ「怪物(原題)」への出演や、「アンナラスマナラ」でチ・チャンウクさんとのW主演が決まるなど、今後の活躍が期待される女優さんです。

他にも、キム・ジョンスさんが辛い過去を持つ中華料理店の社長役を、ユン・ギョンホさんは心優しい闇金を演じるなど個性的なキャラクターが揃った作品になっています。

ゲスト出演も豪華で、キム・ミンジェさん、コ・ドゥシムさん、パク・ヘジュンさん、ホ・ジュンソクさんなどが印象的なキャラクターとして登場しています。

 

スポンサーリンク

 

スタートアップ【韓国映画】あらすじ

高校を中退し、母親とも連日言い争いばかりしているテギル(パクジョンミン)は、ある日わずかな金を握りしめてあてもなく家出をしてしまいます。

バスに乗り込みたどり着いた先の偶然立ち寄った中華料理店で働くことにしたテギルは、そこでただ者ではないオーラを放つ厨房長コソク(マドンソク)と出会います。

一方、テギルの親友サンピル(チョンヘイン)は、祖母のためにも早く金を稼ぎたいあまり、何も考えぬまま消費者金融で働くことを決めてしまい、連日のように借金回収に明け暮れることに。

そんな中、テギルの母親ジョンへ(ヨムジョンア)は息子のことを心配しつつも、自分の店を構え新たな一歩を踏み出していたのですが、実はその場所は役所から立ち退きするように言われていた土地であり・・・。

 

スポンサーリンク

 

スタートアップ【韓国映画】みどころ

本作は家を飛び出した若者たちや、新たな一歩を踏み出した大人たちが、現実社会の厳しさを痛感することになるヒューマンコメディです。

最初はマ・ドンソクさん演じるコソクのキャラクターばかりに目がいってしまいがちですが、登場人物それぞれには様々な事情があり、一生懸命に生きようともがいているんです。

学歴優先の韓国社会から弾き出されてしまった少年たち、女手一つで子供を育てることの厳しさを痛感する母親、自らの身を守るためにボクシングを学んだ少女、そして過去と決別し新たな人生を歩もうとする料理人など、設定自体は重いものなんですが、そこにユニークな見た目やコミカルな演出が入ることでとても見易くなっています。

そんなヒューマンドラマ要素とコメディ要素に加え、少年少女たちによるケンカシーンや、マ・ドンソク節が発揮された格闘シーンなんかもあり、痛快アクションとしても楽しむことが出来ます。

更にお互いの事を心配し合う母と息子の感動ドラマや、人生をやり直すことの大切さなども描かれるなど、グッと来るシーンも盛り込まれています!

 

スポンサーリンク

 

スタートアップ【韓国映画】感想・評価

出オチ感半端ない!

“筋肉ムキムキ×おかっぱ頭”というビジュアルのインパクトにまずやられて、ピンクの服を着てTwiceを踊る肉だるまのキュートさに笑い、スマホの画面一杯に映ったマ・ドンソクに爆笑。

アクションシーンは思ったほど無かったものの、張り手一つで主人公を吹っ飛ばしたり(パク・ジョンミンさんの足腰がヘロヘロになる演技は絶妙!)、チンピラやヤクザ相手に無双していくシーンは相変わらずの面白さでした。

しかし、本作はそんなマ・ドンソクさんのアクションがメインなのではなく、社会のレールから外れてしまった若者たちやその日を懸命に生きる大人たちの姿を描くというものなんです。

とはいえ決してシリアスな内容ではなく、ユーモアたっぷりに描かれているのがポイント。

特に主人公のテギルがケンカが弱いのに無謀に突っ込んでいったり、ギョンジュに何度もボコボコにされたりとかなり無謀なんです。

しかし、その臆することなく強者に立ち向かっていく様は見習うべきところだと思いましたね。

ですが、テギルの母親に対する気遣いや、母親の息子に対する愛などは凄く伝わってきますし、サンピルの若者ならではの失敗や祖母を守ろうとする想いななども理解出来たのですが、その他の人物については見る側が推測するしかないというのはちょっと残念でしたね。

コソクが何故ヤクザから脚を洗い料理人となったのかや、ギョンジュの生い立ちやボクシングが出来る理由、そしてコン社長と娘さんに関する話など、その辺りをもっと詳しく描いて欲しがったです。

本作は登場人物それぞれのドラマを楽しむ作品でもあったので、テレビドラマとして描いた方が良かった作品かもしれませんね!

まとめ:登場人物全員が魅力的で、コミカルさとヒューマンドラマのバランスも絶妙だったと思います。しかし、そんな魅力的なキャラクターの背景があまり描かれておらず、その辺りは勿体なかったですね!

最後に

宣伝上は知名度のあるマ・ドンソクさんを主演と銘打っていますが、実のところはパク・ジョンミンさん主演の青春ドラマでしたね。学もなく態度も悪いものの、逃げることなく悪者たちに立ち向かっていく姿や、自分よりもケンカが強いギョンジュを守ろうとする姿勢は少年マンガの主人公のような感じがしてカッコ良く感じました。

それと比べるとサンピルは情けなく、そんなカッコ悪い役どころを人気のチョン・ヘインさんが演じていたのはナイスな配役だと思いました。

→【スタートアップ】はU-NEXTで配信中!

韓国芸能人紹介チャンネルキムチチゲはトマト味TV運営中!


芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!



スポンサードリンク