ライブlive【韓国ドラマ】キャスト・感想・視聴率・あらすじ!

レビュー9万件!今年は絶対やせる!

 

ライブ

ライブ ~君こそが生きる理由~は昼夜を問わず忙しく事件解決に奔走する派出所の警察官の物語。

4年ぶりのドラマ出演となったチョンユミさん主演です!

キャスト、あらすじ、感想、視聴率などをまとめました!

(トップ画像公式ページより)

 

スポンサーリンク

 

ライブ【韓国ドラマ】キャスト一覧

韓国放送 全18話

最高視聴率 7.7%

放送年度 2018年3月から5月

演出:キムギュテ
麗・大丈夫、愛だ

脚本:ノヒギョン

【ハン・ジョンオ役】チョン・ユミ

チョンユミ(1983)ドラマ一覧&プロフィール!熱愛彼氏と結婚について

2018.06.08

【ヨム・サンス役】イ・グァンス

イグァンス結婚&熱愛彼女情報!ソンジュンギと親友?驚愕のインスタ身長画像

2019.01.27

【オ・ヤンチョン役】ペ・ソンウ

【アン・ジャンミ役】ペ・ジョンオク

ペジョンオク結婚と離婚、娘の現在!整形なの?キムヨンエに似てるか画像チェック!

2019.03.26

【キ・ハンソル役】ソン・ドンイル

【チェ・ミョンホ役】シン・ドンウク

シンドンウク病気/闘病の現在!熱愛彼女と結婚はしてる?インスタ情報も!

2019.04.01

【ウン・ギョンモ役】チャン・ヒョンソン

【ヤンチョンの父役】イ・スンジェ

イスンジェの若い頃から現在までのプロフィール!妻との結婚のなれそめと画像!

2019.05.20

 

スポンサーリンク

ライブ【韓国ドラマ】紹介

ノヒギョン作家とキムギュテ監督は過去「ディア・マイ・フレンズ」「大丈夫、愛だ」「その冬、風が吹く」など何度もコンビを組み、今回は5回目となります。

これまでも警察ドラマはありますが、それらが事件中心だったのに対し、本作は警察官の日常や心を描いた人間ドラマ。

派出所で起きる事件事故を中心に、日常の価値と正義を守っていくために努力する警察官の哀歓を表現しています。

ノヒギョン作家は「自分がキャンドル集会に参加したときに見た警察官の慌ててる目つき」がこの作品を描くきっかけとなり、「彼らは公権力ではなく、その犠牲になっていると思った」と話しました。

ノヒギョン作家は1年間、派出所や警察でインタビューをしたり、データを集めたり入念な準備を勧めたとのこと。

前作「ディアマイフレンド」を通じて、多くの人の平凡な日常に注目していたノ作家は、ライブからも人間味あふれるリアルな派出所を描き、好評を得ました。

チョンユミさんは映画を中心に活躍しており、キャリアのわりにドラマ出演数が極端に少ない女優さんです。

2014年「恋愛の発見」以来、4年ぶりのドラマ出演が大きな話題となりました。

 

スポンサーリンク

ライブ【韓国ドラマ】あらすじ

女性で地方大学出身というだけで就職できずにいたハン・ジョンオ(チョン・ユミ)と、働いていた会社がマルチ商法で倒産し、被害届を出しに行った先で出会った警官にあこがれたヨム・サンス(イ・グァンス)。2人は熾烈な競争を経て警察学校を卒業したものの、韓国国内で最も忙しいと言われる「ホンイル交番」に配属される。憧れと期待に胸をはずませていた2人だったが、想像よりも過酷な仕事が待ち受けており、彼らは夢と現実の壁にぶつかっていくのだが…。https://www.bs11.jp/drama/LIVE/

 

スポンサーリンク

ライブ【韓国ドラマ】感想・評価

警察官の心を描いていることで、身近に感じられ、既存のドラマや映画などの警察のイメージとは異なり、視聴者の共感を得ました。

想像以上に過酷な彼らの日常は視聴者をくぎづけにし、最終回、最高視聴率7.7%を記録したことからも、視聴者の期待を裏切らなかったことが伺えます。

ノヒギョン作家の特徴として、「人物の感情を詳細に、奥深く表現する」ことが挙げられますが、登場人物の背景や心理もうまく表し、感動のヒューマンドラマだったという声が大多数でした。

最後に

ちなみに・・・撮影は12月はじまり、寒さとの闘いで非常に大変だったそうです。

(韓国の冬はマイナス20度近く下がることもあります)

個人的にはイグァンスさんのバラエティでの活躍しか知らなかったので、本作ですごく素敵な俳優さんなんだとわかりました。

 

 

 

脱毛は時間がかかるから今から準備

芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!



スポンサードリンク