イニョン王妃の男のあらすじ&キャスト一覧・OST・感想は面白い?無料動画視聴法!

今年やり残したことない?
↓↓韓国女子人気ダイエット↓↓

「W君と僕の世界」の脚本家が描くファンタジー時代劇。ユ・インナ初主演作品であり「セレブの誕生」のチ・ヒョヌとの共演作です。

2012年はタイムトラベルを題材にした作品が多く、本作はアクションと恋愛ドラマを中心に展開されます。

 

スポンサーリンク

 

基本情報とキャスト一覧

全16話

最高視聴率2.1%

放送年度2012年4月から韓国で放送(ケーブルテレビ)

演出:キム・ビョンス/チョ・ロクファン(第6話以降)
脚本:ソン・ジェジョン/キム・ユンジュ

【キム・ブンド役】チ・ヒョヌ

チヒョヌ整形前画像?熱愛彼女ユインナとの現在と公開告白動画!結婚はいつ?

2018.05.23

【チェ・ヒジン役】ユ・インナ

ユインナ熱愛彼氏と結婚について。ドラマ情報とプロフィール!IUとの関係は?

2018.02.05

【ハン・ドンミン役】キム・ジヌ

俳優キムジヌの結婚観と熱愛彼女のこと。プロフィール&ドラマ一覧

2018.06.22

【チョ・スギョン役】カ・ドゥッキ

【ユン・ナジョン役】パク・テイン

【チョンス役】チョ・ダラン

【ミン・アム役】オム・ヒョソプ

【チャス役】イ・グァンフン

【ユンウォル役】チン・イェソル

【ハンドン役】チ・ナミョク

このドラマは当時、ケーブルテレビとしては最高の視聴率を記録した作品です。

脚本を担当したのは「ナイン~9回の時間旅行~」や「W-君と僕の世界」といった奇抜な設定に定評のあるソン・ジェジョンさん。

同時期に「屋根部屋のプリンス」という同じく男主人公が過去から現代にタイムスリップする作品がありましたが、ドラマの内容はかなり異なり本作は主人公とヒロインの恋愛が中心の胸キュン度100%の作品となっています。

2012年には他にも「Dr.JIN」や「シンイ信義」といったファンタジー時代劇が立て続けにあり、この年は「タイムトラベル」ブームでした。

ちなみに、本作はユ・インナさんの初主演作品にして時代劇初挑戦作でもあります。

ケーブルテレビということもあり視聴率から見れば大ヒット作とは言えませんが、その人気はすさまじく2015年には中国でリメイクもされたほど。

その後リメイク版の「2」も制作され当初はユ・インナさんも出演することになっていましたが、その後降板となり台湾の女優パフ・クオさんの主演になりました。

 

OST情報

本作は朝鮮時代と現代を行き来する物語であるため、OSTも時代劇に合った伝統楽器を使った楽曲が多数ありながらも、現代的なポップソングも流れるという珍しいもの。日本でのサウンドトラックCDの人気も相当高いものでした。

あらすじ

キム・ブンドは朝鮮王朝時代に生きる弘文館の校理です。

彼は、王の命を受けて南人の動きを監視していましたが、そこで右議政ミン・アムらが企てた王妃の暗殺計画を阻止することに。しかし刺客に狙われ絶体絶命のピンチに陥ってしまいますが、その瞬間現代にタイムスリップしてしまい・・・。

所変わって、現代の韓国では無名の女優チェ・ヒジンが新ドラマでイニョン王妃役に抜擢されていました。

そして、向かった撮影現場でキム・ブンドと遭遇することに。最初はスタッフだと思っていましたが、何度かの偶然の出会いが続くうちに彼の奇妙な状況を理解し協力するようになるのでした。

時空を超えて出会った二人の壮大なラブストーリーが今始まる。

きむとま
朝鮮時代と現代を行き来するアクション・ラブコメディ。

 

スポンサーリンク

 

みどころ

これまでにもタイムトラベルを題材とした作品はありましたが、2012年になって立て続けに放送されブームとなりました。

そんな作品の中でも本作は、ロマンティックなラブコメと政治の陰謀なども描いたアクション要素も満載の作品となっています。

時代を超えるファンタジー作品だと、一度タイムスリップしてしまうと戻ることが出来ず、ラストに帰るか残るかの2パターンとなるのが定番でしたが、本作の特徴ともいえるのが主人公キム・ブンドは神秘なお守りの力で、過去と現在と行き来できるというところにあります。

この点はかなり重要で、基本は時代劇で現代は最初と最後や回想シーンだけという作品とは違い、時代劇と現代劇を同時に見ているかのような不思議な感覚があります。

それによってシリアスなアクション時代劇から、ロマンティックなラブコメにシフトするという奇抜なことも起こり、それが絶妙なバランスをとっていて本作オリジナルの魅力となっています。

これは非常に難しいことで、下手をすると物語が崩壊する恐れもあります。

同じようなことをした作品は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」位のものかもしれません。それでも約100年くらいしか時代は飛んでいません。このドラマは300年です。

こういった点が同時期のタイムトラベルを題材とした作品との大きな違いであり、それでいてタイムスリップを自由自在に行えるわけではないので、惹かれ合った二人の切ない別れなども描かれたラブロマンス作品になっていることもポイントです。

斬新な設定にばかり目が行きがちですが、しっかりとした脚本と演出そして演技力が備わった作品であり、「時代劇」と「現代劇」、「アクション」と「ラブコメ」という異なったジャンルが備わった作品です。

「アクションラブコメ」ではなく、それぞれに分かれているというのがポイントですね。

2014年の大ヒット作「星から来たあなた」も奇抜な作品で、時代劇と現代劇が混ざった作品でしたが、あれは過去の話と現在の話をしているだけですし、サスペンスとラブコメも現代劇の中で起こることです。

この作品と比べて見ても、本作の異色さが伺えるのではないでしょうか。もちろん「星から来たあなた」と同様に、奇抜なだけじゃない素晴らしいストーリーを備えた作品であると自信をもってお勧めできます。

 

スポンサーリンク

 

感想と評価・評判

ファンタジー色の強い時代劇と現代劇を交互に繰り返す不思議な作品だが、アクションも本格的だしロマンティックコメディとしても秀逸で、優秀な作品を2本くっつけてみたら意外とまとまった!かのような珍しい作品だ。それでいてどちらのシーンも面白いというのは凄いことで、奇抜な設定の為ケーブルテレビ枠だったのか、数字以上に評価されるべき作品だ。
時代劇はシリアスでアクション要素やサスペンス要素もある展開なのだけど、時代劇特有の重苦しさやドロドロの展開にはならないのも珍しい。そして現代劇になるとラブコメに様変わりしたり、とびきりロマンティックな恋愛ものになったりと斬新。泣けるし笑えるし、アクションのドキドキもあるという素晴らしい作品。この作品より少し前に「屋根部屋のプリンス」がありよく比べられるが、あちらがコメディ要素強めのドラマだとすれば、こちらはラブロマンス強めの作品だと言える。
これまでに有名作品で助演を務めてきたユ・インナだけど、この作品で初主演ということもありとにかく目立って可愛い。声も可愛い。この作品の後にも主演したものはあるが、「星から来たあなた」や「トッケビ」などの大ヒット作の印象が強いので残念。また主演作に恵まれるといいな。
チ・ヒョヌという人の作品はこれまで見たことが無かったので、この作品でお初となった。背が高くてひょろっとした薄い印象だけど今作でのユ・インナとのからみは抜群だった。キスシーンも印象的なものが多く、ヒジンが嘘をついてキスをさせるところなど見どころ満載。
シリアスな時代劇パートと、ラブラブな現代劇パートとの落差が魅力の作品だ。現代から過去へ、はたまた過去から現代へ、もしくは別世界へという作品はあったけど、何度も行き来するというのはなかった。大抵移動した先でその世界に慣れるというのが導入としてあり、そのコミカルさや悲しみを描くのを基本としてきたのに、それを行ったり来たりするとはかなりの冒険作だ。そこに泣けるロマンスが加わることで、自分の本来の時代が恋しいけれどあの人には会いたいという恋愛ドラマが成立してるんだと思う。
まとめ:かなり奇抜な設定でありながら、泣けるラブロマンスであるという名作です。時代劇と現代劇が交互に繰り返されるのも珍しいですが、時代が変わるとアクションからラブコメ、ラブロマンスへとシフトするというのも凄く、このドラマ以外に類を見ないものでした。

 

スポンサーリンク

 

最後に

昔だと「千年の愛」といった作品や、近年にも「麗」や「明日、キミと」といったタイムトラベルを題材とした作品はありますが、2012年から2014年ごろには乱発されていていました。

その作品たちはサスペンスに恋愛要素が加わったものだったり、恋愛を成就するために時間移動するものだったりと「タイムスリップ」という一つの大きな要素があるため、他を控えたものが基本となっています。

しかし本作は、時代によってドラマのジャンルが変わるという奇抜なもので一つの世界に色んな要素を詰めるのではなく、過去と現在で分けている点が非常にユニークだと思いました。

バリバリのアクション時代劇と、胸キュンのラブコメ&もらい泣き必死のラブロマンスが一つの作品の中に存在するなんて驚きです。

 

イニョン王妃の男はU-NEXTで見放題配信中!

31日間の無料お試しを理由すれば全話タダで視聴できます

 

 

U-NEXTで見られる韓国映画おすすめランキングTOP10【2018】

2018.05.22

韓国ドラマがつまらない&面白くないという方におすすめの作品5選!

2018.06.08

 

 

スポンサーリンク