アンジェヒョンプロフィール!兄はアンジェウク?似てないのはなぜ?

アンジェヒョン

モデル兼俳優のアンジェヒョンさんは2016年5月に女優のクヘソンさんと結婚しました。

韓国一ラブラブな夫婦と言われ、その新婚生活に注目が集まっています。

アンジェヒョンさんのプロフィールと兵役、性格、整形、結婚と子供、離婚、話題になってるお兄さんのことなど調べました。

(トップ参考URL:http://entertain.naver.com/)

 

スポンサーリンク

 

アンジェヒョンプロフィール(血液型も)

안재현 アンジェヒョン

1987年7月1日生まれ
183cm
(186cmと公表していましたが修正されました)
67kg
A型

善正高等学校卒

HBエンターテイメント所属
2009年アジアモデル授賞式で新人賞受賞
2013年ファッションモデル賞受賞
2014年に俳優デビュー

モデル、俳優のかたわら、AA.Gbanジュエリーデザイナー

2009年22歳の時に交通事故によるけがのため、4か月入院しました。

当時部分的な記憶障害、4番・6番のあばら骨と骨盤恥骨にひび、肺気胸(肺から空気がもれる)も発症。

「もっと完全に治るまで治療に専念すべきだったのに、若かったから早く退院したかった」

2014年時点で、まだしびれたり力が入らない時がある、と後遺症について語っています。

この時の入院で、将来について考え、もともとファッションに関心があり長身を生かせるモデルになろうと決めたのだとか。

そしてモデルアカデミーに通い、モデル界で名を馳せるトップモデルとなったのでした。

俳優として

モデルから俳優に転身する人が増え、モデルは俳優の卵であるかのような認識さえある今日。

モデル界で注目されたアンジェヒョンさんには、ドラマからのオファーが殺到したようです。それに関して

「自分の情熱や実力が及ばない分野だと思う。演技は全く別分野だから。長い間準備している方もたくさんいらっしゃるし。」

演技に挑戦すれば今よりもはるかに人気が出ると思うけど?と聞かれ

「自分の価値が10倍20倍になるかもしれないけど、今自分の置かれている環境でできることはこの程度のライン」

と線を引いていました。またモデルという仕事に対する愛着も強く、俳優業をやろうとは思わなかったようです。

しかしファッションモデルからCM、音楽番組の司会など徐々に仕事の幅を広げていったのは

「モデルが活躍できる場所を広めたい」

「ファンに多様な姿をお見せしたい」

という2つの理由から。

モデルが活躍できる場所が少ない、特に新人モデルが立てる場所はあまりに少ない。

ショーや広告モデルくらいしかないのに、仕事を増やそうと思ったらモデルの領域そのものが広くならないといけない、そのためにモデルという職業を知らせたい、と思ったようです。

こうして司会をしたり、バラエティやドラマにも出ることになったのですね。

すべてはモデルとしてのプロ意識から。現在もモデルとして体重管理は徹底しており、食事制限と運動を欠かさないのだそうです。

 

スポンサーリンク

 

アンジェヒョンは整形なの?

アンジェヒョンさんはまだ今ほど有名になる前、ネットのプロフィール写真によく使われ「彼氏のような写真」で話題となっていました。

正統派イケメンっていうより、「新しい彼氏できたの?」って思わせるような、普通っぽいところが人気があったんですね。

それについてご自身は

「すごくうれしい。平凡な顔だからとっつきやすいのかな。個性がないという言い方もあるけど、自分はこの平凡さが魅力だと思ってる。他の方々みたいにかっこよくてカリスマがあるわけじゃないけど、広告もこういう平凡なイメージで撮ってきた。」

デビュー当時はモデルオーディションを受けるたびに「まずは整形しよう」とよく言われたとか(驚)。

外見が即、競争力につながる職業であるため、そのことでご本人も悩んだようですが、結局整形はせず、「誰にでも魅力がある」という持論を持つことになったそうです。

二重じゃない目、少し曲がった鼻、非対称な顔・・・

これにより角度によって印象が変わり、さまざまな表現ができると考えているようです。

一部整形したのでは?という話があるようですが、上記のことから整形はないでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

アンジェヒョン兵役は目の病気で免除?

韓国人男性は満18歳から満30歳までの間に、約2年間の兵役につく義務があります。

アンジェヒョンさんは網膜はく離を理由に、2年間の社会服務要員として公益(自宅からの通いで公的な場所で事務の仕事)につきました。

高校2年生のときに網膜はく離の手術を受けたそうです。

いつからか光が大きく感じられ、人が見えないほどになり手術するに至ったとのこと。

術後2ヶ月は寝たきり状態だったとか。

網膜はく離は網膜がはがれて視力が低下する病気で、最悪の場合、失明に至ることもあります。

現在も月に1回定期健診を受け、特殊なレンズを装着しているとのこと。

そのことで体を張ったアクションシーンなどは抵抗があるそうです。

 

スポンサーリンク

 

一目惚れでクヘソンと結婚!子供は?

アンジェヒョンさんは2016年5月、満29歳になる年に3歳年上の人気女優クヘソンさんと結婚しました。

二人は2015年ドラマ「ディア・ブラッド 私の守護天使」で一目惚れしたそうです。

花束を贈るプロポーズの動画がインスタにアップされています。(2019年10月削除されました)

二人は家族同士が集まるだけの会を式とし、結婚式は挙げずその費用を大学病院の小児病棟に寄付しており、新しい結婚式のタイプだと話題になりました。

二人の間にお子さんはいません。

アンジェヒョンさんは結婚前の2013年のインタビューで

「今まで自己紹介に将来の夢という欄にはいつも同じことを書いていた。オーディションに行くと他の人は”トップモデル”と書くけど、私は”いいお父さん””幸せな家庭”と書いた。今もそう思う。早く家庭を持ち、いい父親、仲のいいお父さんになって子供と遊びたい。」

人気俳優は結婚が遅くなりがちですが、満29歳で結婚したということもやはりこの発言を裏付けるものだと思います。

結婚からおよそ1年経った2017年3月、クヘソンさんが深刻なアレルギーで入院し、ドラマを降板したことがありました。

お子さんのことよりまず健康回復に専念していることと思います。

 

スポンサーリンク

 

【追記】アンジェヒョン&クヘソンが離婚?

2019年8月18日、クヘソンさんが自身のインスタグラムに投稿した内容から二人が離婚危機であることがわかりました。

クヘソンの書き込み:「倦怠期で心変わりした夫は離婚を望んでいるが、私は家庭を守りたい。来週、夫側から報告を出すというが、全く事実ではないことをお伝えします」

その約1時間後に二人のカカオトークのやり取りをキャプチャーした画像をアップ。

アンジェヒョン&クヘソンインスタ

内容をまとめると

夫側は離婚は二人の間で合意していて、それを来週発表する、と今出演している番組「新西遊記」側に伝えた。

妻側は離婚することを母親に説得してほしい。妻のお母さんは具合が悪いらしく、その母より仕事を優先する夫に怒り心頭

ということです。

このカカオトークのやり取り、感情的なクヘソンさんに対してアンジェヒョンさんの口調は非常に事務的です。

※現在は両方とも削除されています。

これに関して数時間後、事務所(二人は同じ会社所属)が公式発表しました。要約すると

「過去数か月間の苦悩と話し合いの末、いくつかの問題で結婚生活を維持できない状況になり、離婚することになった。今月中に離婚調停の申請をし、来月には離婚が成立することを望んでいる」

とのことです。

【追記】その後、夫婦は世論を味方につけようと、相手に非があることをSNSで暴露しあうというぶざまな状態に。

複数の女性と関係を持っていたと責めるクヘソンさんに対して、浮気をしたことは決してないとアンジェヒョンさん。

クヘソンさんのほうがいちいち感情的な印象です。

2019年9月4日、

「離婚理由を正確にいうとアンジェヒョンが現在撮影中のドラマで共演している女優との噂。私には連絡もよこさないのに、その女優とはカカオトークで楽しそうに対話していると聞いて、胸が張り裂けそうだった。(結婚後、夫のパソコンに女優とホテルでガウンを着たまま夜食を食べてる画像を持っています。裁判所に証拠として提出します)」

という旨の書き込みがインスタにありました。

現在夫が共演しているドラマ「瑕疵ある人間たち」の女優といえば2人しかおらず、オヨンソさんとキムスルギさんがその疑惑の対象となっています。

アンジェヒョンさん、オヨンソさん、キムスルギさんとも、否定しており、オヨンソさんは名誉を棄損された憤りのコメントを残しています。

オヨンソ結婚理想の相手・インスタと熱愛彼氏は?日本の小説が好きな理由

2017.06.05

女優キムスルギの熱愛彼氏は?ドラマ一覧とプロフィール&インスタ!

2018.07.12

アンジェヒョンの性格は?

俳優デビュー直前、音楽番組の司会に抜擢されたとき、ご自身の性格について

「もともと静かな性格ででトーンが低い」

と語っており、それゆえにある程度高めのテンションで進行しなければならないこの仕事がきつかったようです。

また、アンジェヒョンさんの性格についてファンが知恵袋(のようなところで)回答していました。

「ファンを大切にするとてもやさしい性格で、あまり怒らない穏やかな人。仕事が終わってファンが写真撮って欲しいと集まってきても、ファンの安全を考えてくれて優しい。」

ファン思いであることは有名で、数々のインタビューでもファンについて語っていました。

結婚式を挙げずに、病気の子供たちに役立ててほしいと寄付するというのも、ご夫婦の性格を表したものじゃないかと思います。

優しいお人柄がうかがえます。

 

スポンサーリンク

 

兄はアンジェウク?似てない理由

アンジェウク

俳優アンジェウクさん
参考URL:http://entertain.naver.com/

アンジェヒョンさんのお兄さんは俳優のアンジェウクさんなのではないかと思っている方もいると思いますが、そうではありません。

ジェヒョンさんにはお兄さんはいますが、一般人のため詳細は不明です。

そして俳優アンジェウクさんにはジェヒョンさんと同姓同名の弟がいて、芸能活動をしています。

とっても紛らわしい状態になっています。

そのため、ネット上ではよく、アンジェヒョン1987年、アンジェヒョン1981年などと生まれた年度を表記して区別されています。

アンジェウクの弟アンジェヒョン

こちらがアンジェウクさんの本当の弟、アンジェヒョンさん
画像URL:japanese.joins.com

アンジェヒョン1987年さんが俳優アンジェウクさんの弟だという情報を掲載している日本語サイトも多数ありますが、誤りです。

「アンジェヒョンさんには8歳上の兄がいる」としながら、「兄はアンジェウクさんだ」との情報をよく見ますが、アンジェウクさんは1971年生まれ。16歳も差があり、年が合いません。

アンジェウクと実弟アンジェヒョン本当の兄弟

 

アンジェヒョンと兄

こちらのお兄さんについての情報はありません

似てないのは当然です。他人ですから!!!(でも実の弟さんもあんまり似てないですよね)

誤解されているアンジェヒョン(1981年)さんは、2000年演劇俳優デビュー後、ミュージカルや映画にも出演し、2007年ドラマ「沈春の帰環」で演技者として本格デビューしました。

こちらの方のほうが先にデビューしていますが、2011年に演劇の舞台に出演して以来、韓国のウィキペディアには活動履歴が載っていません。

 

スポンサーリンク

 

アンジェヒョン&クヘソンが日本へ?

二人が日本旅行した時の様子がアンジェヒョンさんのインスタにありました!

結婚してすぐの2016年6月、二人は日本旅行へ。

その姿はファンにもキャッチされ、話題となりました。→2019年10月に削除されました。

 

アンジェヒョンのインスタグラム

アンジェヒョンさんがデザインを手掛けるブランド名は「AA.Gban」。

インスタのアカウント名はaagbanjhでしたが、2019年10月にすべての画像が削除されました。

アカウント名ahnjaehyun00がアンジェヒョンさんのインスタだとしたり、2つとも本人のものだとする情報があります。

韓国のプロフィールにはaagbanjhが個人のインスタだと掲載されていました。

ahnjaehyun00はファンのアカウントか、ご本人のものか区別がつきません。

アンジェヒョン作品を見るならU-NEXT

きむとま
U-NEXT31日間無料お試し期間を利用すれば、見放題作品はタダだよ!

→アンジェヒョン出演作の配信状況をチェック!

韓流好きなら、配信数の多さからU-NEXTをおすすめします。

31日間のお試し期間中

・雑誌読み放題
・作品のダウンロード
・ラインナップの確認
・画質の確認

などをして、どれだけ使えるものなのかチェックしてみてください。

最後に

韓国では誰もジェヒョンさんの兄がアンジェウクさんだなんて思ってません!

ちなみにアンジェヒョンというお名前の芸能人があと3人もいます。

同姓同名がとっても多い国なんです。ご注意を!!

【追記】二人の離婚は驚きでしたが、その後の暴露合戦のなんと無様なことでしょう。

イメージが大事な職業なのに・・・その点ソンジュンギ&ソンヘギョカップルは、何も語っておらず随分スマートにみえますね。

 

→アンジェヒョンのドラマおすすめは?

【ひと夏の奇跡】キャスト・感想・出演者インタビュー!

【シンデレラと四人の騎士】キャストまとめ!あらすじと感想!

【星から来たあなた】感想とあらすじ!キャストまとめ!

【君たちは包囲された!】の感想・あらすじ・キャストまとめ!

【ディアブラッド】最終回意味不明?キャスト感想まとめ

 

 

↓↓遺伝子検査で理想のダイエットを!

Youtubeチャンネル登録お願いします!


芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!



スポンサードリンク