私たちのブルース【韓国ドラマ】キャスト秘話・オムニバス方式なのはなぜ?

 

私たちのブルース

「私たちのブルース」は豪華キャストのケミ、済州島の美しさ、人間味あふれるストーリーが話題のヒーリングドラマ!

これまでこんな豪華なキャスティングはあったでしょうか?!

キャスティング秘話やオムニバス方式などをまとめました。

(トップ画像公式ページより)

 

 

私たちのブルースキャストEX相関図

私たちのブルースキャスト相関図

 

私たちのブルースキャストEX

放送:2022年4月9日から20部作

監督:キム・ギュテ
「ライブ「麗」「大丈夫、愛だ」
「アイリス」など

脚本家:ノ・ヒギョン
「ディア・マイ・フレンズ」
「大丈夫、愛だ」
「世界でもっとも美しい別れ」など

 

スポンサーリンク

 

「私たちのブルース」はなぜオムニバス方式なの?

ノヒギョン作家によるとオムニバス方式のドラマは10年以上前から考えていた、とのこと。

オムニバス方式とは俳優たちがそれぞれのストーリーで主人公となり、一つの作品としてまとめたものです。

それぞれのエピソードは2~3話ずつで編成され、すべての話に共通するのは済州島が舞台だということ。

製作発表会で

「男女二人だけの主人公の話はもう飽きた。私たちの人生はみんなそれぞれが主人公なのに、ドラマの中では二人の男女だけを追うっていうのに違和感があった。」

とその理由について語っています。

また、済州島は韓国の情緒がたくさん残っていて、韓国らしさを表現するのにいい場所だとのことで、ドラマの舞台にしたのだそうです。

イビョンホンさんによると

「自分が主人公になったり、また別のエピソードでは脇役になったり。そこに住んでいる人々をカメラだけが動いてそれぞれクローズアップしているような、演じる側としてとても面白い経験だった」

と話しています。

キム・ギュテ監督のインタビュー

14人の主人公を一つのドラマで演出する難しさについて

「ドラマでありながら映画のような2つの面白さをどう表現したらいいか、とても悩んだ。でも結局基本に忠実に行こう、となった」

と古典的でありながら洗練された演出を心がけたそうです。

 

スポンサーリンク

 

私たちのブルースキャスティング秘話

主演を飾るトップスターたちがこんなに揃った作品は他にありません!

こんな夢のようなキャスティングがどうやって実現したのでしょうか?

私たちのブルースで再共演イビョンホンとハンジミンとシンミナHERE出演予定だった3人

ノ・ヒギョン作家は2020年初期に「HERE(仮タイトル)」というドラマで(写真左から)イビョンホン、ハンジミン、シンミナの3人を主人公にキャスティングしていました。

ドラマリーディングまで進みましたが、海外ロケの予定が多かったこの作品はコロナ19の余波を受け、続行不可となり反故に・・・。

この残念な状況にイビョンホンさんは

「他の作品はないんですか?」

と冗談交じりにノヒギョン作家に尋ねたとのこと。

この時他に作品はなく、この後ノヒギョン作家は1年間済州島に住み「私たちのブルース」を執筆。

こうして「HERE(仮タイトル)」でキャスティングされていた3人が「私たちのブルース」で再び集結したのでした。

出演料は高すぎじゃない?

これだけトップスターが揃う作品も珍しく、ドラマ出演料はいくらなのかが気になります。

もちろん正確な出演料を知ることはできませんが、オムニバス方式であることもこのキャスティングを可能にしている理由の一つかもしれません。

俳優たちは主演と言っても出演分量が多くないため、ギャランティーは特別高くなく、忙しい人気俳優たちが一堂に揃うことができたようです。

また、ノヒギョン作家への信頼から俳優たちは高い出演料は受け取っていないのではないか、とも言われています。

ミラン役を務めたオムジョンファさんは人生でやりたいことリストに「ノヒギョン作家の作品に出演すること」を挙げていたというほど、俳優にとって人気のある作家さんなのです。

このキャスティングが可能となった理由はノヒギョン作家への絶大な信頼にあるわけですね。

 

スポンサーリンク

 

イビョンホン&シンミナ

私たちのブルースキャストイビョンホンとシンミナ

この二人の共演はこの作品で3作目となります。

シンミナさんはドラマデビュー作2001年「美しき日々」でイビョンホンさんの妹役で出演。

当時17歳、イビョンホンさんは31歳でした。

私たちのブルースで再共演シンミナとイビョンホン
映画「甘い人生」

2作品目は2005年映画「甘い人生」でイビョンホンさんが片思いする相手役として出演。

共演は17年ぶりということで、

「シンミナさんは幼くてかわいい印象を持っていたが、今回の共演で深みのある演技力で驚いた。」

と話しています。

イビョンホンさんは「ミスターサンシャイン」以来3年7か月ぶりのドラマ出演、また現代劇ドラマとなると「アイリス」以来13年ぶりとなります。

シンミナさんが初めてお母さん役を務めることにも注目です!

イジョンウン

私たちのブルースキャストイジョンウン

イジョンウンさんは済州島にずっと住んでいた人物を演じているため、方言をうまく話すことが重要でした。

他のキャストより早めに台本を受け取り、早めに済州島に行って現地の人とふれあって身に着けたそうです。

オムジョンファ

私たちのブルースキャストオムジョンファ

オムジョンファさんはノヒギョン作家の作品出ること、がウィッシュリストに入っていたとのことで、今回夢が叶った形となりました。

ハンジミン

私たちのブルースキャストハンジミン

「HERE(仮タイトル)」で主演を務める予定だったハンジミンさんは「私たちのブルース」出演に当たり初めてのオムニバス方式がとても興味深くて、一人で主演を背負うのではない安心感があったそうです。

海女役は普段接することのない職業だから学ぶことも多く、大変な撮影を経て海女の方々をさらに尊敬するようになった、と話していました。

キムウビン

私たちのブルースキャストキムウビン

闘病生活を経て、広告などでは仕事復帰していましたが、作品出演は「むやみに切なく」以来約6年ぶり。

主演キャストの中では一番若く、復帰作でありながら大先輩たちとの共演にとても緊張しているそうです。

ちなみに2016年映画「マスター」でイビョンホンさんと共演しています。

シンミナ&キムウビン

私たちのブルースキャストシンミナとキムウビン

「私たちのブルース」のキャスティングで最も脚光を浴びたのが、実際の恋人同士である二人の共演でした。

ドラマ内では別のラブラインとしてキャスティングされています。

これについて記者から多くの質問があり、制作発表の場で作家がコメントしました。

「ドラマ内で恋人同士でキャスティングを依頼したら断られると思って、他のラブラインだけどいいか?と確認した。幸い大丈夫だとの返事をもらった。二人ともクールだから、他のことは何も心配なかった」

人気のある二人ですので当人へこの件についてインタビューはされませんでした。

 

スポンサーリンク

 

ブルースの意味は?

「ブルース」とは音楽ジャンルの名称で、奴隷としてアメリカに渡ったアフリカ系民族たちの間で生まれた音楽、とされています。

その境遇を憂い嘆いて歌にした音楽に感銘を受けてタイトルにしたとのこと。

傷を持っていても希望を持てるような、そんな作品にしたくて「ブルース」をタイトルに入れたのだそうです。

 

私たちのブルース【韓国ドラマ】撮影地

私たちのブルースは80%以上が済州島での撮影でした。

監督は済州島の美しい風景を撮ることにとてもうれしかったそうです。

しかし実際は天気が変わりやすいこと、風が強いためヘアスタイルが乱れて、俳優の美貌がくずれてしまうことなどなど苦労が多かったとか。

撮影後、編集段階では風が上手く撮れていて、済州島ならではの美しさが表現できて満足だとのことです。

 

スポンサーリンク

 

私たちのブルース感想

韓国ドラマという枠組みを超えた名作!

とはいえ、「トッケビ」「愛の不時着」「梨泰院クラス」「イカゲーム」のような、いかにも韓国ドラマな作品群と比べると地味に感じるかもしれない大人のドラマ。

ラブコメ、ファンタジー、ドラマティック、どんでん返し、スリリング、斬新な展開など、エンターテインメント性を求める人には向かない作品かもしれませんが、冒頭のエピソード(1∼3話)は間違いなくいい話であり、この良さが分かるならその他のエピソードにも共感できると思います。

本作には笑いも感動もロマンスも詰まっているのですが、それがいい意味でドラマっぽくなく、わたしたちの身の回りで起きても不思議でないことばかりが描かれているんです。

せっかくドラマを見ているのだから、現実ではありえない話や奇抜なキャラクターが登場するものが見たいと思うかもしれませんが、本作はそういったタイプの作品ではありません。

私が見て名作だと思った作品たちに例えるなら「ディア・マイ・フレンズ」や「椿の花咲く頃」、「海街チャチャチャ」などがテイスト的には似ているかもしれませんね!

良いことも悪いことも筒抜けな田舎町の利点と欠点を描き、ほとんど親戚かのような町たちとの笑いあり涙ありケンカありのドラマ。

舞台はリゾート地である済州島とはいっても、主人公たちが暮らすのは観光地ではなく地元の人達が生活する港町であり、口が悪くケンカも日常茶飯事な人たちばかりが登場します。

結婚することなく何店舗もの魚屋を取り仕切る町の中心的なおばちゃんをはじめ、そんなおばちゃんの初恋相手である銀行の支店長、二人の同窓生でもあるおじさんたち、島で日用品の行商をしている男と都会で別の男と結婚した昔の彼女、そんな仲間たちの親たちや子供たちに、島で働く色っぽい訳アリの女とそんな女に惹かれるイケメン船長、さらに島に戻ってきたかつての友人たちや海女のお姉様方など、本作には港町で暮らす人たちの様々なドラマが描かれていて、視聴者はそれを覗き見させてもらっている感じ。

かつての思い出と共に描かれる初恋相手との再会と悲しい現実のドラマであったり、訳あり女と年下イケメンとのロマンスに親同士が犬猿の仲の子供たちの恋、病気を抱えたかつての恋人との間に隠された真実、島に帰省した親友との話、幼い孫娘と老婆との2週間、そしてわだかまりを抱えた年老いた母親と息子との和解など、島で暮らす人々の日常の中で起きるドラマは感動必至です!

まとめ:豪華キャスティングにより島で暮らす人々の日常を描いた笑いと涙のオムニバスドラマ!

各エピソードは映画のようでもあり、暮らしの中にある明暗がいい意味で非ドラマティックに描かれています。

泣かされるというよりも、いつの間にか泣いていた、そんな名作!!

最後に

オムニバスということもあって、各エピソードごとに出演者が違っていて、ただ舞台が同じだけという作品なのかと思っていました。

だってこの豪華メンツが同じ画面上に映るわけがないと思うじゃないですか!

しかし、最初から最後まで登場する人がいたり、他のエピソードの中でも別エピソードの主人公の話がされたり登場したりと、かなり豪勢な使われ方をしているんです。

個人的にはそれだけでも見たかいがあったと思いましたね。

ノヒギョン作家が1年かけて執筆した「私たちのブルース」、視聴者の心に残ること間違いなしです。

 

キャストプロフィール↓

イミンギョンとイビョンホンの結婚

イビョンホン嫁の実家は金持ち?子供画像となれそめなど結婚まとめ

2017年11月5日

シンミナ熱愛彼氏キムウビンとの結婚は?ドラマ一覧とダイエット法!

2018年6月22日

チャスンウォンインスタとドラマ一覧!息子・嫁画像とプロフィール

2017年12月18日
女優イジョンウン

イジョンウン(パラサイト&焼肉ドラゴン出演女優)プロフィール!

2020年2月5日

ハンジミンは結婚してる?熱愛彼氏情報&インスタ!ドラマ撮影中の事故とは?

2018年10月5日
笑顔のキムウビン

キムウビンの癌のステージは?シンミナとの結婚と兵役はどうなる?

2017年6月29日
オムジョンファ韓国女優

オムジョンファ整形しすぎて顔面崩壊?結婚観と過去の熱愛彼氏紹介!

2019年1月13日
韓国女優キムヘジャ

キムヘジャ若い頃のドラマ画像!プロフィール・ウォンビン共演母なる証明秘話!

2020年6月4日
韓国女優コドゥシム

コドゥシム若い頃画像&プロフィール!息子とドラマ共演?夫との離婚話!

2019年10月11日

 

韓国芸能人紹介チャンネルキムチチゲはトマト味TV運営中!


芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!



スポンサードリンク