アンダードッグ二人の男【韓国映画】キャスト・あらすじ・感想!

オールインワンゲルでできるニキビ対策!

 

アンダードッグ二人の男

人気K-POPグループSHINeeのミンホと、『新感染ファイナル・エクスプレス』のマ・ドンソクが主演したクライム・アクション!

キャスト、感想、あらすじ、みどころなどをまとめました。

(トップ画像https://news.naver.comより)

 

スポンサーリンク

 

アンダードッグ二人の男【韓国映画】キャスト

原題:二人の男

2016年11月30日韓国で公開(日本では2018年1月13日公開)

上映時間:92分

観客動員数:不明

監督、脚本:イ・ソンテ

【ジニル役】ミンホ(SHINee)

SHINeeミンホのドラマ情報!インスタはある?性格と熱愛彼女について

2017.08.23

【ヒョンソク役】マ・ドンソク

マドンソクプロフィール&筋肉ムキムキの理由!熱愛彼女との結婚の可能性は?

2018.06.08

【ソンフン役】キム・ジェヨン

俳優キムジェヨンのプロフィールとインスタ!熱愛彼女と兵役は?

2017.11.20

【ガヨン役】チョン・ダウン(2EYES)

【ボンギル役】イ・ユジン

【ミンギョン役】ペク・スミン

【チャン刑事役】パク・ホサン

パクホサンプロフィールと結婚・再婚話!インスタに息子・家族画像はある?

2019.09.07

SHINeeミンホさんの初主演作!

ミンホさんは十代でSHINeeのメンバーとしてデビューし日本でも高い人気を誇ります。

俳優としては、いきなりドラマ『サンショウウオ導師と恋まじない』で初主演を飾り、その後も『花ざかりの君たちへ』『花郎(ファラン)』などの話題作に出演していき、本作で映画初主演となります。

そんなミンホさんと共演するのは、これまで数多くの映画に出演しサスペンスやアクションでの悪役やコメディ、そして近年は主演作が続くマ・ドンソクさんが存在感を発揮しています。

代表作には映画『悪いやつら』『新感染ファイナル・エクスプレス』『犯罪都市』『ファイティン!』、ドラマ『バッドガイズ』『元カレは天才詐欺師~38師機動隊』などがあります。

そして、本作で悪役を演じているのはドラマ『君を憶えてる』『じれったいロマンス』のキム・ジェヨンさん。

その他にも、ドラマや映画、そして「プロデュース101」に出演し注目を浴びたイ・ユジンさん、ガールズグループ2EYESのチョン・ダウンさん、ドラマ『ウォンテッド~彼らの願い~』『無法弁護士』などに出演するパク・ホサンさんが脇を固めます。

 

スポンサーリンク

 

アンダードッグ二人の男【韓国映画】あらすじ

家を持たずストリートに生きる不良グループのリーダーであるジニル(ミンホ)は、ガヨン(ダウン)、ボンギル(イユジン)、ミンギョン(ペクスミン)らの仲間たちと一緒に盗みをはたらき暮らしていました。

しかし、ある日ジニルが仕事でミスをしてしまい、その穴を補填するために高級車を盗んだことから危機的な状況に陥ってしまうのです。

盗んだ車は違法な風俗店を営んでいるヒョンソク(マドンソク)のもので、その後捕まってしまうのです。

その結果、車の弁償をさせられることになったジニルは、借金のかたとして彼女のガヨンも奪われ、ヒョンソクの店で働かされることになってしまいます。

ジニルはガヨンをそんな店で働かせるわけにはいかないと、金集めに奔走するのですが・・・。

きむとま
「誰が悪い奴なのか」というキャッチコピーからもわかるように、登場人物の多くは社会の底辺で生きている者ばかりです。

アンダードッグ(負け犬)と呼ばれる彼らは、腐った社会や本当の悪人たちに噛み付くことが出来るのか?!

 

スポンサーリンク

 

アンダードッグ二人の男【韓国映画】みどころ

本作は、社会の底辺を生きる2人の男がそれぞれの愛する者を守るために、激しい戦いを繰り広げることになる犯罪アクション映画です。

韓国の若者たちの目線から社会問題を描きつつ、友情や家族愛なども描いているのが特徴です。

主人公たちはもちろん、マ・ドンソクさん演じるヒョンソクも犯罪者なんですが、そうするしかない理由があるのがポイントで、根っからの悪人というわけではありません。

ジニルはガヨンを、ヒョンソクは娘を愛し、彼女たちを守るために犯罪に手を染めているんです。

それに対してソンフンは、金持ちなのに平気で人殺しをするサイコパスで、過去の恨みから主人公たちを追ってきます。

不良少年グループ、ヤクザ、ギャング、そして警察も入り交じり、主人公たちは追い詰められていきます。

果たして、彼等は底辺の暮らしから抜け出すことが出来るのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

アンダードッグ二人の男【韓国映画】感想と評価・評判

“マ・ドンソク”の名前があるとなんでも見てしまう今日この頃。

一見するとハリウッド作品などに登場しそうな筋肉だるまなんですけど(失礼)、悪人や刑事役ばかりでなく、コミカルなキャラクターやどこか哀愁が漂う役も似合うのが彼の魅力なんです。

そんなマ・ドンソクさんが出演していることで本作も気になっていたんですが、ヒットしたとの情報もなくそんなに話題にも上がってなかったのですっかり忘れていて、この度やっと見ることになりました。

結論からいうと、ストーリーやキャラクターなどは私の好みで、派手な作品ではないのですがなかなかの内容でした。

やはり韓国はこういった犯罪映画を撮るのが上手いですよね。

日本でももちろん貧困による犯罪を描いた作品はあるのですが、例えば『万引き家族』は”家族”がテーマで比べるものではないですし、韓国の”底辺”や”負け犬”などを描いたものと比べるとどうしてもリアリティに欠けるんですよね。

それは、わたしが日本に暮らしててそういう現実を目の当たりにしていないこともあるんですが、韓国のこういった作品を見ていると妙にリアルに感じてしまい、「実際にあるんだろうなぁ」と素直に受け入れてしまっているというのはある意味怖いことかもしれません。

そういうことを考えさせられるということはいいと思うんですが、いかんせん登場人物たちに共感出来ない!というのが致命的で、愛する人を守る姿勢は分かるのですが、底辺から這い上がる姿勢も見れず、若者四人の繋がりも少年院で出会っただけという薄いもの。

犯罪ものとしてみればイケメンの主人公がケンカが強いわけでもなく、見た目通りヒョンソクが強いのは納得で、そこに悪事をする為に生きてるようなソンフンの存在が際立って見えました。このソンフンを演じたキム・ジェヨンさんが本作の中で一番良かったかもしれませんね。

 

まとめ:ストーリーやキャラクターは好みなのですが、共感出来るところがないというのはかなりのマイナス。

考えさせられる作品ではありますが、どうもスッキリしませんでした。

 

最後に

この映画は、役者ミンホとしては見応えあるものだと思うんですが、SHINeeミンホのファンの人からするとかなりキツいものになるかもしれまさん。

なんせボコボコにされてますからね!

 

→アンダードッグ二人の男はU-NEXTで配信中!

 

 

 

 

レビュー9万件!今年は絶対やせる!

芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!



スポンサードリンク