製パン王キムタック【ユンシユン】キャスト・あらすじ・視聴率・感想!

レビュー9万件!今年は絶対やせる!

 

製パン王キムタック

韓国歴代5位の平均視聴率38.6%を記録!ユン・シユン×チュウォン共演で贈る製パン界を舞台にした国民的ドラマです。

キャスト、あらすじ、感想、みどころなどをまとめました。

→製パン王キムタックはU-NEXTで見放題配信中!

(トップ画像公式ページより)

 

スポンサーリンク

 

【製パン王キムタック】キャスト・視聴率

全30話

U-NEXT全30話

dTV全30話

平均視聴率:38.6%

瞬間最高視聴率:58.1%

放送年度2010年6月から韓国で放送

演出:イ・ジョンソプ

脚本:カン・ウンギョン

【キム・タック役】ユン・シユン

ユンシユン現在結婚している?熱愛彼女情報&整形疑惑をインスタ画像で検証!

2018.12.15

【ク・マジュン役】チュウォン

チュウォンドラマ情報とインスタ!熱愛彼女BoAは兵役を待てる?

2017.11.22

【シン・ユギョン役】ユジン

【ヤン・ミスン役】イ・ヨンア

【ク・イルチュン役】チョン・グァンリョル

チョングァンリョルのプロフィール!妻と息子、家族の画像はある?

2018.11.19

【ソ・インスク役】チョン・インファ

 

スポンサーリンク

 

【製パン王キムタック】ドラマ紹介

本作は平均視聴率38.6%、瞬間最高視聴率58.1%を記録した大ヒットドラマです。

この平均視聴率は韓国歴代5位という大記録なんです!

さらにその年の賞レースで数々の賞を獲得しています。

そんな大ヒット作を手掛けたのは『快刀ホン・ギルドン』や『栄光のジェイン』のイ・ジョンソプ監督と、『ホテリアー』や『タルジャの春』などのカン・ウンギョン脚本家というヒットメーカーがタッグを組んでいます。

主演のユン・シユンさんは2009年に俳優デビューし、翌年には本作では大ブレイクすることになります!

その後も『私も、花!』『となりの美男〈イケメン〉』『魔女宝鑑』などで主演を飾っています。

主人公のライバル役を演じるチュウォンさんは、本作でテレビドラマ初出演を果たします。その後の活躍はご存じの通りで、出演したドラマがことごとく高視聴率を獲得し「視聴率王子」の異名をとるようになります。

この新人二人が主演した作品で、ここまでの大成功とは素晴らしいですね!

そしてヒロイン役のユジンさんはアイドルグループS.E.Sの元メンバーとして知られ、グループ解散後は女優として活動し数多くのドラマや映画に出演しています。

もう一人のヒロイン、イ・ヨンアさんは本作でユン・シユンさんとベストカップル賞を受賞したほか、数々のヒット作にも出演する演技派女優。

その他にもベテランや名優が多く出演していますが、少女時代のジャリムを子役時代のキム・ソヒョンさんが演じているのにも注目です。

OST情報

本作はOSTの評価も高かった作品です。

参加アーティストはイ・スンチョルをはじめ、キュヒョン(SUPER JUNIOR)、パダ、V.O.S、KCMや、ユン・シユンさんやイ・ヨンアさんと俳優の歌唱曲もあります。

 

スポンサーリンク

 

【製パン王キムタック】あらすじ

すべてはコソン食品の後継者問題からはじまります。

コソン食品の会長ク・イルチュンの妻インスクは、後継ぎが産まれず姑から冷遇されていました。

そんな中、使用人ミスンがイルチュンの子どもを身籠ったことが判明し、激怒したインスクは秘書との間に男児をもうけます。

ミスンはインスクを恐れ身を隠すことにふるのですが、そうして生まれたのがタック(ユンシユン)です。

その後タックが小学生の時に自分の素性について聞かされコソンの家に引き取られることになるのですが、母ミスンはインスクに拉致されてしまうのです。

それから12年たち、タックは家を飛び出して母を探していました。

そんな中で出会ったのが製パン界の生きる伝説と呼ばれるパルボン先生でした。

一方、インスクの息子マジュン(チュウォン)も修行のためパルボン先生に弟子入りしていました。

これによって異母兄弟が同じ先生の元で学ぶこととなり、パン作りをはじめ様々な問題で対立するようになるのです。

きむとま
軸には韓国ドラマお決まりの設定がありながら、ライバル同士がパン作りを通して競いあっていくということ! 

 

スポンサーリンク

 

【製パン王キムタック】みどころ

本作には出演者たちが「シナリオが面白いから出演を決めた!」と口を揃えて言うほどの素晴らしい脚本があります。

確かに名門一家の複雑な人間関係や出生の秘密、異母兄弟に男女間の恋愛模様など韓国ドラマ定番の要素がたっぷりと入っているのですが、この手のドラマだと主人公が女性になるところが定番のところ、本作では男性というのも特徴です。

そして主人公たちがパン作りを通して競いあっていく「料理ドラマ」のテイストや、それに対して大人たちは後継者争いでしのぎを削るなど大きく二つの戦いが描かれています。

一方でヒロイン二人との四角関係や、親子愛に師弟愛なども描かれ、更には異母兄弟にしてライバルである二人が修行を重ねることで友情が芽生えていくというのも珍しいところです。

ドラマの舞台が70~80年代ということもあり日本人が見てもどこか懐かしく感じたり、今の時代では受け入れられないことでも、この時代ならありえるかなと思ってしまいます。

そして登場人物が悪役であってもどこか感情移入出来るというのもポイントで、それゆえ幅広い層に受け入れられることとなりました。

 

スポンサーリンク

 

【製パン王キムタック】感想・評価

まず最初に言っておきたいのは、私は韓国ドラマ定番のドロドロした展開や複雑な人間関係も苦手です。

このドラマも視聴率も評価も高いものの、そういったテイストがある作品なので敬遠していたんです。

しかし、いざ見始めてみると確かにそういった設定はあるものの主人公が男なことや、ライバル相手ともパン作りに真剣に取り組むことで関係性が変化してきたりと胸が熱くなる展開がたっぷりあったので、それがこのドラマの魅力なんだ!と辛くなりすぎることなく見れたんです。

もしヒロインが同じ立場だと、どうしても可哀想という気持ちやイライラ感情が高まって途中で見れなくなるんですよね。

そして30話という長さとテンポが早いのも重要で、これが50話以上ある枠のドラマでだったらダラダラし過ぎて見れなかったでしょう。

長い間イライラが続ず、人間関係にも早い変化が見られるというのは私には有難いことでしたね!

あと、ヒロインの設定がお決まりを覆すものだったのは新鮮でしたね。

詳細は書きませんが恋愛模様が想像通りに運ばないというのは、見ていて飽きが来ませんでした。

同様にラストの展開も「どうせこうなるんでしょ」では終わらなかったというのも良かったと思います。

とはいえ、この手のジャンルはやはり苦手なので何度も見ようとは思いませんが、普段こういった作品が苦手な人でも十分楽しめる見やすさがあると思います!

 

まとめ:韓国ドラマ定番の設定でありながら、パン作り対決やそれによっての人間的成長も描き、胸を熱くさせる感動のドラマに仕上げました。

何かに一生懸命に取り組むというのはやっぱり素敵ですね!

 

最後に

チュウォンさんといえば正義の側の主人公というイメージだったので、この作品での悪役は意外でした。

デビュー作にして2番手というのは凄いですし、ただの憎まれ役では終わらないというのもいい役に恵まれたなぁと思いました。

→製パン王キムタックはU-NEXTで見放題配信中!

 

脱毛は時間がかかるから今から準備

芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!



スポンサードリンク