応答せよ1997感想・評価・キャスト一覧!日本語字幕で無料動画視聴方法は?

→2018.10月~U-NEXTで「トッケビ」
見放題配信中!

トッケビを”全話”無料視聴詳細はこちら↓↓

yumiko(@chayuminmin)님의 공유 게시물님,

多くの新人をブレイクさせたことでも有名な「応答せよ」シリーズの第一弾。

本作は視聴率1%を超えれば大ヒットされるケーブルチャンネルにおいて7.55%を記録し「応答せよ」というフレーズが流行語になるほどの現象を巻き起こした作品です。

このドラマは、主人公たちの現在と過去を行き来しながら初恋、家族、友情といったものを時に切なく、時にユーモラスに描かれています。

最後まで誰がカップルになるかが分からず、それを予想しながら見る凝った作品でもあります。

 

スポンサーリンク

 

基本情報とキャスト一覧

全16話

韓国放送時全20話

放送年度(2012年7月から菅野国で放送)

最高視聴率 7.55%

監督:シン・ウォンホ/パク・ソンジェ
脚本:イ・ウジョン/イ・ソンへ/キム・ランジュ

【ソン・シウォン役】チョン・ウンジ(A Pink)

Apinkチョンウンジドラマ情報とインスタ!歌唱力の評価と熱愛彼氏は?

2017.10.31

【ユン・ユンジェ役】ソ・イングク

ソイングク現在の熱愛彼女と結婚の可能性は?整形並ダイエット法紹介!

2018.05.19

【カン・ジュニ役】ホヤ(INFINITE)

ホヤINFINITE脱退後の現在と今後は?ドラマ情報と熱愛彼女について

2018.09.28

【モ・ユジョン役】シン・ソユル

【ト・ハクチャン役】ウン・ジウォン(元Sechs Kies)

【パン・ソンジェ役】イ・シオン

【ユン・テウン役】ソン・ジョンホ

【ソン・ドンイル役】ソン・ドンイル

【イ・イルファ役】イ・イルファ

このドラマは脚本・演出共にバラエティ出身のスタッフにより制作された異例のもので、様々な仕掛けが施されたこれまでにないドラマ。

主演のソ・イングクさんはそれまでの歌手のイメージから、この作品で俳優として認知されるようになりました。アイドルが多く出てるだけに同世代のみが見るドラマだったかと言えばそれは違い、各年代別で視聴率1位を獲得するほど幅広く愛された作品です。

1997年当時大人気だったH.O.T.とSechs Kiesのファン同士の言い争いなども登場しますが、Sechs Kiesのウン・ジウォンさんに似ているとからかわれるト・ハクチャンを当の本人が演じているのも面白いところです。

1997年は釜山を舞台とした物語であり、話す言葉は訛りだらけのため、韓国では字幕が流れたのだとか。

のちのTV番組でシン・ウォンホプロデューサーが語ったのですが、本作のキャスティングを考えている際、のちに「応答せよ1994」に起用されたユ・ヨンソクさんにも注目していて、実際に連絡もしたのだとか。ところが方言が使えないとのことで、次の機会を約束したそうです。

OST情報

本作は音楽においても話題を呼び、ソ・イングク&チョン・ウンジが歌う「All For You」は主要音源チャートで1位となり、オリジナルサウンドトラックも2012年の「ベストOST賞」を受賞するなど数々の賞を獲得しました。

 

あらすじとみどころ

2012年ソウル。釜山のとある同窓会で1組のカップルが結婚を発表するという・・・。ソウル市内の居酒屋に集まった30代の男女。懐かしい顔ぶれとの再会に、テーブルを囲む彼らには笑顔があふれる。今宵、この場で結婚を発表する2人とはいったい誰なのか…? その真相を解き明かすように、物語は彼らが高校生だった1997年の釜山にさかのぼる。
18歳のソン・シウォン(チョン・ウンジ)はH.O.Tのトニー・アンの大ファンで、勉強そっちのけで毎日トニーのことばかり考えていた。一方、幼少時に亡くした両親の親友であるシウォンの父母の世話になりながら、兄のテウン(ソン・ジョンホ)に育てられてきたユンジェ(ソ・イングク)は、成績は常にトップで運動神経も良く、非のうちどころのない“完璧”な男子。生まれた時からいつも一緒のシウォンとはケンカばかりしているが、いつの頃からか“ただの幼なじみ”だった彼女に恋心を抱くようになっていた…。現実の男子よりもアイドルに夢中で「恋」だの「愛」だの言われてもピンと来ないシウォンだが、ある日、親友ユジョン(シン・ソユル)からユンジェに告白したことを知らされる。ユンジェもまた、告白の返事をどうするべきか、シウォンに相談するのだが…?

http://www.cinemart.co.jp/1997/1997.html

いわゆる韓国ドラマが苦手な方にも自信をもってお勧めしたいドラマがこの「応答せよ」シリーズです。

この作品には、財閥の御曹司も、出生の秘密も、記憶喪失や、不意に起こる事故などの定番展開は存在しないからです。

このようなワンパターンに飽きた方、苦手な方にこそお勧めしたいドラマがこの「応答せよ1997」です。

もともとシリーズにするつもりで作ったのではないでしょうが、今までにありそうでなかった「バラエティ的要素」を盛り込んだ青春ドラマが大ヒットし「応答せよ1994」「恋のスケッチ~応答せよ1988」とシリーズ化されました。シリーズと言っても物語の続きではなく、同じ設定やテーマが踏襲されているということですが。

じゃあ、このドラマの何が新しかったのか?それは、まずは結末の一部を披露するということ。大雑把に例えると「古畑任三郎」方式ですね。最初に犯人が分かっていて、そこに至るまでの過程を覗くというもの。

このドラマだと、最初に1組のカップルが2012年には結婚するということが分かっていて、そのカップルとは誰なのか?それが物語が進むごとに徐々に明かされていき、視聴者も推理しながらあーだ、こーだと考えるのです。2012年現在と、1997年釜山での昔話が交互に展開されて、少しずつ物語のピースが埋まっていく様に視聴率はどんどん上昇し、後追いで動画を見る人も続出、これにより一大ムーブメントを巻き起こしたのです。

ここで一つ重要なことを言わなければなりせん。「カップルを予想するドラマなら、リアルタイムで見ないと意味ないんじゃ?」という疑問です。

結論から言わせてもらえば「そんなことはない!」です。

出演キャストも若手のアイドルが多く、そういったアイドルファン向けのドラマなのかと最初は思っていました。

しかし、実際に見てみると凝った展開や、コメディ要素の強さ、胸キュンな恋愛がありながらも、軸としてあるのは家族のドラマであったり、兄弟愛、友情といった不変なものだったから。

元々の物語の素晴らしさがあったからこそ、アイドルの追っかけ同士のケンカや、ポルノ映画ネタなどのおバカな笑いを散りばめても成立しているのです。

つまり、アイドル俳優好きな人が見る作品というのではなく、斬新な展開をしながらも基本は古風な家族もの、という作品であったのです。そもそも、早い段階でカップルの予想は絞られるため「予想すること」が一番重要な作品ではないことがわかり、あくまでもドラマを盛り上げるための演出の一つととれば問題ないということ。

基本の恋愛ドラマとしての楽しみ方も、シリーズ通して同姓同名の別人として登場する強烈キャラ、ソン・ドンイル&イ・イルファ一家の話に涙するもいいでしょうし、ふんだんに散りばめられたコメディ要素を満喫するもよしと、実に多く人のノスタルジックを呼び覚ますであろうドラマが「応答せよ1997」なのです。

 

感想と評価・評判

笑いあり、涙あり、胸キュンありの最高のドラマ。メインキャストの6人は勿論、登場するキャラクターが凄く強烈で腹を抱えて笑うシーンが多く、飽きることのない作品だった。何度見ても楽しめるのは、物語が軽いからではなく、緩急がしっかりしているからだと思う。
丁度自分も高校時代は90年代で、国は違えども懐かしさを覚えた。韓国でもポケベルやたまごっちがあったとは知らず、もっと軽いノリのドラマだと思ってみてたので時代設定や下地がしっかりしていることに感心した。登場するアイドルや、流行りなどを日本で置き換えてみても楽しいかも。
このドラマには名ナレーションがいくつもある。ドラマの中で言えないことや、想いを語ってくれるのがナレーションだ。ドラマの中でどんなにふざけていても、やきもきとしたシーンを見せられても、その本当の気持ちを語ってくれる。このナレーションの存在がすごく大きい。特に最終回の「初恋」については感動的だった。
評判なので試しに見てみた。10代や20代が楽しめるドラマだと思っていたので、40代の私でも楽しめることがうれしかった。もちろん、韓国のアイドルのことは知らなかったし、当時の流行りも特にも思い入れがあったわけではない。だのに、涙が出た。家族への思いや、兄弟への思いやり、友情などが全体のテーマとしてあったから。たぶん、50代以上でも十分楽しめると思う。自分にもかつてあった「初恋」を思い出しながら見るのもいいもんだ。
誰かと誰かが結ばれるのかを予想するドラマだと聞いていたので、いささか拍子抜けした。キャストの知名度や顔ぶりを見れば初めから絞り込めるからだ。だからつまらないものになると思っていた。しかし、全くそんなことはなかった。よくある韓国ドラマのような大げさな展開も、不自然過ぎる出会いもない、いたって日本的なドラマなのに抜群に面白い。それは程よい笑いとキャラクターの存在であり、ピュア過ぎず濃密過ぎない恋愛模様や、時折挟まれるわざとらしくない感動によるものだろう。凄く昔の話でもないのに、懐かしさと淡い初恋を思い出すドラマだった。
まとめ:話題性の高さや、様々な演出から、奇抜過ぎるドラマかと思いきや、実は王道ストーリー。現在の自分が、過去の自分を振り返る物語と考えれば、そう複雑じゃないでしょう。初恋、友情、家族、といったものを軸にユーモラスに、時に切なく描いたのがこのドラマです。90年代を生きたあなたに、かつて若者だったすべての人におすすめ出来る傑作青春ドラマです。

 

無料動画配信視聴法は?

「応答せよ1997・1994・1988シリーズ」を、無料で観るには・・・・

きむとま
U-NEXTがおすすめだよ

31日間無料トライアル実施中!

この期間中にみちゃえば無料!っていうわけです。

U-NEXT公式ページ

こちらで詳しく紹介しています↓。

応答せよ1997 動画を無料&日本語字幕で視聴法!Dailymotion・パンドラでみる?

最後に

この作品はドラマのいいところと、バラエティの持ち味を見事に融合した傑作です。とにかく引きが強く、緩急の付け方が抜群にうまいのです。

誰がカップルになるか、というキャッチ―な餌に食いつき、若手アイドルたちの変に飾らない演技に引き込まれ、懐かしいアイテムや、かつての自分にも当てはまるネタに笑う。

アイドルの追っかけという特殊なキャラをヒロインにしたり、恋愛ドラマでもあるのにものすごく奥手だったりと、ラブストーリーとしてのハードルが低いのも珍しいですね。

だからこそ、たまに起こる二人の急接近に異常にドキドキし、自分の初恋ともシンクロしたりするのでしょう。

このような色んな凝った演出がありながらも軸になっているのは不変のテーマであることが、広く愛された理由の一つなんでしょう。

そして多くの名ゼリフや、名ナレーションも物語をうまく引き締めていて、それらの言葉に感動することも多かったです。

若い世代からは新鮮に映り、この時代を知ってるものには懐かしく映る。話が進むごとに時間が流れる展開では、この成功はなかったんだと思います。たぶん5年後、10年後に見ても古く感じないドラマなんだと思いますよ。

 

きむとま
応答せよ1997が好きなら映画「ラブストーリー」(2003年公開)もおすすめだよ
「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨン監督の純愛映画。比較的有名なので韓国映画が好きなら知っているベタな作品です。

とはいえ、過去と現在が交互に出てきたり、三角関係だったりとこのドラマ似た点は多く、素敵な映画でもあるのでご紹介いたします。

この映画は母のかつての恋を娘が知り、そこに隠された秘密を知っていく物語です。「応答せよ1997」とは違い、悲しく切ない物語でコメディ要素などはない作品です。

しかし、過去の恋愛を思い出したり、懐かしく思う心情は共通するところではないでしょうか。

この頃立て続けに純愛映画、初恋映画に出ていたソン・イエジンの清純さは、映画の内容とも合わさり胸を締め付けられるもの。ドラマを見て、ノスタルジックさや哀愁を感じたのなら、この作品にも感動することでしょう。

 

応答せよ1994感想・評価・キャスト一覧!日本語字幕で無料動画視聴方法は?

2018.05.26

応答せよ1988キャスト一覧と感想は面白い?日本語字幕で無料視聴動画方法!

2018.05.26

韓国芸能界で一番人気!
食欲の秋油断大敵!

スポンサーリンク