個人の趣向キャスト一覧とOST情報!全何話?ユンウネとキムナムギルの出演回は?

ソン・イェジンとイ・ミンホというトップスターが夢の競演!

クールでイケメンの設計士と、恋愛に臆病な家具デザイナーの同居生活を描いたラブコメディです。

 

基本情報とキャスト一覧

全16話

平均視聴率11.7%

最高視聴率13.1%

放送年度2010年3月から韓国で放送

演出:ソン・ヒョクソン/ノ・ジョンチャン

脚本:イ・セイン/キム・ヒジュ

【パク・ケイン役】ソン・イェジン

ソンイェジン現在結婚相手がいる?映画・ドラマ一覧とキムナムギルは恋人だった?

2018.05.24

【チョン・チノ役】イ・ミンホ

イミンホ公式インスタや事故のこと。兵役はいつまで?彼女は待てる?

2017.04.20

【ハン・チャンニョル役】キム・ジソク

【キム・イニ役】ワン・ジヘ

【イ・ヨンソン役】チョ・ウンジ

【パク・チョラン役】カン・シニル

【チェ・ドビン役】リュ・スンリョン

【ノ・サンジュン役】チョン・ソンファ

【キム・テフン役】イム・スロン

【イ・ウォノ役】ポン・テギュ

本作は、同名の恋愛小説を元に原作者イ・セインさんが書き下ろしたドラマです。

ヒロインのソン・イェジンさんは韓国を代表する映画女優の一人で、もはや大女優と呼んでもいいほどです。テレビドラマは経歴の割には出演数は少なく、日本ではソン・スンホンさんと共演した「夏の香り」が特に有名です。

イ・ミンホさんは前年の「花より男子~」で大ブレイクし、次の作品が本作となります。その後は「シティーハンター」「相続者たち」「青い海の伝説」と多くの話題作で主演を務めています。

このドラマには主演のビックスター二人以外にも、多くの作品で活躍する名助演俳優さんがたくさんしていて、ラブコメから時代劇までこなす有名二番手俳優キム・ジソクさんを始め、悪女役の印象の強いワン・ジヘさん、数多くの映画出演で知られるチョ・ウンジさん、他にも2AMのイム・スロンさんや個性派俳優として有名なポン・テギュさんなど豪華な面々です。

 

 

ユンウネはいつ出る?

カメオ出演するユンウネさんは第8話で、チノ(イミンホ)の元彼女役で登場!

イミンホ・ソンイェジンと3人でお茶するシーン、ユンウネさんのマグカップに「コーヒープリンス」というロゴがありますので要チェック!

こういう細かい演出~!うれしいですよね!

キムナムギルはいつ出る?

第11話のカフェのシーン、わずか17秒ですがキムナムギルさんがお客さん役でカメオ出演しています。

これはロケ先でキムナムギルさんがたまたまそこに居合わせたことから、出演交渉→出演という流れだったとか。

彼は別のドラマの撮影の休憩時間にカフェを訪れただけだったのに、その場で出演することになった、なんて面白いですね。

このドラマのプロデューサーと過去、仕事をしたことがあってその縁があったようです。

OST情報

本作のOSTに参加しているアーティストも凄く豪華で、ヒロインののテーマ曲「ありえない」を歌うユンナさんや、元g.o.d.のキム・テウさん「雨が降って」「あなたという翼」、そして人気ガールズグループ4Minute「愛作り」にSee Ya(シーヤ)「胸がジーンと」、更に2AMの「バカみたいに」と、有名K-POPグループや歌手が揃ったものとなっています。

 

あらすじ

ヒロインのパク・ケインは、建築界の奇才として知られる父が設計した伝統家屋”サンゴジェ”で暮らす家具デザイナーです。

彼女は「お一人様向け家具」のブランド代表ですが、会社を手伝う友人がサンゴジェを担保に借金し姿を消したり、10年以上同居してきた友人に恋人を奪われたりと人間不信に陥る寸前。大雑把で飾り気もなく、まるで”干物女”ともいうべきケインは、とっつきにくい建築家のチョン・チノと何度も出会ううちにケインはチノをゲイだと勘違いしてしまうのです。

建築コンペに勝ち残るためにサンゴジェの内部に興味を持っていたチノは、ケインに誤解させたまま同居人を募集していたサンゴジェに住むことになります。

正反対な性格ともいえる二人はことあるごとに衝突するのですが、徐々に二人の距離は縮まっていき・・・。

トップスターの夢の共演で贈る、ゲイと偽るイケメンと恋愛下手女が織りなす同居ラブコメディー。

 

みどころ

ひょんなことから男女の同居生活が始まるという、ラブコメお決まりのパターンの一つですね。

そこに、ゲイだと思われた男と女っ気のない女とのぶつかり合いがありながらも、ケインが裏切り者の恋人を見返すためにチノの協力を得て女磨きに邁進したりします。

二人とも性格に問題があり、見た目を除けば視聴者が憧れを持つようなタイプのキャラクターではないのですが、こんなズボラだったり偏屈だったりする人は実際にもいそうで、見ていてイライラしながらも大いに楽しむことが出来ました。

「ゲイ」を軽く描いているのはどうかとも思いますが失礼ながら笑ってしまいますし、お互いに人間的に不器用なところも段々と可愛らしく感じてきて、舞台の設定はお決まりですがキャラ設定に関してはかなり個性的だと思いました。

それはタイトルの「個人の趣向」にも表れているように、皆が思う可愛らしいヒロインや、正義感溢れる主人公が出てくるドラマではなく、みんなそれぞれに個性的なのが特徴の人物を面白く描いているからだと思います。

韓国ドラマに登場する人物の殆どは家でもバシッと着込んでいたりするのが当たり前で、それがヒロインともなれば貧乏でもちゃんとしているんですが、このヒロインはズボラであり見てくれも構わないタイプで綾瀬はるかさんが主演した「ホタルノヒカリ」のようなイメージでしょうか。

そんなタイプのヒロインと綺麗好きで潔癖症のイケメンが同居するんですから、それは想像通りの面白い展開になります。

そこに元恋人や、恋人を奪ったヒロインの友人、建築デザインを決める美術館の館長や、チノの同僚などのラブコメ展開もありと、韓国ドラマのラブコメとしては地味な方ではありますが人間関係が面白い作品だと思いました。

更に主人公たちの心の傷や、家族との確執も描き、建築や家具のデザインというサブテーマもあって、全体的にキャッキャ、うふふとした作品とは違った魅力があるドラマになっています。

特に映画俳優としての印象が強いリュ・スンリョンさん演じる館長がすごくいいキャラで、相変わらず嫌な女を演じているワン・ジヘさんを見て落ちた気分を回復させてくれる程のいい人を演じていました。

 

 

感想と評価・評判

ソン・イェジンは清純派を演じても、気概のある勇猛な女性を演じても、そしてこのドラマの様なズボラ女を演じても、どれも絵になる女優さんだ。ドラマ内ではイ・ミンホが年上の設定なんだけど実際はソン・イェジンが5つ上で、それも違和感ないのがスゴイ。これまでに見たどの作品とも違う弾けっぷりのソン・イェジンはこのキャラに惚れることはないんだけど、見ていて面白かった。
ヒロインの元恋人や元友人で同居人、そして会社の同僚兼友人など多くの人に裏切られていて、嫌な奴が多く登場するドラマなんだけど、全体的にコミカルなこともあり思った以上に気軽に見れた。伝統家屋のどこがスゴイのかはわからなかったし、たとえ同居しても二人が惹かれるのかも謎だったけど、話的には面白いと思う。恋愛ドラマとして見るより人間ドラマとして見た方が面白いのかもしれない。
このドラマは家族や友人、仕事の問題などはあるけれど、そこまで多くの要素を詰め込んだ作品ではない。基本ラブコメであり、そこに感動の要素やちょっとした謎がある程度。登場人物のキャラ設定と、ストーリーの軸、展開、そして色んな要素のバランスがしっかりしていれば地味でも面白いんだと思った。お決まりのパターンは同居くらいのもので、他はとってつけたような設定はなく、日本でも受け入れやすい内容の作品だと思った。ただ主要キャラ以外にも、口の悪い人間的にどうかと思う人が所々で出てくるのはいかがなものかと思うが。
日本のドラマ「ホタルノヒカリ」に設定が似ていますが、それより主人公たちの闇の部分を多く描いたドラマだと言える。こういう、ほんわかほのぼの系が韓国で受けるのかどうかはわからないから、四角関係を入れて見たり、周りの人間たちからの裏切りの設定を入れたのかも。ラブコメというジャンルにしてはかなり地味なドラマだと思うが、ドラマとしては魅力的で面白かった。ソン・イェジンが好きだから見始めたのだけど、イ・ミンホも「花男」とは違って落ち着いた感じがよく似合っている。
気の合わない二人の男女が同居することになり、そのうちお互いに惹かれていくというのは少女漫画の定番だし、韓国ドラマでもお決まりのもの。それでいて、なぜずっと同様の作品が生まれるのか?それは、こういう設定が皆好きだからに決まってる!最初は元恋人を見返すために自分磨きをするんだけど、その過程でどんどん綺麗になり元恋人よりもイケメンを捕まえるというのは先が分かっていても楽しい展開だ。
まとめ:正直、恋愛ドラマとして大いに共感したり、二人の恋愛から目が離せなかったということはなかったです。性格の違う二人のドタバタコメディ展開や、ゲイを装ってのコミカルなノリは面白いのですが、残念ながらヒロインにあまり女性的魅力を感じませんでした。それより主人公たちの人間的成長や、家族や友人たちのドラマとしては非常に見ごたえがあり、作品全体としては良作だと思います。

 

最後に

ヒロインのケインを筆頭に、友人のイニなど女性的に節度がなさすぎる人物が目につき過ぎて、どうも感情移入できませんでした。

ケインからイニに乗り換えたチャンニョルも理解不能ですし、チノも色んな嘘を引っ張りすぎですよね。

コメディドラマとして見ると笑えるんですけど、恋愛相手として考えると微妙です。私的には主要な4人よりも、その周りの人物たちの方がキャラ的にも面白く、彼らの存在が合って助かってるドラマだと思いました。

美術館の館長や、チノと同じくゲイを装うサンジュン、そのサンジュンと仲良くなるケインの親友ヨンソンなどは、皆キャラが良く人間的にも大好きな人たちでした。

ドラマの流れやテーマ的には面白かったので、もっと主要人物たちを魅力的にしてほしかったですね。

 

 

スポンサーリンク