ジャグラス【韓国ドラマ】キャスト・視聴率・感想!タイトルの意味は?

バレンタインにはオーダーメイドギフト!

 

ジャグラス韓国ドラマ

チェ・ダニエル除隊後の復帰作!ジャグラス!

氷のボス演じるチェダニエルさんのクールなエリート上司が、ペクジニ演じる秘書の恋で溶かされた!?

ときめきラブコメディです!

キャスト、あらすじ、みどころ、感動などをまとめました。

→ジャグラスはU-NEXTで配信中!見逃しチェック!

 

スポンサーリンク

 

基本情報とキャスト一覧

全16話

最高視聴率 9.9%

韓国放送年度 2017年12月~2018年1月

演出 キムジョンヒョン
「秘密」「スパイ」「太陽がいっぱい」

脚本 チョ・ヨン

【 チャ・ユニ役】ペク・ジニ

ペクジニ熱愛彼氏と結婚の可能性は?ドラマ一覧&インスタのかわいい画像!

2019.01.15

【 ナム・チウォン役】チェ・ダニエル

【 ファンボ・ユル役】イ・ウォングン

イウォングンは整形してる?プロフィールとインスタ!熱愛彼女は?

2018.03.05

【チョ・サンム 役】イン・ギョジン

インギョジン結婚の馴れ初めとインスタの子供画像!父はCEO?

2018.10.15

【マ・ボナ 役】チャ・ジュヨン

【パク・ギョンネ役】チョン・へイン(女性)

【ト・テグン 役】キム・チャンワン

カメオ出演:ユ・ジテ

ユジテ結婚の馴れ初め!妻のインスタに子供画像発見!プロフィールと身長は?

2018.10.10

カメオ出演:ソンフン

ソンフンドラマ情報!熱愛彼女は?インスタと兵役後のデビューの理由は?

2017.05.17

 

スポンサーリンク

 

ドラマ紹介

「ジャグラス」は監督・作家・キャストともに今を時めくスター、という人がいないドラマ。(ペクジニ談)

そのため、当初あまり期待された作品ではありませんでした。

しかし予想とはうらはらに口コミで評判が広まり、好評のうちに終えることができました。

秘書にスポットをあてた作品

この作品はペクジニさん演じる秘書と上司の恋物語。

主人公が秘書だけに、実際の秘書の置かれている立場や哀歓を重点的に描いています。

これまで財閥が出てくるドラマはたくさんありましたが、一緒にいる秘書にスポットを当てた作品というのはありませんでした。

劇中、秘書が接待をしたり、不倫した上司のためにアリバイを作ってあげるなどの非道徳的なシーンのために、視聴者からは「現実的ではない」「秘書という仕事への偏見につながる」という批判がありました。

しかし、これは実際に起きている出来事。

事前に秘書の方の話を聞いたり、現場を取材したり、1年以上もかけて充分な準備のもとに作られた作品で、実際はドラマよりドラマらしい驚きのエピソードも多々あったとか。

ドラマだから大げさに表現している、というわけではないのです。

ペクジニさんはこの作品を通じて

「秘書がどれだけ大変な仕事かわかった。尊敬する」

とし、こういった批判は残念だと語っていました。

バラエティ出身の新人作家

脚本を担当したチョ・ヨンさんは主にバラエティ番組を担当していた作家さんで、ドラマとしては新人。

「とても丁寧にセリフを書いていて、台本そのものが雰囲気が違って新鮮だった」(ペクジニ)

「台本が閉じ込められた感じがせず、自由でよかった」(チェダニエル)

こういった俳優とのケミによって、いい作品が生まれたようですね!

撮影現場の雰囲気は?

チェダニエルさん、インギョジンさんはじめ、男性陣がみんなムードメーカーで、夜通し撮影して疲れていても、とても明るく楽しい現場だったそうです。

特に、キムギバンさんとチョンソンホさんは初対面にも関わらず元々知り合いだったのかというほど、息の合ったトークで爆笑を誘っていたとか。

秘書役を務めた4人、カンヘジョンさん(1982年)、ペクジニさん(1990年生)、チョンへインさん(1990年生)、チャジュヨン(1990年生まれ)さんは実年齢と役の年齢が全員一致という奇跡的な配役でした。

カンヘジョンさんは8歳も年上で、本作は産後の復帰作。

新人女優であるチャジュヨンさんにとっては大先輩なわけです。

カンヘジョンさんが「先輩じゃなくてオンニ(姉さん)って呼んでね」と秘書たちの緊張をほぐしてくれたんだそうです。

それでもなかなかオンニとは呼べなくて、先輩と呼び続けるチャジュヨンさんに

「お願いだからオンニって呼びなさい」

と強要され、それからとても親しくなれたんだとか。

年上の人に「先輩」と呼ぶか「オンニ」と呼ぶかは韓国社会では大きな違いがあるんですね。

オンニというだけで、すごく関係が近くなれるんです。

タイトルの意味は?

ジャグリング、複数のものを投げたり取ったりしながら空中で操る芸があります。

ジャグリングする人という意味のジャグラス(jugglers)という単語で、上司の手となり足となりながら懸命にサポートする秘書という仕事を比喩しているとのことです。

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

チャ・ユニ(ペクジニ)は「YBグループ」の秘書。仕事一筋で真面目に業務をこなしていた。

ひょんなことから、新しく上司となったのは氷のボスならぬ冷徹常務のナム・チウォン(チェダニエル)。

あまりに冷たい対応に、ユニは動揺する日々・・・。

そんなある日、ユニの家の2階にチウォンが引っ越してくることになり、家では大家と入居者という立場が逆転。

家でも職場でも二人は顔を合わせることになり、たびたび衝突するも徐々にひかれあっていき・・・

氷のボスは恋に溶かされるのか?!

→ジャグラスはU-NEXTで配信中!見逃しチェック!

 

ペクジニインタビュー

ペクジニさんはこの作品の最後にキャスティングされ、ロマンティックコメディ(略してロコ)をやるにあたり、ロコの女王と名高いコンヒョジンさんのドラマをたくさん見て勉強したそうです。

しかしリーディングを終えてもまだ不安な気持ちが残っていました。

ドラマ撮影に入る前日、バラエティ番組1泊2日で合宿に行った時のこと。

本作でペクジニさんの母親役を演じるイジハさんと、明け方まで語らいあったそうです。

「あなたならできるからやってごらん。そうすれば結果はおのずとついてくるから」

と励まされ、以降心を決めて取り組むことに。

ロコで主演を務めるにあたって気を付けたこと、それは視聴者の共感を得ること。

「ただかわいらしいだけではだめ。見ている人の共感を得られなければ、何あれ?って言われるだけ。ドキドキと共に、面白くなければいけないロコは難しい。観るときはわからなかった。」

と語っています。確かに、ロコは下手だと逆に視聴者をいらっとさせてしまいますね・・・。

しかし、この作品はペクジニさんの人生キャラクターと言われるほど、はまり役で好評でした。

これまでの作品は終了後に後悔するものばかりで、せっかくいい方々と作品を作ったのに、と自分の至らない点ばかりが悔やまれ、常に「女優は向いていないんじゃないか」と悩む日々だったとか。

ペクジニさんはネットに書かれる視聴者の感想を入念にチェックしていて、それで傷つくことが多かったようです。

それがこの作品に出会い、わくわくしながら演技をしたのは久しぶりで、気持ちがふっきれたとのこと。

2話くらいまでを撮り終えて「ペクジニ以外の主演は考えられない」と作家に言われて自信がつき、撮影終了後はわんわん泣いてしまったそうです。

ターニングポイントとなった作品のようですね。

 

↓韓国商品の売れ筋をチェック↓

 

チェダニエルインタビュー

兵役復帰作第一号となった本作について

「とにかく早く空白期を埋めたかったから、すぐに決まってよかった」

とのこと。撮影エピソードとして、すごく寒かったことを挙げていました。

ある田舎の一軒家での撮影中、1月の大寒波のため家の中にも関わらず、白い息が出てしまって、冷たい水を飲んで息を冷やして対策したとか。

そんなことをしたからさらに寒くなって撮影できなくなり、「凍結した家」という設定にして、コート着用で続行したそうです。

 

→ジャグラスはU-NEXTで配信中!見逃しチェック!

 

感想・評価

とにかく見やすくて面白いの一言。

ストーリー展開に無理がなくて、感情移入しやすいのとそれぞれのキャラクターが魅力的。

韓国で視聴率がうなぎのぼりだったというのも納得。どんどん面白くなっていく。

脚本家がバラエティの作家だったということもあってか、細かい所まで面白かったりして、丁寧に作られた作品という気がしました。

 

まとめ:先が読めてしまうというマイナス意見もありましたが、総じて高評価。

秘書という仕事の裏側も知ることができて、興味深いと思いますよ!

 

 

最後に

除隊後は復帰作選びが大事です。

復帰作で大成功した例としてソンジュンギさんが挙げられます。

入隊前より高い評価を得ることとなりました。

チェダニエルさんにとってもジャグラスはとてもいい選択だったのではないでしょうか?

 

→ジャグラスはU-NEXTで配信中!見逃しチェック!

 

 

スポンサーリンク