チョンドヨン夫との結婚のなれそめ!子ども画像はある?コンユとの映画紹介!

 

チョンドヨン

「カンヌの女王」と呼ばれ、韓国で指折りの演技派女優であるチョン・ドヨンさん。

プロフィールや結婚の馴初め、子供画像やコンユさんとの主演映画「男と女」について紹介します。

(トップ画像https://entertain.naver.comより)

 

スポンサーリンク

 

チョンドヨンのプロフィール

전도연(チョン・ドヨン、全度姸)

1973年2月11日生まれ
ソウル市出身
163.5㎝
42㎏
O型

ソウル芸術大学校 放送芸能科

来歴

高3の時、ティーンズ雑誌に応募して雑誌社に景品を取りに行ったのですが、その時に雑誌社の人の目に付き、1990年にジョンソンエンドジョンソンのベイビーローションの広告モデルとしてデビューします。

90年代は、シム・ウナさん、コ・ソヨンさん、チョン・ドヨンさんらが女優トロイカと呼ばれていましたが、シム・ウナさんは結婚して引退、コ・ソヨンさんは活躍があまり芳しくなかったことから、現在では独歩的なベテラン女優となりました。

チョン・ドヨンさんのドラマデビューは1992年放送の“Our Paradise”でした。

このドラマは1990年から1994年まで放送された大人気の青春ドラマ。

(ちなみにチャンドンゴンさんはこのドラマのシーズン2でブレイクしました。)

チョンドヨンさんは次回作として出演したドラマ“総合病院”で演じた看護師役でさらに知名度がアップ。

この時はまだ典型的なハイティーンスターとして様々な芸能番組やラジオに出演し、ドラマの主演よりは助演、単役を演じていました。

ハイティーンスターから成人女優になったきっかけは1997公開された映画“接続”でした。この時から映画界のライジングスターとして脚光を浴びます。

自分が出演した作品への自負心が強いチョン・ドヨンさんはすべての作品に愛着を持っているそうですが、その中でもこの“接続”に一番愛着を持っているとか。

ただの新人に過ぎなかった自分を一躍スターにしてくれた作品であるとの思いがあるからだそうです。

2007年公開の映画“シークレット・サンシャイン”でカンヌ国際映画祭の女優主演賞を受賞しました。

これはアジアの女優としては2番目の快挙でした。この受賞以降、チョン・ドヨンさんは“カンヌの女王”と呼ばれるように。

そして2014年度にはカンヌ国際映画祭の審査委員として選ばれました。

数々の映画やドラマに出演したチョン・ドヨンさん。

映画やドラマに出演するたびに各受賞式の候補としてノミネートされてきたので、受賞歴は本当にすごいです。

 

スポンサーリンク

 

チョンドヨンの夫と結婚の馴初め

チョン・ドヨンさんの夫であるカン・シギュさんとの出会いは、2006年知人の紹介でした。

カン・シギュさんへの初印象についてチョン・ドヨンさんは

歳が9つも上であることが気に入りませんでした。しかし、話すほどに惹かれるところがありました

と話しています。

カン・シギュさんはソウル大学の電気工学科を卒業し、ジョージワシントン大学のMBA課程を修了し、政府傘下機関である経済研究所の研究員として務めていた秀才です。

二人が付き合っていた時は、ちょうど映画“シークレット・サンシャイン”を撮影していた時でした。

一度喧嘩したとき、翌日チョン・ドヨンさんをなだめるためにソウルから300㎞程離れている撮影現場までかけつけてきて花束をくれたそうです。

二人は出会いから3か月で結婚を決心し、4か月目にウェディングマーチをあげます。

カン・シギュさんの年齢や、両家の両親が早い結婚を望んだからだそうです。

カン・シギュさんはインターナショナル幼稚園を含めた3~4のビジネスを展開し、映画の投資をしたり、レーシングにも興味があり、リュ・シウォンさんやイ・セチャンさんの所属するレーシングチームの理事としても活動しています。

2007年3月に結婚をした二人の間には、2009年に娘さんが生まれました。

 

スポンサーリンク

 

チョンドヨンの子供の画像はある?

残念ながらチョン・ドヨンさんの娘さんの公開された映像はありませんでした。

2015年のインタビューで

「娘とは友達のような関係でいたい」

「お母さんはこう思うけどどう思うの?と尋ねて自分で決めるまで待つようにしている」

と答えていました。そして

「いいお母さんでいたいと思うけど、その基準が何か難しい。」

と育児の難しさも話していました。同インタビューでお子さんが女優になりたいと言ったら?との質問には

「カンヌの女王を越えられるくらい演技がうまくできるならやりなさい、と(笑)」

とのことでした。

チョンドヨンさんとお子さんが一緒にいるのを見たというネットの書き込みによると

「すごくおしゃれな服を着たかわいい子がいて、親を見たらチョンドヨンだった。」

とのことで、顔はママにじゃないけど美人だそうですよ!

 

スポンサーリンク

 

コンユ共演映画“男と女”について

男と女

2016年公開したチョン・ドヨンさん、コンユさん主演の映画“男と女”。

コンユさんはこの映画に出演することになった決定的な理由について

チョン・ドヨン先輩は私がこの映画出演を決めた決定的な確信でした。あれほどかっこよくて大きな私の隣に構えているのにやらない理由がありませんでした

と語っていました。

この映画の製作報告会で司会がチョン・ドヨンさんに

チョン・ドヨンさんが劇中の人物ならフィンランドでコンユさんのような人と恋に落ちることはできるのでしょうか

と質問すると

コンユさんのような男性との恋を誰が拒むのでしょうか

と応えました。

チョン・ドヨンさんはフィンランドでの撮影中に誕生日を迎えたそうですが、コンユさんが直接タッカルビを作って祝ってくれたそうです。

そしてチョン・ドヨンさんが本当に欲しいと思っていたスニーカーがあったそうですが、コンユさんがそれを憶えていてプレゼントしてくれたそう。

一生忘れなさそうです

と話していました。

コンユさんにそんなプレゼントされたら、それは生涯忘れられなさそうです!!

最後に

多くの俳優が“アドリブも一つの才能(芸)”としている中、チョン・ドヨンさんは台本に無いものはやらない。

アドリブをされるのもとても苦手だそうです。

その代わり、監督とじっくり話し合って監督の望む演技を完璧にこなすそうです。

徹底的なキャラクター分析で撮影前に役作りをしてくる俳優がいる反面、チョン・ドヨンさんは、練習はするけれど役作りは、撮影しながら本当にその役になっていくタイプだとか。

だからナチュラルな、本当にその役になったような演技ができるのでしょう。

すごい女優さんだということは知っていましたが、映画界の誰もが激讃するほどだとは知りませんでした。

40代後半にも関わらず、年を感じさせない美貌のチョン・ドヨンさん。

韓国の映画界を引っ張っていく女優としてさらなる活躍を期待します。

以上、チョン・ドヨンさんのまとめでした。

 

→チョンドヨン出演作をみるならU-NEXTがおすすめ!

【グッドワイフ】キャスト・感想まとめ!

【男と女】主演の二人が美しい映画!感想まとめ

コンユのプロフィール!公式インスタはどれ?

 

 

スポンサーリンク