ホヨンジ現在KARAの活動は?熱愛彼氏情報とインスタの美人姉妹画像!

ホ・ヨンジさんと言えば、韓国のアイドルグループKARAのメンバー。

KARAは日本でも2009年「Mr」などのヒット曲で知られていますよね。

その後、加入したヨンジさんはKARAのカワイイ末っ子的存在で人気を集めていましたよね。

現在KARAはどうなっているのか?ヨンジさんは今何をしているのか?

彼女の恋愛などについて調べてみました。

(トップ画像http://stoo.asiae.co.krより)

 

スポンサーリンク

 

プロフィールと来歴

허영지 ホ・ヨンジ 許齡智

1994年8月30日生まれ
京畿道高陽市出身

165.8cm
51kg

家族:父、母、姉

ヨンジさんの幼いころの夢は、ミュージカル女優になることでした。

 

また、インラインスケートの選手として活動していたこともあるそうです。

性格は明るく活発で、野生馬と呼ばれるほどワイルド。サッカーも好きで、1年に眼鏡を6個も割ったというエピソードもあるとか。

 

スポンサーリンク

 

芸能界入り

中学生のころニュージーランドへ留学し、中3に帰国してすぐ練習生となって以降、KARAに入る2014年(満20歳になる年)までは事務所を転々とし、練習生として長く下積み生活を続けていました。

ある事務所に在籍していた頃、デビューのチャンスに恵まれたものの事務所の都合でおじゃんになったこともあったそうです。

KARAの新メンバー募集のプロジェクトではぶっちぎりの人気で選ばれたヨンジさんでした。

そしてKARAのミニアルバムの「Day & Night」で正式デビュー。ポジションはサブボーカルでした。

「王様のブランチ」でも、KARAの新メンバーヨンジさんの独占インタビューが公開されるなど日本でも注目されました。

本業のライブだけでなく、バラエティやドラマやMC、CMなど様々な活動をして、どんどん知名度と人気が上昇。

AFTERSCHOOLのリジなど4名で結成された外部ユニット「Chamsonyeo(チャムソニョ)」としても活動し、2015年2月には、「Magic Words」をリリースしました。

2016年人気ドラマ「また!?オヘヨン」で女優としても歩みだしました。

現在KARAの活動は?

2017年のはじめ、ヨンジさん以外のメンバーの事務所移籍によりKARAは事実上の解散状態。

はっきりと「解散」に言及しないのはKPOP界ではよくあること。

残念ながら、グループとしての活動は今後期待できないでしょう。

 

その後、ヨンジさんは2017年8月自身が作詞作曲に参加した「追憶の時計」でソローデビューを果たします。

KARA時代の明るくかわいい妹キャラ的雰囲気とは正反対の、大人っぽい成熟したイメージを打ち出しました。

2018年1月には、東京ドームで開かれたイベント「World Wide 2018」にも出演し、現在も歌手の仕事を中心に活動しています。

 

スポンサーリンク

 

熱愛彼氏について

(https://entertain.naver.com)

ヨンジさんはロックバンドGukkastenのボーカル、ハ・ヒョヌさんとの交際が2018年3月に発覚しました。

二人は、13際の年の差カップル。

2017年の7月のtvNの放送がきっかけで知り合い、知人を交えて交流を深めたのち、真剣交際へ発展したようです。

周囲の話によると、二人は共に明るい性格で相性がとても良いとか。

公開したことが恋愛の妨げにならないことを祈ります!

 

スポンサーリンク

 

インスタの美人姉妹画像!

お姉さんはなんとアナウンサー!

お名前は「ホ・ソンヨン」さんです。

 

Instagram에서 이 게시물 보기

 

허영지 youngji Hur(@young_g_hur)님의 공유 게시물님,

 美人姉妹ですね!

インスタにはたびたびお姉さんが出てくるのでチェックしてみてくださいね!

最後に

ヨンジさんはデビューまでの下積み生活が長く、テレビ局慣れしていると思いきや、デビュー後テレビ局内でのちょっとしたことに驚き、感動していたそうで、とてもピュアな印象を受けました。

バラエティ番組では、カワイサが命のアイドルでありながら、顔が崩れるほど食べ物を口いっぱいにほおばる姿がとてもナチュラルでかわいらしい人だと感じました。

また、ファンのことをなくてはならない「空気のような存在」と表現するほど、ファンへの愛情が深い人のようです。

これからも芸能活動を頑張ってほしいですね。

 

【KARA】
クハラ、熱愛彼氏との騒動はどうなった?

 

【また!?オヘヨン】キャスト・あらすじ!感想は??

【内省的なボス】は後から面白くなるドラマ!感想まとめ

 

スポンサーリンク