俳優ドンハ(キムヒョンギュ)プロフィール!熱愛彼女と兵役はいつまで?

ドンハ

ドラマ“イ判サ判”でエリート検事役を熱演したドンハさん。

さまざまなドラマで重要な役どころを演じ、順調に俳優としてのフィルモグラフィーを積んでいます。

ドンハさんのプロフィールや来歴、芸名、熱愛彼女情報、兵役などをまとめました。

(トップ画像https://entertain.naver.comより)

 

スポンサーリンク

 

俳優ドンハ(キムヒョンギュ)プロフィール

동하(ドンハ、東夏)

本名:キムヒョンギュ

1991年12月14日生まれ

181㎝
B型

家族:父・母・兄

来歴

ドンハさんは2009年放送されたドラマ“アクシデントカップル”でデビューしました。

その後、“スリーデイズ”や“華麗な誘惑”、“私の心きらきら”などに出演してきましたが、あまり認知度はありませんでした。

ドンハさんが注目を浴びるようになったドラマは、2017年放送された“キム課長とソ理事”でした。

このドラマの序盤と終盤で感情の変化が著しく変化の激しいキャラクターを上手に演じたという高評価と共に、人気を得るようになりました。

デビューのきっかけ

ドンハさんが俳優になろうと決めたきっかけは、中学校1年の時、中間試験を終えて友達と一緒に見に行った映画“Arahan(リュスンボム主演のアクション映画)”を観てからだそうです。

映画の中のリュスンボムさんもカッコよかったのですが、他の観客たちも自分と同じくリュスンボムさんの演技に感嘆している姿を見て“俳優はカッコいい職業”だと思ったのだとか。

俳優になろうと決めて、すぐさま芸術高校に進学するために演技スクールに登録しました。

月謝はコンビニのアルバイトをしながら自分で払い、3年間芸術高校入試の準備をしたとか。(中学生なのにアルバイトができるんですね!!ビックリ!!)

受験を1週間後に控えたある日、通り魔に遭ってしまい、腎臓が破裂する大けがを負ってしまったそうです。

医者からは“今、無理をすると死亡する確率が50%もある”と警告されたそうですが、どうしても諦められなかったドンハさんは両親を説得し受験に参加するも、体がちゃんと動かないので結局は落ちてしまったそう。

演技をするという息子に、両親の反対も大きかったようです。

豊かではない家庭事情の中、勉強だけは良いところでさせてあげたいと思い、無理してよい環境のところに引越しまでした両親だったので普通に学業に専念して欲しかったのですね。

猛反対していたお母さんも、ドラマ“キム課長とソ理事”の最終回を観て涙しながら“演技しなさい”と言ってくれたそうです。

“認められるのに13年かかりました。”と話していました。

ドンハさんに俳優への夢を抱かせた憧れのリュスンボムさんとは2015年公開した映画“Intimate Enemies”で共演をしています。

自分の憧れの人と共演するなんて!どれほどドキドキしたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

“ドンハ”という芸名

ドンハさんは2016年所属事務所を移籍する際に、本名の“キムヒョンギュ”ではなく“ドンハ(東夏)”という芸名で活動を始めました。

この芸名には、“安定と発展を成す”という意味が込められているそうです。

2017年の“キム課長とソ理事”からブレイクしたので、芸名の通りになったのでしょうか。笑

“キム課長”以降の“怪しいパートナー”や“イ判サ判”でも、主演ではありませんが充分比重ある役を演じています。

俳優ドンハ(キムヒョンギュ)熱愛彼女は?

公式に報じられている熱愛はありませんでした。

理想の女性ついて2017年7月のインタビューで

「私のことを本当に世界で一番愛してくれる人。自分よりも(笑)どこかに一人はいると思うから、出会ったら結婚します。」

同インタビューで結婚については

「いつかはしなければいけないと思っているけど、遠い未来の話。目標と夢を持って10年走り続けてきたし、今演技できる環境で他の事に気を遣いたくない。演技に集中したい」

と語っていました。

 

スポンサーリンク

 

俳優ドンハ(キムヒョンギュ)兵役はいつまで?

ドンハさんは2018年5月1日に入隊しています。除隊の予定は2019年12月です。

芸能人の入隊の時は、時には多くの報道陣が取材する中で入隊する方もいますが、ドンハさんは入隊の4日前に入隊事実を公表し、とても静かな入隊だったそうです。

入隊に当たり

大韓民国の国民として兵役の義務を誠実に務めます。いつも応援してくださったたくさんの方々に感謝の気持ちを伝えたいです。皆さん、健康に過ごしてください。私も健康に務めてまいります。さらに成熟した姿で戻ってまいりますので、引き続き応援を宜しくお願いします

と発表しています。

最後に

ドラマのキャラクターを演じる前に、いつもA4用紙を持ち出して、大まかなことから細かいことまで自分の演じるキャラクターについての分析をするというドンハさん。

それは台本に書いてある、性格・家族構成・職業・趣味などから始め、好きなもの・嫌いなもの・恋愛経験・うれしかったこと・悲しかったことなど、台本には書いていない部分までそのキャラクターになりきって細部まで作りあげていくそうです。

ドンハさんの演技の評価に“キャラクターをうまく表現している”という評価が多かったのはきっとこのような地道な努力のおかげですね!

長かった無名の時期。お金がなくてご飯が食べられなかったときも度々あったそうですが、そんな時期が辛くなかったのですか?というリポーターの質問にいつも

「自分が大好きなことをやっているので一度も辛いと思ったことはないです」

とはっきりと応えていて演技への情熱が感じられました。

現在のロールモデルはイビョンホンさんだそうです。イビョンホンさんについて

私が先輩の演技を評価する立場ではないですが、先輩の演技は言い表せないほど上手です。また繊細なディテールは人が頭で計算できる部分ではありません。先輩の目を見ながら台詞を言ってみるのが望みです

と言っていました。

除隊後はどんな作品で復帰するのでしょうか。有望な俳優ドンハさんのこれからの活躍を期待します。

以上、ドンハさんのまとめでした。

 

【キム課長とソ理事】キャスト・あらすじ・感想!

【イ判サ判】韓国での評判はどうだった?

 

レビュー9万件!今年は絶対やせる!

芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!



スポンサードリンク