ディヴァイン・フューリー/使者|キャスト・意味・感想・続編は?

 

使者ディヴァイン・フューリー韓国映画

映画「ミッドナイト・ランナー」の監督がパク・ソジュンと再びタッグを組んだエクソシズム・アクション・エンターテインメント!

アン・ソンギ、ウ・ドファン、チェ・ウシク競演作品。

キャスト、あらすじ、感想、続編についてなどをまとめました。

(トップ画像公式ページより)

 

スポンサーリンク

ディヴァイン・フューリー/使者キャスト一覧

2019年7月31日韓国にて公開(日本公開日2020年8月14日)

上映時間:129分

観客動員数:約160万人

監督・脚本:キム・ジュファン

「ミッドナイト・ランナー」など

【パク・ヨンフ役】パク・ソジュン
総合格闘技の世界チャンピオン。神を信じていない。

パクソジュン

パクソジュンの結婚観とインスタ!ドラマデビュー前に兵役を終えた理由

2017年4月19日

【アン神父役】アン・ソンギ
悪魔祓いの司祭。

【ジシン役】ウ・ドファン
闇の司教。

ウドファンインスタ

ウドファンプロフィールとインスタ!熱愛彼女と兵役は?映画マスター情報!

2017年8月22日

【チェ神父役】チェ・ウシク
アン神父の助手。

チェウシクプロフィール&ドラマ一覧!熱愛彼女と兵役は?パクソジュンとのインスタ!

2018年6月14日

【スジン役】パク・ジヒョン
悪魔にとり憑かれた女性。

パクジヒョン女優のプロフィール&インスタ!熱愛彼氏とは現在?

2020年12月22日

【ヨンフの父役】イ・スンジュン
警察官。

 

本作は韓国で大ヒットし、日本でもテレビドラマとしてリメイクされた映画「ミッドナイト・ランナー」のキム・ジュファン監督がパク・ソジュンさんと再びタッグを組んだ話題作です!

パク・ソジュンさんと言えば昨年より日本でも大ヒットしているTVドラマ「梨泰院クラス」の主演として知られていますが、本作でもその魅力を遺憾無く発揮しています。鍛え上げられた肉体美もちろん、その肉体を活かしての格闘シーンは本作一番のみどころとなっています。

そんなパク・ソジュンさんと共に主演を務めるのは、名優アン・ソンギさんと新星ウ・ドファンさんです。

アン・ソンギさんは子役としてデビューしているため芸歴50年を超える大ベテランで、韓国では国民的大スターとして知られています。出演作は数多くあり、「MUSA-武士-」「シルミド」「光州5・18」などの代表作があります。本作では主人公を導く父親的存在を見事に演じています。

そして本作で悪役を演じているのは、ここ数年で一気に人気となったウ・ドファンさんです。映画「マスター」で注目されて以降、ドラマでは主演も務めるようになるなど今人気の若手俳優の一人として知られています。

この他にも、イ・スンジェさん、パク・スンジェさん、ソ・ジョンヨンさん、チョ・テグァンさんなどが脇を固め、そして映画「パラサイト 半地下の家族」出演以降大活躍のチェ・ウシクさんも脇役として登場するなど、豪華なキャスティングとなっています。

 

ディヴァイン・フューリーの意味は?

タイトルの「ディヴァイン・フューリー」とは、直訳すると「神の怒り」「神聖な怒り」となります。

このタイトルに関しての説明や解釈などは特にされていないようですが、主人公ヨンフの右手に表れた”聖痕(スティグマータ”によって邪を祓うシーンがいくつもありますし、その際右手が光を発する様が”ディヴァイン・フューリー”と取れなくもありません。

 

スポンサーリンク

 

ディヴァイン・フューリー/使者あらすじ

警察官であった父親を幼い頃に失ったヨンフ(パクソジュン)は、それ以来神を信じれなくなっていました。

そんな怒りを胸に秘めたヨンフは、総合格闘技の世界チャンピオンとなり何者にもすがらない力を手に入れていました。

そんなある日、ヨンフの身に不可解な出来事が起きます。度々ヨンフの右手に原因不明の傷が出来るようになり、病院に行っても寝ているうちに傷付けたのではないかと言われてしまいます。しかし、次第に右腕の痛みは強くなり夜も寝れないまでに悪化していきます。

そんな状況を見かねたスタッフが知り合いの祈祷師を紹介すると、ヨンフに数多くの悪霊がとり憑いていると言うのです。

その後、祈祷師の勧めからある教会へと赴いたヨンフは、そこで悪魔払いの司祭アン神父(アンソンギ)と出会うことになります。

しかも、その時アン神父は悪魔祓いの真っ最中で、危機に陥ったところをヨンフによって救われることに。

それ以降、ヨンフとアン神父は世の中を混乱させている闇の司教と戦うことになり・・・。

 

スポンサーリンク

 

ディヴァイン・フューリー/使者みどころ

本作は人気俳優パク・ソジュンさんが主演したアクション・エンターテイメント作品です。

総合格闘技の世界チャンピオンと悪魔祓いの司祭がタッグを組んで、世の中に邪悪を撒き散らしている闇の司教に戦いを挑むという”エクソシズム・アクション”作品で、パク・ソジュンさんの肉体美とアン・ソンギさんの存在感を堪能出来る作品となっています。

さらに、新星ウ・ドファンさんがミステリアスな悪役を演じ主演の二人に負けず劣らずの魅力を遺憾無く発揮している他、現在引っ張りだこなチェ・ウシクさんや演技派俳優イ・スンジェさん、立て続けにドラマのメインキャストに起用されているパク・ジヒョンさんなどの熱演にも注目です。

みどころは、人にとり憑いた悪霊と戦う力を得た主人公のアクションシーン!

役柄が格闘家ということもあり、剣でも銃でもなく拳一つで闘いに挑むんです。特にラスト20分のクライマックスシーンは必見です!!

 

スポンサーリンク

 

ディヴァイン・フューリー/使者感想・評価

最近見た韓国ドラマ「客ザ・ゲスト」は、霊媒師、悪魔祓い、刑事という3人が協力して悪霊を祓うという異色のドラマでしたが、本作はいわゆる”エクソシスト”系のテイストにアクションがプラスされたエンタメ作品でした。

基本は悪魔祓いの司祭(神父)が邪悪と対決するというもので、ちょっと変わっているのは主人公役のパク・ソジュンさんが総合格闘技の世界チャンピオンだというところ。

格闘家の役どころはドラマ「サム、マイウェイ」でもやっていたので違和感はありませんでしたし、終盤でラスボス相手に肉弾戦を挑むのもエンタメとしては最高でした。

しかし、ストーリー自体は珍しいものではないですし、話がちょっと長すぎるのも問題で、もっとアクションが全面に押し出されていた方が良かったですかね。

ただ、そうなるとハリウッド作品(キアヌ・リーヴス主演の「コンスタンティン」など)の二番煎じのようになってしまい韓国らしさはなくなるかもしれません。

ホラー要素があってもギリギリエンタメとして見れるラインで留めているのがハリウッド作品だとしたら、「ここまでエグいシーン必要だったか?」と思うようなシーンをエンタメものにも平気で入れてくるのが韓国なんですよね。

監督の前作である「ミッドナイト・ランナー」もそうで、アクションシーンは面白いしキャストも人気俳優を使っているのに、そこにエグいシーンがかなり盛り込まれるのでエンタメ作品とはそぐわない感じがするんです。

それがサスペンスなら刺激的に見えたり、リアル志向に思えたりしていいのでしょうが、本作のようなホラー要素のあるバトル・アクションものだとそこはもう少しマイルドにしても良かったかもしれませんね。

本作のキャラクターは魅力的ですし、アクションシーンも抜群、さらにはマーヴェル作品のダークヒーローもののような楽しさもあります。

しかし、配分としては主人公の内面的葛藤を描いたり悪魔祓いをするシーンが多く、一番盛り上がるバトルシーンはラスト20分を切ってからなんです。

そういうこともありパク・ソジュンさんの格闘シーンを期待していた人からすると、もっと要所要所に挟んで欲しいと思うでしょうね!かく言う私もそうでしたので。

まとめ:アクション、ホラー、親子愛などが描かれたエンタメ作品!

思ったほどアクションの分量はありませんでしたが、俳優陣の演技力は抜群で、パク・ソジュンさんとウ・ドファンさんが対決するラストシーンも最高の盛り上がりを見せています!!

ただ、アクションに特化させた方がもっと面白かったと思いますが。。。

ディヴァイン・フューリー/使者続編はあるの?

もし続編があるとするならば、本作では頼りないキャラクターでしかなかったチェウシクさん演じるチェ神父がメインキャラクターの一人となるようですね。

ラストもそのような終わり方でしたし、本作の出来事を通して成長したように思えました。

監督も本作のメインキャストたちと共に続編を作るつもりでいると発言していますし、パク・ソジュンさんもオファーがあれば是非やりたいと答えています。

そういうことも念頭に入れて、続編を期待させるような締め括りにしたのでしょうが、観客動員数は期待したほど伸びませんでした。(約160万人で「ミッドナイト・ランナー」の約565万人と比べると3分の1にも届かない記録)

まだ何も決定してはいませんが、この記録なら続編を製作するのは厳しいかもしれませんね。

 

→【ディヴァイン・フューリー/使者】はU-NEXTで配信中!

韓国芸能人紹介チャンネルキムチチゲはトマト味TV運営中!


芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!



スポンサードリンク