ブラザー【マドンソク主演韓国映画】キャスト・あらすじ・感想・レビュー!

楽天のお得商品お見逃しなく!

 

韓国映画ブラザー

マ・ドンソク&イ・ドンフィ、イ・ハニ主演。韓国の人気ミュージカルを映画化したファミリーコメディ!

キャスト、あらすじ、感想などをまとめました。

(トップ画像公式ページより)

 

スポンサーリンク

 

ブラザー【マドンソク主演韓国映画】キャスト一覧

2017年11月2日韓国にて公開
(日本未公開、現在Netflixにて配信中)

上映時間:102分

監督:チャン・ユジョン

【イ・ソクポン役】マ・ドンソク
ジュボンの兄。借金だらけのトレジャーハンター兼塾講師。

マドンソクプロフィール&筋肉ムキムキの理由!熱愛彼女との結婚の可能性は?

2018.06.08

 

【ジュボン役】イ・ドンフィ
ソクポンの弟。失職の危機にある建設会社チーム長。

 

【オ・ロラ役】イ・ハニ
謎の女性。

イハニ結婚はユンゲサンと?ミスコリア時代の顔と現在の整形疑惑を検証!

2018.12.11

 

【ミボン役】チョ・ウジン
ソクボン、ジュボン兄弟の従兄弟。警察官。

 

【ユン室長(サラ)役】ソ・イェジ
ジュボンの上司で恋人。

ソイェジプロフィール!鼻は整形?スペイン語の実力がわかるドラマ映像!熱愛彼氏は?

2018.04.27

 

この映画は韓国の人気創作ミュージカル『兄弟は勇敢だった』を映画化した作品。

出演者は、主演のマ・ドンソクさん、イ・ドンフィさん、イ・ハニさんに加え、チョ・ウジンさん、ソ・イェジさん、ソン・ヨンチャンさん、ホ・ソンテさんなど個性的なキャスティングとなっています。

主人公のイ兄弟は仲が悪く、兄のソクポンはお宝探しをするために借金を重ね、弟のジュボンは会社に残るために先祖の土地を売り払おうとしていて、父親の葬儀の場でも何かと対立することに。

そんな個性的なキャラクターを演じているのが兄役のマ・ドンソクさんと、弟役のイ・ドンフィさんとなります。

そして兄弟が起こした交通事故により記憶を失った(?)とされる謎の女性役をイ・ハニさんが演じ、この3人がコミカルなやりとり繰り広げることになります。

ゲスト出演として、主人公たちの父親の若かりし頃をチ・チャンウクさんが演じていたり、建築会社社長役でオ・マンソクさん、ソクポンの講師仲間役のキム・ガンヒョンさん、他にもソ・ヒョンチョルさんやチェ・ジホさんなどが出演している点も注目です!

 

 

スポンサーリンク

 

ブラザー【マドンソク主演韓国映画】あらすじ

しがない塾講師をしながら財宝を発掘することに命を懸けているイ・ソクポン(マドンソク)と、建築会社でチーム長をしているジュボン(イドンフィ)は安東地方の名家の出。

しかし、この兄弟は母親の葬儀にも帰ってこなく父親からは縁を切られていました。

ソクポンは1億ウォンもの大枚をはたいて金属感知器を購入するも、発掘調査を予定していた国で内乱が起きてしまい調査は中止になってしまいます。

一方ジュボンは、会社が取り組んでいるプロジェクトで土地の買収を担当していたのですが、上手くいっておらずクビ目前の窮地に立たされていました。

そんな中、疎遠だった父親が亡くなったとの連絡を受け、兄弟はそれぞれの思惑を抱えたまま葬式へと向かうことに。

途中、偶然再会した二人は車で実家へと向かうのですが、車中で口喧嘩をしているうちに偶然女性をはねてしまい・・・。

 

スポンサーリンク

 

ブラザー【マドンソク主演韓国映画】みどころ

本作は田舎の名家の葬式を舞台に、兄弟の争いとお家騒動をコミカルに描いた作品。

昔ながらの風習や家父長制が嫌で実家と疎遠になった兄弟が、父親の葬式で再会しそれぞれがある目的のために喪主の座を争うことになります。

韓国、または儒教ならではのしきたりを笑い混じりで描いていたり、交通事故により知り合った謎の女性との奇妙なやりとりなど、コメディと家族ドラマ、そしてミステリアスな要素まで備えた一風変わった内容となっています。

キャラクタードラマとしても面白く、マ・ドンソクさんはお得意のアクションは封印しているものの愛くるしさは健在ですし、

宝探しに大金をつぎ込んでいるという設定もユニークですね。タイプの違う兄弟役のイ・ドンフィさんも持ち味のふてぶてしさを発揮していて、先祖の土地に道路を通すために親戚たちにすり寄って行きます。

そして、本作の中で一番強烈なキャラクターを演じているイ・ハニさんは、彼女が登場するたびにドタバタ劇が披露されるなど本作においての笑いの中心となっています。

後半になると彼女の正体が明かになり、それと同時に兄弟の知らなかった家族の秘密についても知ることになるのですが、兄弟の知らなかった両親の真の姿や、子供に対する愛情の深さなどが描かれるなど、感動の家族ドラマとしても見応え十分です!

 

スポンサーリンク

 

ブラザー【マドンソク主演韓国映画】感想・評価

韓国映画ではあまりお目にかかれないドタバタ家族ドラマ!

マ・ドンソクさんとイ・ドンフィさんのコンビネーションもよく、イ・ハニさんのぶっ飛び具合も最高でした。

マ・ドンソクさんのアクションを期待すると肩透かしを食らいますが、マ・ドンソクさんのキャラクターとしての面白さやコミカルな演技は見物ですね。

作品の設定や展開はコミカルですが、親戚の多さや一族の跡取りとしての堅苦しさなど、見ていてゲンナリしまうところもあります。田舎の風習や儒教ならではの上下関係の厳しさなどは、韓国の若者からしても面倒くさいと感じているからこそ本作のようなコメディが作られたんだと思いますね。

最初は財宝探しに明け暮れ金に困った兄と、仕事のために親族の土地が必要な弟との壮絶な争いが画かれる作品なのかと思っていたのですが、葬儀の場での相続争いになったり、葬儀の最中に財宝探しを始めたり、幽霊騒動が起きたり、恋人との関係を巡ってのイザコザがあったりと、次々と騒動が起きていく展開が面白く、最後には感動する家族の物語として落ち着くというのも収まりがいいと思いました。

飛び抜けて笑えるわけでも、感動で涙が止まらなくなるわけでもないのですが、たまにはこんなマ・ドンソクさんを見るのも良いもんですよ!

まとめ:アクション無しでもマ・ドンソクさんの魅力は健在であること知らしめたファミリーコメディ作品!

葬儀の場で繰り広げられる兄妹喧嘩とお家騒動がハートフル要素も絡めて描かれたドタバタ劇!!

 

最後に

ここ数年のマ・ドンソクさんの活躍ぶりは凄まじいものがあり、お得意のアクションだけでなくコメディからサスペンスまでと様々なジャンルで活躍しています。

韓国でマ・ドンソクさんは”マブリー(マ・ドンソク+ラブリー)”と呼ばれ人気だそうですが、本作でもそのマブリーっぷりが発揮されていました。

見た目はイカツイままなのに可愛さが漂ってくるマ・ドンソクさんって本当に唯一無二ですよね!

 

韓国芸能人みたいにプロの指導で
↓↓今年は絶対やせる!↓↓

韓国芸能人紹介チャンネルキムチチゲはトマト味TV運営中!


芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!



スポンサードリンク