韓国のバレリーナは長身。韓国三大バレエ団ってどこ?

\韓国語学習なら/

韓国のバレエ業界について調べてみました。
(参照:ウィキペディアと各バレエ団ホームページ)

韓国では国立バレエ団・ソウルバレエシアター・ユニバーサルバレエ団が国内三大バレエ団と呼ばれています。

 
 

 
 

国立バレエ団

1974年 国立舞踊団から独立して創立され、 ソウル特別市 瑞草区 芸術の殿堂に常駐している。

公演:定期公演ではクラシックバレエを主軸に、現代バレエと韓国創作バレエの両方を鑑賞することができ、毎年12月には、 くるみ割り人形の演目で、ユニバーサルバレエ団 、ソウルバレエシアターと善意の競争を繰り広げている。 また、観客が簡単にバレエを理解できる解説付バレエも評価が高い。地方でも国立バレエ団の公演を観ることができる。

教育:バレエアカデミーを運営しており、シニアダンサーであるキム・ジヨンが校長を務めている。ダンサー養成のための学生クラスと、一般人を対象にした大人趣味クラスに分けられている。 最後の定期公演のくるみ割り人形では、優れた実力をつけた学生を選抜して公演に一緒に参加する機会を与えている。

団長
1代(1962 – 1992)イムソンナム
2代(1993 – 1995)キムヘソク
3代(1996 – 2001)チェテジ
4代(2002 – 2004)キムグンス
5代(2005 – 2007)パクインジャ
6代(2008 – 2013)チェテジ
7代(2014 – 現在)カンスジン

 

 

ソウルバレエシアター

 舞踊芸術の開拓と普及に通じた国民文化の大衆化の先頭に立ち、文化と福祉の向上を目的として、1995年に私立に設立されたバレエ団で、京畿道 果川市 果川市民会館に常駐している。

公演:国立バレエ団 、 ユニバーサルバレエ団と一緒に、国内3大バレエ団と呼ばれ、クラシックを中心に活動する他の2バレエ団とは違い、創作モダンバレエ作品が主に公演されている。

教育:ホームレス、障害児など社会疎外階層のためのバレエ教育と市民、会社員など一般人のための教育を進めている。

団長:キムインヒ(김인희 1995年~)

 

 

ユニバーサルバレエ団

1984年に統一教会によって設立された私立バレエ団であり、 ユニバーサルアートセンターに常駐している。

公演:1986年から毎年12月にくるみ割り人形を公演しており、国内最長公演を記録している。 同バレエ団の創作バレエ「沈春(シムチョン)」は海外進出を見据えて創った作品であり、2001年以後、ロシア・台湾・オマーン・カナダなど10余ヶ国にて200回を越える舞台で上演され、その作品性を認められた。パリの「パレ・デ・コングレ」劇場の舞台に上り、話題を集めたりもした。

教育:ソウル特別市 広津区と瑞草区盤浦洞に二つのバレエアカデミーを運営している。 年齢と学習目的に応じて様々なクラスを選択することができるのが長所であり、アカデミーとは別に、バレエスクールも運営している。

団長:ムンフンスク

 
 

韓国バレリーナは高身長

韓国バレエ団を鑑賞した感想でよくきくのは「みんな背が高くてきれい」韓国人は平均して日本人より背が高いが、それはバレエの世界でも同じことが言える。そして近年さらに高身長になってきている。

国立バレエ団女性団員47人の平均身長は166.7㎝。10年前の平均身長は163㎝であった。ユニバーサル・バレエ女性団員の身長もますます高くなっている。 女性団員40人中、身長170㎝以上であるバレリーナが17人にもなる。 10年前には身長158~165㎝であるバレリーナが大勢いたが、2008年から167~168㎝であるダンサーが入団している。http://universalballet.jp

 

 
 

最後に

韓国といえば近年、K-popやBboyなどで、ダンスのイメージもあるかと思いますが、優秀なバレエダンサーもたくさん海外で活躍しています。韓国バレエ界にも注目してみてください。

 

\韓国語学習なら/