その冬風が吹く|感想・キャスト・あらすじ・視聴率・評価!日本版との違いは?

オールインワンゲルでできるニキビ対策!

 

その冬風が吹く

チョ・インソン×ソン・ヘギョが贈る正統派ラブストーリー!

日本のドラマ『愛なんていらねぇよ、夏』をリメイクした本作ですが、日本版とは別物として楽しむことが出来ます。

キャスト、あらすじ、感想、みどころをまとめました。

(トップ画像公式ページより)

スポンサーリンク

 

その冬風が吹く【韓国ドラマ】キャスト・視聴率

Netflix全16話

平均視聴率:13.9%

最高視聴率:15.8%

放送年度2013年2月から韓国で放送

演出:キム・ギュテ
『IRIS-アイリス-』『大丈夫、愛だ』『ライブ~君こそが生きる理由~』

脚本:ノ・ヒギョン
『愛の群像』『ディア・マイ・フレンズ』『ライブ~君こそが生きる理由~』

オ・ス(樹)役/チョ・インソン

ヨンの偽の兄。詐欺師。ギャンブラー。天性のプレイボーイだが多額の借金を抱えヤクザから脅されている。

チョインソン結婚と熱愛彼女のこと!弟と家族に家をプレゼント?インスタで近況確認!

2018.07.29

 

オヨン役/ソン・ヘギョ

PLグループの令嬢で遺産相続人。視覚障害者。気が強く人を信じない。

ソンジュンギとソンヘギョ結婚秘話!太陽の末裔は当初別の候補者がいた?

2017.07.05

 

パク・ジンソン役/キム・ボム

ス(樹)を慕う弟分。ス(樹)の計画に手を貸し行動を共にする。ヒソンに惚れている。

キムボムの結婚観とプロフィール!兵役中の現在熱愛彼女は待てる?除隊予定日!

2018.05.25

 

ムン・ヒソン役/チョン・ウンジ(A Pink)

ス(樹)の亡き恋人の妹。ス(樹)に複雑な感情を抱き何かと付きまとう。

Apinkチョンウンジドラマ情報とインスタ!歌唱力の評価と熱愛彼氏は?

2017.10.31

 

ワン・ヘジ役/ペ・ジョンオク

ヨンの養育係。かつてはヨンの父であるPLグループ会長の秘書であり愛人であった。法定代理人。

ペジョンオク結婚と離婚、娘の現在!整形なの?キムヨンエに似てるか画像チェック!

2019.03.26

 

チョ・ムチョル役/キム・テウ

ス(樹)の借金を取り立てるヤクザ。かつてはス(樹)の兄貴分だったが、初恋の相手を巡っての因縁により恨んでいる。

 

チャン・ソン役/キム・ギュチョル

ヨンの後見人。PLグループの顧問弁護士。ヨンが唯一信頼している人物。

 

イ・ミョンホ役/キム・ヨンフン

ヨンの婚約者でPLグループ本部長。グループの後継者の座を狙い、その為にヨンを利用しようとする。

 

チン・ソラ役/ソ・ヒョリム

ス(樹)の交際相手でPLグループのCMモデル。組織のボスの愛人。

 

オ・ス(守)役/イ・ジェウ

ヨンの実兄。8歳の時に母と共に家を出る。ス(樹)とは友人関係。

 

キム・ギュテ&ノ・ヒギョンによる演出・脚本タッグは、これまでに数多くの名作を生み出しており、そんな中で本作は日本のドラマをリメイクした作品となっています。

『愛なんていらねぇよ、夏』は渡部篤郎、広末涼子主演により2002年に放送された堤幸彦演出作品ですが、2006年にはムン・グニョン主演で『愛なんていらない』として映画化されています。

本作はノ・ヒギョン脚本家の脚色によってまた新なアレンジがされ、韓国ドラマならではの作品となりました。

タイトルからも分かるように、日本版が夏を舞台としたクールな作品なのに対して、本作は冬が舞台の繊細なラブストーリーとなっていて、リメイク作として見比べるよりも別物として見る方が楽しめる作品です。

主演のチョ・インソンさんにとっては8年ぶり、ソン・ヘギョさんにとっても5年ぶりのドラマ出演作であり、二人が共演するのも本作が初となりました!

上記のキャスト以外にも、まだブレイク前であったイム・セミさんや、キョン・スジンさんなども出演していますので、そちらにも注目です。

OST情報

本作のOSTは、K-POPアイドルグループのレジェンドH.O.Tのカンタが音楽監督を務めたことで話題となりました。

少女時代のテヨンによる「そして、もう一つ」をはじめ、「GOMMY(コミ)/雪の花」、「SUPER JUNIORイェソン/Gray Paper」、「The One /冬の愛」などがいずれもヒットしています。

 

スポンサーリンク

 

その冬風が吹く【韓国ドラマ】あらすじ

幼い頃に病で視力を失っていたオ・ヨン(ソンヘギョ)は、韓国屈指の大企業PLグループ会長の唯一の家族であり一人娘。

ある日、会長が意識不明の重体となってしまい後継者問題が浮上することになります。

実はヨンには兄がいたのですが、幼い頃に母と出て行って以来行方知らずでした。

そんな中でヨンは、兄のオ・ス(イジェウ)から手紙を受け取りそこに書かれた住所へ赴くことにします。

しかし、その場所に居たのは兄と一緒に暮らしていた同姓同名の詐欺師オ・ス(チョインソン)だったのです。

しかも、実兄のオ・スは車にはねられ死んでしまいます。

そしてオ・スは横領容疑で警察に逮捕され、ヨンの元には父が危篤との連絡が入ることに。

1年後、出所したオ・スは組織に雇われたヤクザのチョ・ムチョル(キムテウ)から、横領した金を100日以内に返せと脅迫されることになります。

一方のヨンは、亡くなった父のかわりに名ばかりの会長をしていました。

しかし、会長の息子を探していた弁護士にオ・スが息子だと間違われたことから、二人は運命的な再会を果たすことに・・・。

きむとま
日本版は視聴率的には失敗作となったものの、作品としての評価は非常に高いものでした。

それを韓国らしさを大胆に加えてアレンジしたものが本作です!

 

スポンサーリンク

 

その冬風が吹く【韓国ドラマ】みどころ

本作は、日本のドラマをリメイクした韓国作品の中でも評価の高い作品として知られています。

舞台が夏から冬に変わっていたり、配役も違ったりと、オリジナルにかなりアレンジが加えられていますが、元々のスリリングさは踏まえながらも韓国的なドラマチックさをプラスしたラブストーリーに仕上がっています。

名脚本家ノ・ヒギョンさんによる心に染みるセリフの数々、同姓同名の男による成りすまし、盲目のヒロインと主人公との複雑な関係と心理描写、様々な恋愛模様、美しい映像と音楽、そして強烈なキャラクターを演じた俳優たちの素晴らしい演技など、多くのみどころが詰まった作品です。

チョ・インソン、ソン・ヘギョ、キム・ボムといった美男美女たち、チョン・ウンジやイム・セミといった若手たちの活躍、そしてベテラン俳優たちの確かな演技に支えられた本作は、それぞのキャラクターの内面深くを描いているのも特徴です。

本作のメインはオ・スとオ・ヨンのラブストーリーですが、オ・スは金のために近付いたニセモノですし、オ・ヨンは盲目な上に彼を兄だと思っています。

そんな二人がどのように恋愛関係に発展していくのかが最大の注目ポイントとなります!

 

スポンサーリンク

 

その冬風が吹く【韓国ドラマ】感想と評価・評判

正直言って、人によって合う合わないが分かれる作品ですね!

オリジナルの日本版も、キャラクターの癖が強かったり演技も独特だったりと、当時の日本のドラマの中では異色作でした。

ただ、個人的にはスゴくハマった作品で、友人に渡部篤郎の物真似をして見せたりしていた程でした(何年か前に渡部篤郎さんの物真似をする芸人さんがこのドラマのキャラクターを真似てましたね)。

今思えば韓国ドラマっぽい作品で、まだ韓流ブーム前だったのでイマイチ世の中に浸透しなかったのかましれませんね。

そんな作品を韓国でリメイクするのは違和感無いと思っていたんですが、個人的な思い入れが強い分どうしても比べてしまうんです。

このリメイク版は、感情表現やドラマの展開も誇張されていて、別の作品として見るならそこそこ楽しめるんですが、やはり私としてはオリジナルに軍配があがってしまいます。

オリジナルを知らずに見る人はどうなのか分かりませんが、本作は登場人物たちの細かい心情の変化を楽しむ作品であるはずなのに、主役以外のキャラクター描写があやふやだったり、付属した事件がお粗末だったりとマイナス要因が目立ったのが残念ですね。

まとめ:オリジナルと比較するのは別として、チョ・インソンさんとソン・ヘギョさん二人のキャラクターと演技は見応え抜群でした!

ただ、脇役の描かれ方が中途半端だったり、付属した事件が突っ込みどころだらけだったりと、まとまりが良くありませんでした。

 

最後に

オリジナルである『愛なんていらねぇよ、夏』が放送されたのは2002年です。

その頃の日本にはまだ韓流ブームが到来しておらず、当時リアルタイムでこのドラマを見ていた私は、80年代の大映ドラマのテイストと、同時ノリノリだった堤幸彦のセンスが融合したこのドラマを斬新だと思って見ていました。

本作がそのリメイク作品だと知った時は、ナイスチョイスだと思っていたんですが、オリジナルではクールだったキャラクターが熱い男になっていたりと、感情の表し方が正反対だということに違和感がありました。

韓国ドラマは、熱いキャラクター魅力の一つなんですが、これが元々の作品のテイストとは合わないと思ったんです。

あらすじや設定は変わってもいいので、作品の持つ雰囲気は尊重して欲しかったですね。

 

 

 

↓↓眠ってるブランドコスメを売ろう!

芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!



スポンサードリンク