韓国人彼氏の束縛がひどい!どう対応すればいい?傾向と対策!

韓国人の男性とお付き合いを始めたけれど、なんだか最近きゅうくつな感じがする・・・。そう思った場合、あなたは彼氏から「束縛」されているのかもしれません。

韓国は日本と同じかそれ以上に「男尊女卑」の考えが根強い国です。

また、兵役に行く前と行った後で雰囲気や考え方等が変わることも多々見受けられます。

入隊したら、体にも心にも厳しい訓練を「国を守るためだ!」と言われて耐えることが必要ですよね。除隊する頃には自分に自信がついて男らしくなるのは良いですが、力任せに結果を出そうとしたり、ごう慢な態度が現れたりする人もいます。

今回は、一部の束縛の内容と、その対処法について考えてみたいと思います。

もちろん、彼氏はあなたのことを好きだということが前提。ふたりの関係をあなたにとって心地よいものに改善していくために、少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

束縛例1

「サークルの集まりなのに!友達なのに!男性が1人でもいると参加させてくれない!」

彼氏以外の男性と接触する機会を禁じられた、というパターンです。でもサークル活動や趣味の集まりに参加して、経験を積むとか生きがいを感じる権利は誰にだってあるはずです。

→対処法

ふたりで「男性と二人っきりにならない」、「女友達に見張りのような役割を頼む」等のルールを決めてみましょう。

それでも心配だと言われるなら、あなたが彼に対して必要以上の愛情表現をして、「私にはあなたしかいないわよ」と安心させてみて。

 

 束縛例2

「朝起きたよ、お昼食べたよ、バイトに行くよ、家に着いたよ・・・。一日中いちいち連絡をしないとダメだと言われる!」

初めは私のことを気にしてくれている、と嬉しかったけど・・・。学校の授業で忙しかったり、バイトで疲れて休みたかったり、こまめに連絡ができないときだってありますよね。

でも、彼氏は連絡がないと「何かあったの?」、「もしかして俺のことを放っておいて、遊んだりしてないよね?」等、執拗に心配だと迫ってくる。

この場合、全く自分の気持ちしか考えていないですよね。彼氏として彼女の事情を考え、とりあえず連絡を待つ、そっとしておく等のスマートな対応を取ってほしいものです。

→対処法

もしかしたら、彼氏は自分が「しつこい、やりすぎだ」と気づいていないのかもしれません。まず、正直にあなたの気持ちを話してみましょう。

いきなり感情に任せて行ってしまうと彼もカッとしてしまう可能性があるので、「あなたが私のことを気にかけてくれているのは嬉しいけど」とワンクッション置くことを忘れないで。

あなたの気持ちが伝わったら、行動を改めてくれるはずです。

 

束縛例3

「スカート短すぎ。リップの色が濃い。髪型はロングストレートがいい・・・容姿について口うるさく指摘してくる!」

メイクや髪型・服装等は、自分の気分に合わせてバリエーションを楽しみたいですよね。これもまた、自分の気持ちしか考えていないパターンです。

自分の理想を相手に押し付けるという、なんとも残念な事態です・・・。彼はあなたの外見だけで好きになってしまったのでしょうか?

→対処法

「あなたに釣り合う彼女であるように、常に研究をしているの」と、彼氏を立てる言い方をしてみましょう。

それでも理想を押し付けられる場合、「同じままでは、飽きられてしまうかもしれない」「あなたは私の外見だけをみているの?悲しいわ」等、けなげな姿をアピールしてみましょう。

男性は単純です。あなたがちょっと頭をひねれば、うまく渡り合えるはずです!

 

最後に

いかがでしたか?感情に任せてわめくと、口論になって事態は悪化してしまうかもしれません。

そもそも日韓では心地いいと思う距離感に差があることもあります。

一度冷静になって、彼のことを信じて話しあってみましょう。

きっと理解を示してくれ、お互いにとってより良い関係が築けるはずですよ。応援しています!

スポンサーリンク