サイコキネシス念力【韓国映画】キャスト・あらすじ・感想レビュー

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

 

サイコキネシス念力韓国映画

大ヒット作「新感染ファイナル・エクスプレス」の監督によるSFアクションコメディ!

ある日突然サイコキネシス能力に目覚めたおじさんヒーローの活躍を描く!!

キャスト、あらすじ、感想などをまとめました。

(トップ画像公式ページより)

 

スポンサード リンク

 

サイコキネシス念力【韓国映画】キャスト一覧

2018年1月31日韓国にて公開(日本未公開)

Netflixで独占配信

上映時間:101分

監督・脚本:ヨン・サンホ
「新感染 ファイナル・エクスプレス」
「新感染半島 ファイナル・ステージ」など

【シン・ソッコン役】リュ・スンリョン
ある日突然超能力に目覚めた男。

韓国俳優リュスンリョン

リュスンリョンのドラマ・映画&プロフィール!妻との結婚エピソードとは?

2020年3月11日

 

【シン・ルミ役】シム・ウンギョン
チキン店店長。ソッコンの娘。

シムウンギョン

シムウンギョンプロフィール!熱愛彼氏は?子役時代のかわいい画像!

2019年3月31日

 

【キム・ジョンヒョン役】パク・ジョンミン
庶民派弁護士。

パクジョンミン

俳優パクジョンミンプロフィール!熱愛彼女は?イビョンホンとの映画情報!

2018年12月21日

 

【ミン社長役】キム・ミンジェ
地上げ屋。

 

【ホン常務役】チョン・ユミ
テサン建設常務。

チョンユミ

チョンユミ(1983)ドラマ一覧&プロフィール!熱愛彼氏と結婚について

2018年6月8日

 

本作は大ヒット映画「新感染ファイナル・エクスプレス」や、その続編「新感染半島 ファイナル・ステージ」などで知られるヨンサンホ監督・脚本による作品。

韓国では劇場公開されましたが、日本ではNetflixで配信されています。

主演はNetflixドラマ「キングダム」や、大ヒット映画「エクストリーム・ジョブ」などで知られるリュ・スンリョンさん。

これまで数々の個性的な役柄を演じてきた演技派俳優ですが、本作では逃げ癖のある警備員役という情けないキャラクターに扮しています。日々の厄介事や家族からも逃げてきた彼が、娘を救うために成長していく様が描かれています。

そんな主人公の娘を演じているのは、映画「サニー永遠の仲間たち」や「怪しい彼女」といったヒット作や、日本映画で主演した「新聞記者」で日本アカデミー賞最優秀賞主演女優賞を獲得したことでも知られるシム・ウンギョンさんです。

共演は、数多くの映画賞を獲得した「空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~」やイ・ビョンホンとの共演作「それだけが、僕の世界」などで知られるパク・チョンミンさんをはじめ、「新感染半島 ファイナル・ステージ」にも出演している名脇役キム・ミンジェさん、そして数多くの映画やドラマで主演し「新感染 ファイナル・エクスプレス」にも出演しいたチョン・ユミさんが初の悪役を演じている点も注目です!

 

スポンサーリンク

 

サイコキネシス念力【韓国映画】あらすじ

厄介事を避け自堕落な生活を送っている中年の警備員ソッコン(リュスンリョン)は、ある日を境に驚くべき特殊能力に目覚めることに。

いわゆるサイコキネシスと呼ばれる能力を身につけ、それを活かしてマジシャンとして金を稼ぐことを思い付きます。

そんなソッコンの元に、10年前に別れた妻が亡くなったという連絡が入り、訪れた葬儀の場で娘のこれまでの苦労を知ることになります。

ソッコンの娘ルミ(シムウンギョン)は、母と共に経営するチキン店が繁盛しテレビでも紹介されるほどの人気を得ていたのですが、店のある街が再開発地域に指定されてからは苦労の日々を送っていました。

再開発を計画するテサン建設は、地上げ屋を雇って街の人々を強制的に退去させようとし、その衝突の最中でルミの母親は亡くなってしまったのです。

その事を知ったソッコンは、ルミに街を出て勉強するように勧めるのですが、母の残した店や共に戦った街の人々を捨てて行くことは出来ないと提案を拒否されてしまいます。

そんな中、街の人々が集会している所に地上げ屋が押し掛け、その場に駆け付けたソッコンがサイコキネシスで退治するという事件が起き・・・。

 

スポンサーリンク

 

サイコキネシス念力【韓国映画】みどころ

韓国ではヒットしないと言われていたゾンビ物を「新感染ファイナル・エクスプレス」の大成功により人気のジャンルへと押し上げたヨン・サンホ監督。

そんな監督が次に手掛けたのが、同じくヒットしないと言われていた”超能力物”!

本作は、ある日突然サイコキネシス(念力)能力に目覚めた中年男性が、娘に危険を及ぼす悪徳建設会社と地上げ屋に対して戦いを挑むという作品で、おじさんヒーローが念力を駆使して悪党たちを吹き飛ばしていくというアクションと、警察や検察も味方につけた大企業の悪事を暴くという社会派ドラマ、そして長年離れて暮らしていた父娘が困難を通して絆を取り戻していくという家族ドラマが描かれたエンターテインメント作品に仕上がっています。

更にキャラクターも魅力的で、念力を使う度にコミカルさを披露しているリュ・スンリョンさんや、初の悪役を実に可愛らしく演じているチョン・ユミさんをはじめ、個性的かつコミカルな悪役たちも多数出演しています。

 

スポンサーリンク

 

サイコキネシス念力【韓国映画】感想・評価

ジャンルで言えばヒーローものなんですが、肝心のヒーローが下世話でダサいというのが特徴のSFコメディでした。

内容は韓国ドラマでよく見かけるような悪い金持ちと弱い立場の町の住人たちの対立を描いたもので、再開発を目論む建築会社と政治家、そして権力者たちと司法の癒着に相変わらず情けない警察などが登場します。

そこにサイコキネシスを使えるおじさんヒーローが登場して建築会社に雇われた地上げ屋と戦うんですが、この社会問題とヒーローものを合わせているのが微妙なんですよね!

ヤクザのような地上げ屋たちをおじさんヒーローが念力で投げ飛ばしていく様は面白いものの、そのコミカルなものと司法の腐敗を同時に描くのはアンバランスな気がしました。

現実にあり得る問題を描いているだけにどこか不謹慎にも思えてしまいましたし、あまりにも警察やメディアが酷すぎてコミカルなシーンでも笑えないんです。

父と娘の関係性や父のダメっぷりについても僅かしか描かれていませんし、悪役であるテサン建設に明確な罰が下されるところがちゃんと描かれていないのもスッキリしませんしね。

やっぱりヒーローが活躍する作品は、警察では手に負えない人間離れした悪人であるとか、人外の存在(モンスターや異星人など)が出てくる作品が適していて、設定も現実的でなく飛び抜けてる位がちょうどいいのかもしれません。

本作は結局のところ、韓国作品では定番の財閥の問題や警察の不甲斐なさなどを描いたものにユニークなヒーローアクションを足して、そこにコミカルさと家族ドラマ要素をトッピングしたに過ぎないんですよね!

ただ悪役に関しては個性的で、地上げ屋社長やその部下たちをはじめ、悪役キャラを大いに楽しんでるように見えたチョン・ユミさんなど、キャラクタードラマとしては面白かったですね。

まとめ:ある日突然サイコキネシス能力に目覚めたおじさんヒーローが主人公という設定はユニークでしたが、そこに現実的な社会問題や司法の腐敗といったリアルな要素をからめたのは失敗で、結局コメディともシリアスとも言えない中途半端な作品になってしまいました!

最後に

地上げ屋や警察たちから住人たちがボコボコにされるという酷い様を見た後に、ユニークなヒーローの活躍を見せられても素直に笑えないし楽しめません。

ブラックコメディというつもりなのかもしれませんが、アクションコメディと言う割には内容がシリアス過ぎましたね。

アクション、コメディ、社会問題、家族ドラマ、そしてSFヒーローものと様々な要素を詰め込んだ作品でしたが、大企業の横暴さと社会の腐敗が目立ちすぎているので、他とのバランスが取れていないように思えました!

 

韓国芸能人紹介チャンネルキムチチゲはトマト味TV運営中!


芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!

スポンサード リンク



スポンサードリンク