オクニョあらすじ&キャスト・登場人物一覧!放送はいつまで?感想まとめ!

年末年始に備えて秋から気合!

「宮廷女官チャングムの誓い」「トンイ」の巨匠イ・ビョンフン監督作品。

チン・セヨン×コ・ス主演で贈る、監獄で生まれた天才少女の波乱万丈な人生を描いた歴史ドラマです。

 

スポンサーリンク

 

基本情報とキャスト一覧

全50話

日本放送時全51話

平均視聴率17.3%
最高視聴率22.6%

放送年度2016年4月から韓国で放送

演出:イ・ビョンフン/チェ・ジョンギュ
脚本:チェ・ワンギュ

【オクニョ役】チン・セヨン

チンセヨンは整形なの?プロフィールとインスタ!熱愛彼氏について

2018.03.03

【ユン・テウォン役】コ・ス

韓国俳優コスのドラマ一覧!結婚の馴れ初めとプロフィール!インスタはある?

2018.06.22

【ソン・ジホン役】チェ・テジュン

チェテジュンは整形?ドラマデビュー当時の画像で検証!熱愛彼女パクシネとは現在?

2018.05.14

【明宗(ミョンジョン)役】ソ・ハジュン

【チョン・ナンジョン役】パク・チュミ

【ユン・ウォニョン役】チョン・ジュノ

【文定大妃(ムンジョンテビ)役】キム・ミスク

【チ・チョンドク役】チョン・ウンピョ

【イ・ソジョン役】ユン・ジュヒ

【オクニョの少女時代役】チョン・ダビン

本作の監督は韓国時代劇界の巨匠イ・ビョンフンさん。本作は「馬医」から4年ぶりの作品であり、15年ぶりに脚本家チェ・ワンギュさんとタッグを組む作品とあって大きな注目を集めました。

そのチュ・ワンギュさんは「朱蒙チュモン」や「オールイン」といった作品から、イ・ビョンフン監督とのタッグ作品で最高視聴率65.6%を記録した「ホジュン宮廷医官への道」などを手掛けた大物脚本家です。

近年は時代劇のヒット作が無く2014年の「奇皇后」以来のヒット作と言えます。日本ではNHK-BSでの放送終了後、地上波でも再度放送される程の人気作品です。

ヒロイン・オクニョを演じるのはチン・セヨンさん。18歳にしてドラマを主演するなど早くから注目され、それ以降も多くの作品に出演される若手実力派女優さんです。この作品は「ドクター異邦人」以来2年ぶりのドラマ作品となります。

コ・スさんも「黄金の帝国」以来3年ぶりとなるドラマ作品で初の時代劇となります。近年は映画を中心に活動していて、代表作に「高地戦」や「マルティニークからの祈り」などがあります。

このドラマには数多くのベテラン、若手俳優が出演していますが、その中でも注目なのがオクニョの少女時代を演じられたチョン・ダビンさんです。

これまでに数々の作品でヒロインの子供時代や主人公の妹役などを演じていて子役スタートしても有名です。

本作では初回から4話までの出演となりますが、見事なヒロインぶりでもっと見ていたいと思わせるものでした。すでに大人気ですが、今後主演を張る日も近い女優さんだと言えます。

 

スポンサーリンク

 

OST情報

本作はドラマティックな展開と、アクションシーンが素晴らしい作品ですが、それらのシーンを盛り上げるBGMも素晴らしく、時代劇だけにボーカル曲は少ないのですが大河ドラマ好きならドンピシャだと思います。

印象的なバラード「チャ・ジヨン/あなたを、あなただけを」と「チャモン/この人です」はどちらも感動的な曲となっています。

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

舞台は16世紀半ばの朝鮮王朝時代です。

ある妊婦が刺客に襲われ、命からがら逃げてきたのはとある監獄でした。

妊婦は無事に女の子を産みますが、出産後に亡くなってしまいます。

その女の子は「オクニョ」と名付けられ、その後監獄「チョノクソ」の役人に育てられます。

オクニョには天才的な才能があり、監獄の囚人たちから様々な知識を教わっていきます。

彼女は囚人や役人たちに好かれ、明るく聡明な少女へと成長したのでした。

しかし、自らを産み落として亡くなった母親のことを知りたいと思うようになり、その死の謎を追っていく中で国をも揺るがす陰謀に巻き込まれていくのでした。

オクニョの命を懸け戦いが今始まります。

きむとま
一人の少女が大人の女性へと成長していくドラマであり、アクション要素も多いアドベンチャー時代劇でもあります。

 

スポンサーリンク

 

みどころ

このドラマの主人公であるオクニョは、多くの才能と美貌に長けた英雄的存在です。

よくある時代劇のヒロインというと、自らの美貌を駆使したり、男性に守られながらのし上がっていくようなイメージがありますが、この作品では違います。この点がこの作品の一番のポイント言っても間違いないと思います。

オクニョは自ら学び、人間関係を築き、疑問や謎に真っ向から立ち向かっていくのです。

法の知識から、易学、言語、武芸に至るまでを囚人たちから教わり、人の為になるなら少しくらい法を犯しても実行に移す度胸の持ち主でもあります。

実の両親を知らないオクニョにとっては、育ててくれた役人チョンドクが父であり、他の役人や囚人たちがおじさんでありお兄さんなんです。誰にでも好かれるのがオクニョの一番の才能であるのかもしれません。

そんなチョノクソでの暮らしが15年以上続き、ある日母についての話を耳にしたことから、どうして母が亡くなったのか、自分は誰なのかという出生の秘密を知りたくなるのです。

このことによりチョノクソ以外のことを知りたいと思うようになったオクニョは更に成長を続けていきます。

このドラマは、オクニョという一人の少女の成長を描き、様々な謎や困難に立ち向かっていく姿を描いた成長記録であり、そんな中で出会っていく人々との友情や絆、そして愛を描いたドラマでもあるのです。

時代劇特有の出生の秘密や、王宮内の謎や陰謀といったお決まりのものもありますが、舞台の中心は王宮内ではないため予想以上にドロドロとした展開の少ない作品となっていますし、ヒロインの明るさや登場人物をコミカルに描いていることもあって、韓国時代劇としては非常に見やすい作品です。

日本の大河ドラマが好きなら問題なく楽しめる作品だと思います。

監獄の使用人でしかないオクニョが、権力者や悪人たちに立ち向かい一泡吹かせる様は見ていて爽快で、悪役であってもどこか笑えたり人間味あふれているのもポイントではないでしょうか。

オクニョを取り巻く複数の男性にも注目ですが、オクニョと誰が愛情で結ばれるのかを中心に描いていないのは正解だと思います。

歴史ドラマといいながら結局はただの愛憎劇になってしまっているものも多いですが、この作品はそんなことはなく基本はヒロインの出生の秘密を探っていく上での戦いが中心となっています。

50話という長いドラマとなっていますが、途中ダレることもなく夢中で見れた作品でした。頭脳明晰で武芸もこなせるスーパーヒロイン・オクニョの活躍を皆さん是非ご覧ください。

スポンサーリンク

 

感想

韓国の三大悪女と言われるチョン・ナンジョンが当誦するドラマで、簡単に説明すればオクニョVSナンジョンというドラマ。このナンジョンというのは同情の余地もないほどの悪女だが、何度もオクニョにやり込められたりするのでナンジョンに対する憎たらしさを適度に解消してくれるのでそれほど見ていて不愉快なる程でもなかった。ここがかなり重要で、あまりの悪人ぶりに見るのが嫌になる作品って結構あるので、その点はうまくできていると思う。他にも悪人はいっぱい出てくるが、どこかしら人間らしさや優しさが伺えてドロドロ展開が苦手な人にも優しい作品となっている。
初めて韓国の長編時代劇を完走したのがこの作品だった。お決まりのパターンや悪女も出てくるのだが、ヒロインをはじめ登場人物が悪人も含め人間味に溢れているため、シリアスとコミカルさのバランスが良く見ていて辛くなることはなかった。ヒロインが悪人にやられたりということも何度もあるけどちゃんとやり返していて、最後の最後でやっと悪に勝てる!とい展開ではないのでストレスが溜まらない。王宮内を描いた陰険な感じの時代劇ではなく、ヒロインが所狭しと動き回るドラマティックなエンターテインメント作品だった。
オクニョと三人の男との愛の物語なのかと思っていたけど、早々にオクニョの想い人は誰かは分かっており恋愛要素はトッピング程度だった。その点は個人的には正解だと思っていて、時代劇という舞台設定にしただけの恋愛ドラマやラブコメは好みじゃないからだ。もちろん全部がダメなわけじゃないけど、明らかに本筋より恋愛要素の方が分量多いのはちょっと。。。あくまでオクニョのサクセスストーリーであり、復讐劇というよりも悪人を倒す!という爽快さがあるドラマ。
ス―パーヒロイン・オクニョと、元囚人や国からは悪人のレッテルを張られた人たちと協力して悪人に立ち向かう様は、見ていて非常に爽快だ。時代劇特有の重苦しさや形式ばったものは思った以上に薄く、いい意味で漫画チックなのも良かった。これなら時代劇が苦手な人でも楽しめる。悪人からヒロインが苦しめられるのは当然だけど、複数の男性が登場するとヒロインを巡っての恋愛バトルもあるのかと想像してしまったが、その点においては陰険な男や恋愛の駆け引きのようなものはなく愛憎劇ではないのも嬉しい。
ここまで一人でなんでも出来るヒロインって珍しい!基本、韓国の時代劇は苦手だし長いので見ないのだけど、頭脳明晰で武芸も出来るし人間も出来ているというのはいないんじゃないか。ここまでパーフェクトだと嫌な風に映りそうだけど、そんな風に感じないのはチン・セヨンの持つ雰囲気によるものなのか、本来オクニョが持って生まれてのものなのか。なのでオクニョの周りにはいい人がたくさん集まり、人間関係がすっきりしているのも見ていて嫌な気分にならない。韓国時代劇のイメージを変えてくれた作品となった。
まとめ:簡単に言えばオクニョのサクセスストーリーといった作品です。頭脳明晰、容姿端麗でありながら、武芸に秀でて人もいいという、まさにパ―フェクトヒロイン。さらに度胸も根性もあるオクニョが、自らの出生の秘密を探る物語であり、笑いと人情とアクションもある時代劇です。時代劇初心者にも見やすいおススメドラマです!

 

スポンサーリンク

 

放送はいつまで?

オクニョは2018年4月から毎週日曜日23:00~NHK総合で放送中です。

全51話なのに週1回しか放送されないため、大変長い期間放送していることになります。

2018年9月16日が22話で、まだ半分も終わっていません。

カレンダーどおり9/16(22話)から毎週日曜日で数えていくと2019年4月7日が51話目になるのですが、年末年始の特別番組などで放送が休みになることを考えると、さらに先になるものと思われます。

NHKでも2018年9月18日時点で10月28日に28話放送予定であるところまでしか発表されていません。

 

見逃し・無料動画視聴法は?

見逃してしまった方はこちらの方法での視聴をお勧めしています↓

オクニョ動画を無料&日本語字幕で視聴する方法!見逃し必見!パンドラにはある?

最後に

物語の中心はやはり「オクニョ」ですが、このドラマの魅力はオクニョを取り巻く人物たちが実に面白い面々ばかりで、時代劇とはいえかなりコミカルなので普段時代劇を見ない人でも入りやすい作品だと思います。

それは悪人にも言えることで、根っからの悪人もいますがどこか人間らしさも見える場面も多々あり、陰湿でドロドロな展開というのがかなり薄い作品でもあります。

オクニョ側の登場人物の多くが、元囚人や世捨て人、下級役人や商人が多く、オクニョはそういった庶民の代表的存在でもあり、王宮に入って高い地位に上り詰めてやろうという考えの持ち主ではありません。

その点から見ても、王宮の中を描いた時代劇とは違い人情味のあふれた作品だと言えます。

 

U-NEXTで見られる韓国映画おすすめランキングTOP10【2018】

2018.05.22

韓国ドラマがつまらない&面白くないという方におすすめの作品5選!

2018.06.08

 

 

dTVでトッケビ全話見放題配信中!


→今すぐ無料で見る


トッケビを”全話”無料視聴詳細はこちら↓↓

スポンサーリンク