映画チーズインザトラップ|キャスト・感想&評価!結末はドラマと違う?

\現在楽天総合1位/


 

映画チーズインザトラップ

大人気Webマンガを原作とし、ドラマ版も制作されたラブスリラーを映画化!

パク・ヘジン×オ・ヨンソ共演で贈るちょっと変わった恋愛ドラマです。

→映画チーズインザトラップはU-NEXTで配信中!

キャスト・あらすじ・感想・みどころなどをまとめました。

 

スポンサーリンク

 

基本情報とキャスト一覧

原題:CHEESE IN THE TRAP

2018年3月14日韓国で公開(日本では2018年7月14日公開)

上映時間:116分

監督、脚本:キム・ジェヨン

【ユ・ジョン役】パク・ヘジン

パクヘジンは結婚した?ドラマ情報とインスタ!熱愛彼女と兵役免除理由うつ病について

2017.12.25

【ホン・ソル役】オ・ヨンソ

オヨンソ結婚理想の相手・インスタと熱愛彼氏は?日本の小説が好きな理由

2017.06.05

【ペク・インホ役】パク・ギウン

【ペク・インハ役】ユ・イニョン

【チャン・ボラ役】パク・サンダラ(元2NE1)

【クォン・ウンテク役】キム・ヒョンジン

【オ・ヨンゴン役】オ・ジョンヒョク(Click-B)

【キム・サンチョル役】ムン・ジユン

大人気Webマンガを原作とした本作は、2016年にはテレビドラマ版も制作され高視聴率を記録しました。

そして、主演のパク・ヘジンさんはそのままにヒロインや他のキャストもリニューアルされて制作されたのが、この映画版となります。

 

スポンサーリンク

あらすじ

学校でみんなに慕われている人気者のユ・ジョン先輩は、一見すると完璧なのですがどこか謎めいていて、平凡な女子大生にすぎないホン・ソルはそんな先輩を苦手に感じていました。

それもこれも、先輩の優しい笑顔の裏に隠された冷酷な一面を垣間見てしまったからなのです。

ところが、そんな苦手な先輩からある日突然話し掛けられてしまいます。

これまでは、どちらかというとよそよそしかった先輩の態度の急変に戸惑いながらも、食事をしたり一緒の授業の課題をしたりするうちに、ソルの気持ちにも変化が表れて・・・。

きむとま
ドラマ版と映画版との違いや、キャスティングを比べてみるのも面白いと思います!

→映画チーズインザトラップはU-NEXTで配信中!

みどころ

ドラマ版も韓国ドラマにはしては珍しいタイプの”ミステリアスな恋愛ドラマ”として話題になりましたが、映画版もその要素は残しつつそれぞれのキャラクターの持ち味を出しています。

主人公のユ・ジョン先輩はドラマ版と変わらずパク・ヘジンさんが演じているので、安心して見られると思います。

その他のキャストはリニューアルされていて、どちらの配役が好みか比べてみるのも楽しいでしょう。

ドラマ版と同じキャストも登場しますので、ドラマファンには嬉しいところではないでしょうか。

もちろん、原作マンガやドラマ版を知らなくても楽しめるようにはなっていますが、気になったシーンなどがあればドラマ版を見て情報の補填をするのもいいかもしれません。

この作品は、通常思い描く恋愛ドラマとは違いミステリアスでスリラー的要素もある作品となっています。

ユ・ジョン先輩の隠された秘密とは何なのか、謎を抱きながら二人が親密になっていくことは出来るのかに注目しながら、強烈なキャラクターが多く登場するこの作品を楽しんでください!

 

スポンサーリンク

 

感想と評価・評判

個人的に、ヒロインは格段に可愛くなっていると思うのですが、役柄的にはキム・ゴウンさんの方が適任だったように思いますね。

もちろん、原作のヒロインを知らないのでどちらが合ってるかは分からないんですが。

それにしても、キャスト全般的に年を取りすぎですよね!

若く見えるけど、30過ぎばかりで大学生役はちょっとキツイですかね。

大学が舞台なら20代前半の若手俳優を起用してほしいところです。

キャストの変更でいうと、インホもインハもテレビ版の方がいいですかね。

まぁ、映画版だと活躍の場面が少ないので比べるのは酷かもしれませんが。

サイコなストーカーのヨンゴンは短い中に強烈なインパクトを残した分、映画版の方が印象が強いかもしれません!

ドラマの時もそうだったんですけど、恋愛ドラマとしては異色な部類の作品なのに、ハラハラドキドキのラブストーリーと銘打たれるのは可笑しいですね。

ジャンルで言うとほぼスリラーで、謎が多すぎる先輩に、金持ちに寄生するヒステリック女、サイコなストーカーや、他人に頼ることばかりな学生たちと癖の強いキャラクターばかり登場し、全編通して暗い作品なので宣伝文句だけで見ると肩透かしを食らうことになると思います。

そもそもこの作品は、人間関係のウザさや人の表裏などを描き、ただの薄っぺらい恋愛ドラマではなく、たっぷりと時間をかけて何かと問題ありの二人が近付いて行く濃い内容の話なのに、それを二時間の映画に納めるのは無理がありましたね。

その割りには省けそうなエピソードが入れられてたり、肝心の二人が親密になっていく過程がちゃんと描かれていなかったりと不満が残りました。

それでいて、ドラマ版ではあんなにもウザかったサンチョル先輩の活躍(迷惑)がないのは、何か少し残念な気もしましたね。

原作やドラマを見てないと、置いてきぼりになる可能性もある作品でした。

→映画チーズインザトラップはU-NEXTで配信中!

結末はドラマと違う?

ただ、ラストに関しては分かりやすく締め括られていたので、ドラマの様な賛否両論を呼ぶようなこともなくスッキリしたものでした。

 

まとめ:原作やドラマ版が好きな人が見比べるためにある作品でした。

もちろん、何の情報もなく好きなキャスト目当てに見ても問題ないのですが、物語として理解出来ないところが多いと思いますよ!

 

最後に

最初はキャストの変更があってもドラマの総集編版のようになるのかと思っていたんですが、要所要所を詰め込んだスリラー要素が強い作品でした。

そりゃあ、重要なシーンを入れればそうなるわな!とは思うんですが、恋愛ドラマらしさが非常に薄かったように思います。

→映画チーズインザトラップはU-NEXTで配信中!

→各社の配信状況をチェックしました

 

スポンサーリンク