英雄都市【韓国映画】キャスト・感想・評価・レビュー!マドンソクも出演!

 

英雄都市韓国映画

「犯罪都市」のカン・ユンソン監督が大人気WEBコミックをキム・レウォン主演で映画化した痛快アクションコメディ!

マ・ドンソク、ユン・ゲサンも出演!!

キャスト、あらすじ、感想などをまとめました。

(トップ画像公式ページより)

 

 

英雄都市【韓国映画】キャスト一覧

原題:LONG LIVE THE KING:木浦英雄

2019年6月19日韓国にて公開(日本公開日2019年11月28日)

観客動員数:100万人超え

上映時間:118分

監督、脚本:カン・ユンソン
「犯罪都市」など

【チャン・セチュル役】キム・レウォン
巨大組織のボス。国会議員選挙に出馬する。

キムレウォンは現在結婚してる?ドラマ情報とインスタ、熱愛彼女について

2017年12月5日

 

【カン・ソヒョン役】ウォン・ジナ
熱血弁護士。

ウォンジナ

ウォンジナのプロフィール!インスタ画像がスエに似てる?熱愛彼氏情報も!

2018年12月2日

 

【チョ・グァンチュン役】チン・ソンギュ
木浦(モッポ)の悪党。セチュルのライバル。

 

【チェ・マンス役】チェ・グィファ
木浦2選議員。

韓国俳優チェグィファ

チェグィファの年齢・プロフィール!結婚のなれそめと子供誕生秘話!

2019年10月25日

 

【ファンボ・ユン役】チェ・ムソン
元ヤクザの慈善事業家。セチュルのロールモデル。

韓国俳優チェムソン

俳優チェムソンのプロフィール!妻との結婚のなれそめと息子画像はある?

2019年9月10日

 

2017年にマ・ドンソクさん主演で大ヒットした「犯罪都市」の監督とスタッフが再結集!

韓国で人気のWebコミックを原作とし、キム・レウォンさんとウォン・ジナさんを主演に迎え映画化されました。

キム・レウォンさんは本作でヤクザのボス役を演じているのですが、危険な香りがするというよりも人情派なキャラクターであり、1人の女性に好かれるためいい人になろうとするというユニークなキャラクターでもあります。

そんな主人公に好かれるヒロイン役には、初のドラマ出演作「ただ愛する仲」でいきなり主役に抜擢され話題となったウォン・ジナさんが起用され、ヤクザ顔負けの気の強さを見せる弁護士役を演じています。

主演はこの男女二人なんですが、悪役を演じる二人もこれに負けず劣らずの抜群の存在感を発揮していて、それを演じているのがチン・ソンギュさんとチェ・グイファさんです。

チン・ソンギュさんは大ヒット映画「エクストリーム・ジョブ」で主要メンバーの一人を演じたことで有名ですが、元々は「犯罪都市」での悪役キャラで大ブレイクした俳優さんなんです。

「犯罪都市」では極悪非道な役柄でしたが、本作では主人公のことをライバル視するどこかコミカルな悪党を演じています。

チェ・グイファさんも「犯罪都市」に警察の強力班班長役として出演していた他、ドラマ「ミセン」や映画「タクシー運転手~約束は海を越えて~」などの話題作へ出演し人気俳優の仲間入り果たすことに。

本作では、主人公のライバルとなる政治家役を演じており、手下としてチン・ソンギュさんを使い様々な悪事を働いているというキャラクターです。

この他にも、ドラマ「応答せよ1988」や「刑務所のルールブック」などで知られるチェ・ムソンさんが元ヤクザの議員候補を演じ、チュ・ジンモさん、チェ・ジェファンさん、チャ・ヨプさんらが主人公セチュルの手下たちを演じています。

そしてホン・ギジュンさん、ユン・ビョンヒさん、ペ・ヘソンさん、ソン・ウッキョンさんらが脇役として登場する他、伝説のヒグマ親分役としてマ・ドンソクさんが、飲酒運転を取り締まりする警察官役でユン・ゲサンさんがゲスト出演するなど、監督の前作「犯罪都市」の主演キャストが意外な場所に登場している点にも注目です。

更に、エンディングで流れる「キム・ドンリュル/愛するという言葉」という曲をオールキャストで歌うシーンは、本作随一の名場面となってるのでお見逃しなく!

 

スポンサーリンク

 

英雄都市【韓国映画】あらすじ

韓国木浦(モッポ)の巨大ヤクザ組織八龍会のボスであるチャン・セチュル(キムレウォン)は、地域の人々とも密着した仁義に熱い男として知られていました。

そんなセチュルにも弁護士カン・ソヒョン(ウォンジナ)という憧れの女性がいました。

彼女は都市開発反対デモに参加していたのですが、そのデモをやめさせようとしていたのがセチュルたちでした。

セチュルは彼女に一目惚れするも彼女から真面目な人間になれと言われてしまい、そのことからヤクザを辞めて人の役に立つことをしようと行動を始めるのです。

そんな中、セチュルが乗り合わせたバスが橋の上で転倒事故を起こしてしまい、そこでセチュルが率先して人命救助をしたことからモッポの英雄と呼ばれるようになります。

その頃モッポでは国会議員選挙が行われていたのですが、ひょんなことからセチュルが選挙に立候補することになり・・・。

スポンサーリンク

 

英雄都市【韓国映画】みどころ

本作は、偶然の事故から英雄となったヤクザのボスが、国会議員選挙に立候補し世の中を変えていこうと奮闘する様を描いた痛快エンターテイメント作品です。

ヤクザ同士の対立やケンカシーンなどもありながら、1人の女性のために変わろうとする男の姿や、仲間や市民たちのことを思うリーダーとしての姿なども描かれていて、よくある犯罪ドラマとは一線を画したら見やすい内容になっています。

悪役も予想以上にコミカルですし、ヤクザから政治家へと転身する逆転ドラマとしての見応えもあります。そこに、アクションやサスペンス、ヒロインとの恋愛ドラマや政治ドラマなどもミックスされ、ハートウォーミングな要素まで備えています。

魅力的な脇役やあっと驚くゲストにも注目していただきたい作品です!

 

スポンサーリンク

 

英雄都市【韓国映画】感想・評価

「ヤクザのボスが国会議員選挙に立候補する!」

この設定だけ見ると面白そうに思いますが、政治ドラマとしてもコメディとしても、アクションやラブロマンスとしても中途半端でした。

ヤクザや悪徳政治家が主な登場人物なのに、キャラクターとしてはコミカルだったりするのは良かったんですが、ゲラゲラ笑えたりする場面は予想以上に少なく、殆どがクスッと笑える程度なんですよね。

主人公たちは義理人情に厚い優しいヤクザではありますが、人助けした程度で政治家になれるとは思えませんし、人気が出た理由も詳しく説明されていません。

ヤクザが女性弁護士に一目惚れしたことで、ヤクザを辞めていい人になろうとするというストーリーも感動的に思うかもしれませんが、そこまで盛り上がる演出はされておらず、どことなく淡々と語られているだけにしか見えませんでした。

主人公のターニングポイントとなったバスでの人助けのシーンも、クライマックスの格闘シーンも、そしてヤクザと女性弁護士とのラブロマンスも盛り上がりに欠けていて、全編通してそこそこ面白いという程度でしかありませんでした。

ただ、伝説のヒグマ親分という役どころでマ・ドンソクさんが登場したのは笑えましたし(出演シーンは短いですしアクションもないですが…)、悪役を演じたチン・ソンギュさんとチェ・グイファさんのキャラクターは最高でした。

本作は、キャラクタードラマとしては面白いので、気楽に見れる韓国映画をお探しの方は是非!

まとめ:キャラクターは魅力的ですし、ストーリーがベタなのも良かったのですが、政治ドラマとしてだけでなく、アクションやラブコメ、そしてサスペンスとしても中途半端で、盛り上がるポイントがあまり無いのが残念でした。

最後に

本作で一番面白いと感じたシーンはラストでチョ・グァンチュンとチェ・マンスが歌い出すところで、そこからエンディングのオールキャストカラオケへと突入していきます。

この演出は実にユニークだったのに、なぜこの面白さが本編で出せなかったのでしょう?

私は監督の前作「犯罪都市」がお気に入りだったので本作にも期待していたのですが、テイストが変わるのはいいとしても作品への熱量が薄れているように感じたのは残念でした。

 

→【英雄都市】はU-NEXTで配信中!

韓国芸能人紹介チャンネルキムチチゲはトマト味TV運営中!


芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!



スポンサードリンク