ブラックドッグ【韓国ドラマ】キャスト・視聴率・感想!タイトルの意味は?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

 

韓国ドラマブラックドッグ

期間制契約の新米教師が現実にもまれながら孤軍奮闘する感動ストーリー。

学校版「ミセン」と呼ばれ教育の現場をリアルに描いた、ソヒョンジン&ラミラン主演の話題作!

キャスト、あらすじ、感想、視聴率などをまとめました。

(トップ画像公式ページより)

 

スポンサード リンク

 

ブラックドッグ【韓国ドラマ】キャスト一覧

全16話

最高視聴率 5.4%

tvN放送 2019年12月16日~2020年2月4日まで

演出:ファン・ジュニョク

脚本:パク・ジュヨン

【コ・ハヌル役】ソ・ヒョンジン

ソヒョンジンは新垣結衣似?熱愛彼氏と結婚について。インスタはあるの?

2018年5月29日

 

【パク・ソンスン役】ラ・ミラン

韓国女優ラミラン

ラミランのプロフィール!旦那との結婚のなれそめと息子画像!離婚したの?

2019年6月14日

 

【ト・ヨヌ役】ハジュン

韓国俳優ハジュン

俳優ハジュンのプロフィール&インスタ!兵役・熱愛彼女・結婚情報は?

2020年10月14日

 

【ペ・ミョンス役】イ・チャンフン

俳優イチャンフン

韓国俳優イチャンフン1980のプロフィール&インスタ!結婚してるの?

2021年3月3日

 

【キム・ヨンハ役】テ・イノ

韓国俳優テイノ・テインホ

テイノ韓国俳優のプロフィール!結婚してるの?パクヘジュンとの関係は?

2021年4月20日

 

【チ・へウォン役】ユ・ミンギュ

 

”「一人酒」「一人ご飯」「非婚」という言葉に代表されるこの時代において、私たちはみな「ブラックドッグ」なのではないか?”

という意図に基づいて作られたこのドラマ。

「1年間の期間制」として採用された新人教師が、学校という社会の縮図の中で真の先生になるために奮闘するドラマです。

主演はロコクィーンとしても知られるソヒョンジンさん。

ロマンチックコメディ(ロコ)のイメージが強く、それを払しょくさせるために髪を切って臨んだそうです。

ブラックドッグとは?

「ブラックドッグシンドローム」という言葉があります。

黒い保護犬は他の色の犬に比べて、新しい家族に引き取られにくいという傾向があるそうです。

本作のタイトルは偏見の対象となっている契約社員、非正規雇用などの韓国社会での問題をブラックドックと表現しています。

 

スポンサーリンク

 

ブラックドッグ【韓国ドラマ】あらすじ

バスで修学旅行に向かう途中、交通事故に遭ったハヌル(ソ・ヒョンジン)たち一行。足を怪我していたハヌルの救出に真っ先に立ち向かったのは、非正規雇用の教師だった。

勇敢な彼の行動によりハヌルは無事救出されたが、彼は帰らぬ人となってしまう。

危険を顧みず救ってくれた恩師の志に強く心を動かされ、ハヌルは教師を目指すようになる。

何度もチャレンジするも採用とはいかず諦めかけていた時、採用の連絡が来るものの、“1年間の契約採用”という条件付きだった。

職場では “親戚のコネ採用”とあらぬ噂が広まり、孤立してしまうハヌル。

彼女は噂を否定するも、誰も彼女の言葉には耳を傾けようとしなかった。

自分の居場所が無いハヌルは学校をやめようと決心するが、進学部部長のソンスン(ラ・ミラン)に鼓舞され、本来目指していたものに気づき奮闘する…。https://www.lala.tv/blackdog/

 

スポンサーリンク

 

ブラックドッグ【韓国ドラマ】視聴率・評価

ブラックドッグは最終話最高視聴率5.4%を記録し、同時間帯1位となりました。

このドラマは従来の学園物とは異なります。

「学校」は教育の現場でありながら、誰かにとっては職場であり、社会の縮図と同じもう一つの組織社会。

異なる価値観がぶつかり、教師間の目に見えない序列も存在しています。

その中でそれぞれの方法で悩んで成長していく先生たちは、普通の会社員と変わりありません。

真の先生になろうという主人公の努力は競争社会で忘れてしまった初心を思い出させ、多くの世代の共感を呼びました。

本作は学校版「ミセン」といわれ、真の教師とは何なのか改めて考えさせられた作品でした。

 

スポンサーリンク

 

ブラックドッグ【韓国ドラマ】感想・評価

教師という仕事を描いた”学校ドラマ”かと思って見始めたんですが、職務中に事故で亡くなったのに非正規職員だから保険が下りないとか、年齢の若い現場経験の無い人たちを非正規職員として雇って人件費を浮かせたり、そんな教師たちに自分が非正規職員だと周りに明かすなと伝えたりという内容から始まりました。

これじゃあほぼ企業ドラマじゃないか!

実際の学校運営は企業と大差ないようで、序盤から学校運営の厳しさや職員たちの対立構造、進学率の問題が業績の良し悪しのように描かれていきます。

つまりは学校を運営面から描いている作品で、そんな場所で働く新米教師(とはいってもアラサーなんですけど)の成長を描いたヒューマンドラマなんです。

いわゆる学園ドラマのような恋愛や青春がメインのキラキラしたものではなく、教師版「ミセン」と言われるのも納得のリアルさが確かにあったと思います。主人公の設定や序盤の展開なんてまんまミセンでしたね。

既存の学園ドラマや学校を舞台とした感動作が見たい人からすると地味に映るかもしれませんし、ほかの韓国ドラマと比べると山場も少ないのですが、教師という職業の実情を見るのは新鮮でしたし、同時に韓国お得意の社会問題を教育面から描いたのもユニークだと思いました。

周りからイビられる状況の中、いくつもの試練を乗り越えて主人公が成長期していく過程は惹き付けられましたし、そんな主人公に影響されて周りの教師のみならず学校自体も変わっていくというのはベタながらも心が温かくなりました。

ところが、丁寧に描かれた一年目と比べると後半からはテンポが早すぎに思えましたし、それでもドラマ自体が長いように感じたのは回想などで繋いでいたように見えたからかもしれません。

それにリアルだといいながらも、スタートがバスの横転事故による恩師の死ですからね!

命を懸けて自分を助けてくれた恩師への憧れが主人公に教師を目指させる要因になっているのですが、これ自体がかなりのレアケースなのでなかなか共感できるものではありません。

そう考えると主人公によって学校が変わっていくというのも夢物語のようですし、特に悪い生徒が登場しなかったのも出来すぎに思えてきます。

この辺りをどう受け取るかで評価が割れる作品なのかもしれません。

そういった綺麗な展開をするドラマなんですが、同時に描かれているのは教師たちの間にもある格差だったり、何年チャレンジしても非正規職員にすらなれなかったり、非正規職員として採用されても正規職員になれるかも分からない、そもそも正規職員の募集すらしていないという社会の深刻な状況なんです。

それをシリアス一辺倒に描いているわけではないとはいえ、”教師=特別な仕事”というイメージがあるものからすればあまり知りたくなかった一面なんですよね。

キャストも好みの人が多かったですし、大企業や検察などが舞台の作品よりも理解しやすい環境なんですが、だからこそ現実はこうなのかと驚いてしまいますし、ドラマチックさを求めているとひたすら地味な展開が続くことを退屈に感じるかもしれません。

 

まとめ:まさに教師版「ミセン」といったようなドラマ。

主人公の成長や学校そのものの変化を見るのは心躍りますし、どこか神聖視していた教師の実情を知れたのも新鮮だったのですが、その反面裏側を見たくない、もっとドラマチックな展開が見たいという方にとっては地味に感じるかもしれません。

 

最後に

韓国ドラマとしてはかなり珍しいタイプの学校ドラマでした。

フィクションでありながらもリアルテイスト寄りになっていて、韓国ドラマらしい設定や展開を極力排除していたのが潔く感じました。

ミセン以外の職場のリアルを描いた作品というと、刑事ではなく制服警官の実情を描いた「ライブ」や、報道現場で働く人々を集中してにした「アルゴン」などもありますので、本作が好みならそちらもオススメですし、これらが好きだったなら本作も楽しめると思いますよ!

 

韓国芸能人紹介チャンネルキムチチゲはトマト味TV運営中!


芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!

スポンサード リンク



スポンサードリンク