ビューティフル・マインド(韓国ドラマ)感想・あらすじ&キャスト!打ち切りとは?

韓国ドラマ【ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~】は人気実力派俳優チャン・ヒョクと、数々の演技賞を獲得する”怪物新人”パク・ソダム共演作。

愛を知らない男に訪れた奇跡の出会い、心と心を震わせるヒーリングストーリーです。

キャストや視聴率、作品紹介のほか、あらすじ・感想などもまとめました。

打ち切りの噂というのは何でしょうか?

 

 

基本情報とキャスト一覧

全14話

平均視聴率3.7%
最高視聴率5.0%

放送年度(2016年6月から韓国で放送)

演出:モ・ワンイル/イ・ジェフン
脚本:キム・テヒ

【イ・ヨンオ役】チャン・ヒョク

チャンヒョクプロフィールとインスタ!嫁との結婚の馴れ初めと性格は優しい?

2018.02.05

【ケ・ジンソン役】パク・ソダム

パクソダムはかわいくない?プロフィールとインスタ、熱愛彼氏について

2017.11.22

【ヒョン・ソクジュ役】ユン・ヒョンミン

ユンヒョンミン熱愛彼女とは現在?プロフィール&プロ野球時代の画像!

2018.11.11

【キム・ミンジェ役】パク・セヨン

パクセヨン(女優)熱愛彼氏と結婚観は?インスタのドラマオフ画像!

2018.10.18

【イ・ゴンミョン役】ホ・ジュノ

【シン・ドンジェ役】キム・ジョンス

【チェ・スンホ役】イ・ジェリョン

【カン・ヒョンジュン役】オ・ジョンセ

【イ・ヘジュ役】モリユ

【ヨンオの子供時代役】ペク・スンファン

 

スポンサーリンク

 

作品紹介

本作は脚本家キム・テヒさんの「トキメキ☆成均館スキャンダル」以来6年ぶりとなる作品です。

そしてその脚本を演出するのは「笑ってトンへ」のモ・ワンイルさん。

「ビューティフル・マインド」は当初「ドクターフランケンシュタイン」というタイトルで知られた作品で、主演としてイ・ジョンソクさんの名前も挙がっていたそうです。

主演となったチャン・ヒョクさんと父親役のホ・ジュノさんは、映画「火山高」以来15年ぶりに共演となりドラマでも重要となる二人の関係性に注目が集まりました。

共演のパク・セヨンさんは、ユン・ヒョンミンさんと数か月前まで「いとしのクム・サウォル」で共演していて、チャン・ヒョクさんとも2017-2018年「お金の花」で共演するなど、共演陣との関係性にも注目です。

このドラマには多くのベテランや名脇役が出演されていますが、注目なのが看護師役のモリユさんです。彼女はBIGBANGのT.O.Pさんのいとこだそうで、これまでに秘密にしてきたこともあり大きな話題となりました。

もう一人注目して欲しいのが、ヨンオの子供時代を演じたペク・スンファンさん。これまでにも多くの作品でメインキャストの子供時代を演じてきていて、映画「トガニ幼き瞳の告発」でも大きく注目された方です。子役を脱した今後にも期待が寄せられています。

 

スポンサーリンク

 

打ち切りとは?

ビューティフルマインドは期待されたほど視聴率が伸びませんでした。

しかし質が低いわけではなく、高い評価もあったものの一般ウケする作品ではなかったようです。

16話から14話に縮小されたのは低視聴率のためであるという公式な発表はなく、表向きは

「15・16話が放送予定だったその日はリオオリンピック特集が放送されるから」

という理由だったようです。

「低視聴率だから12話で終了する」という噂がたち、それについては

ドラマ関係者が事実無根だとしています。

制作者側としてはそんな噂を立てられるなんて心外ですね。

 

スポンサーリンク

OST情報

本作の音楽でメインで流れていたのが「Bernard Park/Dirt」。単純にいい曲であり、ドラマを盛り上げる名バラードと言えます。

 

あらすじ

長期留学を終えヒョンソン病院神経外科の助教授に就任することとなった天才医師ヨンオは、他人の気持ちに共感できず、生まれてから一度も笑ったり泣いたりしたことがない人物。

ある日、心脳血管センターオープン式典に祝辞を述べに来ていた次期大統領候補の病気を見抜いたことで信頼を得て、執刀医としてライブ手術をすることが決まります。

その夜、ひき逃げ事故に遭った患者が運ばれ、ヨンオは助かる見込みがないと手術することを拒否するもその患者の付き添いの女性警官ジンソンの要求もあり手術することに。しかし、患者は手術中に死亡してしまいます。

その後、遺体がすり替えられたり事故自体の不審さから、2人は真相を究明するために協力することになります。そして、彼女と触れ合っていくことで徐々にヨンオの感情にも変化が訪れるのでした。

 

スポンサーリンク

 

みどころ

チャン・ヒョクさんという大物スターに豪華なベテラン陣、そして若手注目株が集結したのがこの作品です。

主人公の天才医師でありながら感情が無いという難しいキャラクターと、天真爛漫なヒロインとの関わりはラブコメのような派手な展開はないですが、じんわりと染み入るようなヒーリングドラマです。そこに病院内での派閥争いや、謎の事件の究明などといったシリアスな展開が合わさり、通常の医療ドラマとは違った作品になっています。

主人公ヨンオが終始無表情なのもチャン・ヒョクさんの新境地とも呼べるものですし、15歳の年の差があるパク・ソダムさんとのやりとりを通しての感情の変化にも注目して欲しいところです。

きむとま
ミステリーとメディカルドラマが融合した作品であり、主人公が人間らしく生まれ変わっていく様を描いた作品だよ

主役の2人以外にも注目なのが病院内の人間関係。

ヨンホの父ゴンミョンという謎多き人物だったり、ヨンオの正体に気づいていない婚約者のミンジェ、ジンソンが気持ちを寄せるソクジュをはじめ、癖の強い病院の経営者陣や同僚たちなど、複雑な人間関係の変化も見ていて面白いポイントです。

全体的に重い印象のドラマであったためか視聴率は伸びなかったようですが、医療ドラマ、推理サスペンス、ヒューマンドラマの泣ける要素も入った類似作品のないドラマだと思います。

 

スポンサーリンク

 

感想と評価・評判

主役の二人がいい。チャン・ヒョクの実力は明らかですが、どうみても美人とは思えないパク・ソダムも無表情かつ無感情の主人公に絡む役割として見事だと思った。これが、いわゆる韓国美人女優がやっていると(たとえばパク・セヨンがヒロインだったら)美男美女の恋愛ドラマ色が強いものとなっただろう。個人的には好きなタイプでないけれど、小柄な一般的な役柄にはハマると思った。最近こうゆうタイプが多くなってきてるのも納得。
全体的にシリアスで、時折挟まれるヒューマンドラマ要素が箸休めとなるドラマだが、もう一つの箸休めはキャラの濃い中年医師たち。この5人がドラマ内のユーモア担当とも呼べるもので、主人公との対立関係からの実力を認めての関係性の変化にも注目したいところ。この面々がいないと重くなりすぎてきつかったかも。
医療ドラマとしてもそうだが、サスペンスドラマとして見てもかなり引きのある作品。主人公とその父親自体がまず怪しすぎるし、病院の理事長や政治家など政治ドラマの匂いすらするほど。そのせいか、恋愛要素は薄く感じるがイチャイチャラブラブだけが恋愛ではない。心と心が触れ合う癒し系ドラマでもあると思う。
かなり苦痛を伴うドラマだった。医療ドラマと恋愛ドラマの2本軸で行けばよかったものを、そこに色々と入れすぎたためどれも中途半端になっている。16話予定が14話になったのも仕方ないか。後半、主人公の感情が揺れ始めて面白くなってきた感もあったので、16話までやってたらまた少し違ったのかもと思うけど。
サスペンスドラマのごとくかなりヘビーな内容でもあるのだけど、ヒロインの明るさや、病院の先生たちのコミカルなキャラクターなど、暗さを和らげる要素もありなかなかバランスよく仕上がっている。医者なのに病院内でイチャイチャする作品を見ると、どうも嫌な気がしてしまう私からするとこの作品は良かったと思う。
まとめ:チャン・ヒョクさんとパク・ソダムさんとの心と心を通わすやり取りが見どころ。感情の変化がない主人公が、ヒロインと出会ったことで徐々に人間らしく変わっていくのは見ていて嬉しくなります。ヘビーな内容と、恋愛要素が薄かったことから視聴率が振るわなかったのは残念でした。

 

スポンサーリンク

 

無料動画視聴法は?

無料で視聴できる方法はこちらで紹介しています。↓

ビューティフルマインド(韓国ドラマ)動画を無料&日本語字幕で視聴するには?

最後に

恋愛ドラマというより、サスペンスドラマとヒューマンドラマとして見た方が楽しめます。

確かに心のない主人公がヒロインと出会ったことで感情に変化が現れ、恋愛感情も生まれていく作品ではありますが、そこを強く推すと期待外れと言われてしまうことに。

病院内での複雑な人間関係を見るのも面白いですし、なんでもかんでも恋愛を中心にするのは良くないと思いました。

 

 

 

スポンサーリンク