アンナラスマナラ感想・キャスト・意味・あらすじ・撮影地は?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

 

アンナラスマナラ韓国ドラマ

人気イケメン俳優チ・チャンウクと注目の女優チェ・ソンウン主演で贈る人気ウェブ漫画を原作としたファンタジーミュージックドラマ!

キャスト、あらすじ、感想などをまとめました。

(トップ画像公式ページより)

 

スポンサード リンク

 

アンナラスマナラキャスト一覧

Netflix全6話

放送期間:2022年5月6日からNetflixにて全話配信

演出:キム・ソンユン
「恋愛の発見」「恋するジェネレーション」
「雲が描いた月明り」など

脚本:キム・ミンジョン
「恋するジェネレーション」
「雲が描いた月明り」「イミテーション」など

【魔術師(リウル)役】チ・チャンウク
閉園した遊園地に住み着く謎の男。

チチャンウク

チチャンウクドラマ情報!熱愛彼女と兵役除隊後の復帰作は?インスタ和訳!

2017年7月14日

 

【ユン・アイ役】チェ・ソンウン
貧しい女子高生。

女優チェソンウン

チェソンウン女優のプロフィール&ドラマ出演作!インスタはある?

2022年1月10日

 

【ナ・イルドゥン役】ファン・イニョプ
学年1位の優等生。アイのクラスメイト。

韓国俳優ファンイニョプ/ファンインヨプ

ファンイニョプ/インヨプのインスタがイジュンギに似てる?兵役や熱愛は?

2021年2月22日

 

【ペク・ハナ役】チ・ヘウォン
アイのクラスメイト。

女優チヘウォン

チヘウォン女優のプロフィール&出演ドラマ!かわいいインスタに注目!

2022年5月10日

 

【キム・ソヒ役】キム・ボユン
アイのクラスメイト。

女優キムボユン

キムボユン女優のプロフィール&インスタ!子役時代の可愛い画像も!

2022年5月10日

 

【ユン・ユイ役】ホン・ジョンミン
アイの妹。

 

【担任教師役】イム・ギホン
アイたちの担任。

 

「恋するジェネレーション」「雲が描いた月明り」を手掛けた演出家、脚本家コンビが、人気ウェブ漫画を原作にファンタジー×ミュージカル×ミステリーという斬新なドラマを誕生させました!

主演は「奇皇后」「ヒーラー」「あやしいパートナー」などのチ・チャンウクさんと、ドラマ「怪物」や映画「スタートアップ!」などの出演で注目された新人女優チェ・ソンウンさん。

これまで様々なタイプのイケメン主人公を演じてきたチ・チャンウクさんは、本作では自称魔術師という謎の男を演じ、生活に疲れたヒロインの心を惹き付けていくようになります。

そして両親のいない貧しいヒロインをチェ・ソンウンさんが演じ、地味で暗い印象がありながらも魔術師と出会ったとこで本来の輝きを取り戻していくようになります。

二人が作中で披露する抜群の歌唱力に注目です!!

 

スポンサーリンク

 

アンナラスマナラの意味は?

韓国の人も何か意味があるのではないか、と検索しているようですが、これは「ちちんぷいぷい」「あぶらかたぶら」のような言葉そのものに意味のない、作者オリジナルの呪文です。

 

 

アンナラスマナラあらすじ

アンナラスマナラ韓国ドラマ

妹と二人だけで暮らしている女子高生ユン・アイ(チェソンウン)は、生活のためにバイトをしながらも学業にも精を出す苦学生。

しかし、家賃滞納をはじめ、着る物や食べることにも苦労しており、クラスメイトであるペク・ハナ(チヘウォン)たちからいつもからかわれていた。

そんなある日、アイの前に魔術師だと名乗る謎の男リウル(チチャンウク)が現れ、魔法のようなマジックを披露する。

耐えるだけの辛い生活を送っていたアイは、魔術師のことを怪しみながらも彼が暮らす廃れた遊園地に通うようになり・・・。

 

スポンサーリンク

 

アンナラスマナラみどころ

本作は貧しい生活を送るヒロインと、彼女の前に現れた謎の魔術師とのふれあいを描いたファンタジードラマです。

韓国ドラマで貧しいヒロインの前に現れるのはイケメンの御曹司というのが定番ですが、本作ではイケメンの魔術師が現れ様々な奇跡を見せていくのが特徴で、ミュージカルかのような歌唱シーンが時おり挟まれているのも本作ならではとなります。

ヒロインを中心とした学園ドラマ、まるでファンタジー作品かのようなマジックシーン、歌唱力抜群なチ・チャンウクさんとチェ・ソンウンさんらの歌唱シーン、ヒロインの周辺で起きる失踪事件を巡ってのミステリー的展開、さらに韓国ドラマお馴染みの格差社会を描くなど、これまでにない斬新なドラマに仕上がっています!

 

スポンサーリンク

 

アンナラスマナラ撮影地は?

ここに出てくる遊園地はヨンマランド。

ソウル駅からは車で1時間、地下鉄とバスでも1時間ほどのところにあります。

ヨンマランド・アンナラスマナラ撮影地

ヨンマランドは1985年にオープンし、そり場、プールも備えた当時はこのエリアを代表する遊園地でした。

1990年代全盛期を迎え、1995年に乗馬場や総合体育センターなどが追加で建設される計画がありましたが、結局竣工せず2011年に廃遊園となりました。

2012年、IUがここで撮影したことをきっかけに注目され、防弾少年団(BTS)、TWICE、BLACKPINK、ペク・ジヨンなどKポップスターがミュージックビデオやアルバムジャケットなどを撮影。

ヨンマランドアンナラスマナラ撮影地でTWICEも撮影TWICEのOOH-AHHハゲのMV

ウェディング写真や野外結婚式、誕生日パーティ、家族写真撮影、インスタ映えなどのために訪れる人も多いとか。

夜間はライトアップされ、カップルには素敵な空間となっているようです。

2017年に再開発されるとニュースがありました。

家族ピクニックパーク、というコンセプトでカフェや工房、食堂を作り、さらにキャンプ場やハーブ体験館などを計画しているとのことでしたが、開発が進んでいるようには見えません。

現在は、アンナラスマナラの撮影地とのことで、ドラマファンが多く訪れているようです。

 

スポンサーリンク

 

アンナラスマナラ感想・評価

学園ドラマ×ミュージカル×ファンタジー×ミステリー!?

初回はどんなドラマになるのかとドキドキして見れましたし、いきなり大規模なミュージカルシーンからはじまるのにも惹き付けられました。

しかし、ストーリーが暗すぎますし、色々と盛り込みすぎていて何のドラマなのかイマイチ伝わってきませんでした。

とはいえキャラクターのビジュアルは魅力的で、チ・チャンウクさんはジョニー・デップが演じそうな感じで、ジブリ映画「ハウルの動く城」のハウルのようでもありました。

まぁ、そこまでトリッキーなキャラクターではありませんでしたが。

とにかくイケメンでミステリアスという役柄にピッタリだったことは間違いありません。

ヒロインは地味で性格も暗いので目立ちませんが、よく見ればキラキラ度は高く高橋ひかるさんっぽいお顔も日本人受けすること間違いなし!

そんなヒロインが貧しいという設定は王道とはいえ、人の食べ残しを隠れて食べようとするなんて相当ですし、両親はおらず妹との二人暮らしでまともにご飯を食べられない様子。

しかも何ヵ月も家賃を滞納していていつ追い出されてもおかしくない状況なんです。

これはいじめられてるのを見るよりもキツイ!そもそも、この設定自体がかなり古臭く現代の童話と言われるのも納得かもしれません。

それにヒロインの置かれた状況には同情しますが、常にオドオドしていたり感情を表現出来なかったり、自分が被害者である事さえ言えない姿にはイライラさせられましたね。

あと、注目のミュージカルシーンに関しては期待はずれもいいとこ!

冒頭の大勢で歌って踊るシーンは見ていて楽しかったのですが、そういった大がかりなシーンは最終話までなく、ほとんどのシーンが一人か二人でのものというのは残念ですし、それらが全て暗い歌ばかりなのも楽しくありません。

最終話も学芸会レベルでしたしね。これだとミュージカルと呼んでいいのかさえ疑問でした。

そもそも歌唱シーンは作中の1割もありませんし、たまにしかないならせめて大がかりなものにして欲しかったですね。

これなら歌唱シーン自体を無くしてしまっても問題ないとさえ思ったんですが、そうなると貧しいヒロインを通して描く格差社会ドラマというありきたりなものになってしまいますし、魔術師の存在だけが浮きまくりになります。

それにしたってもっと明るいストーリーに出来なかったものか?!

ミュージカルやファンタジーをドラマに取り入れたいなら、ストーリーパートはもっとシンプルで良かったと思います。

まとめ:ファンタジー×ミュージカルというイメージからもっと明るい内容かと思っていたんですが、実際にはかなり暗い内容でミュージカルパートも想像以上に少ないものでした。

チ・チャンウクさんと魔術師の役柄はピッタリでしたし、チェ・ソンウンさんの歌声やキラキラ具合も相当だったものの、共感出来るキャラクターではありませんでした。映画にしてもっとミュージカルパート満載にした方が良かったのでは?

 

最後に

 

※注意!ネタバレあり!

 

韓国でもミュージカルの舞台は当然のようにあるのですが、映画やドラマに取り入れらる事はほとんどありません。

そのせいなのか本作は、ミュージカルといいながらもサスペンス的な展開に親子の問題、学歴主義や格差社会などといった韓国ドラマお決まりの要素が盛り込まれ、要所要所で思い出したかのようにミュージカル的なものが入ってくるといった作りになっているんです。

つまりは、どう見ても本格的なミュージカルとはほど遠く、キャラクターの心情を描くのに歌を活用したり、現実的には描けないところを魔法で誤魔化しているといった感じでしかありません。

チャレンジ精神は認めますが、願わくばもっとファンタジックかつ明るいストーリーにして欲しかったですね!

ヒロインの貧しさと置かれた状況は確かに悲惨で、お金を貰ってわざとテストで負けたり代わりに課題をやるのはいき過ぎ。

それがヒロインへの行為の表れだったというイルドゥンについても理解不能でした。

お金を渡すことでヒロインを助けているつもりだとしても、そんな傲慢な行動しかとれないのは憐れだとしか言いようがありません。

あと、ペク・ハナが終始鬱陶しい!!彼女はいったい何がしたかったのか?

魔法が出てくるファンタジードラマにサスペンス的な展開は余計ですし、そんな童話的なドラマなら現実問題はあまり細かく描くのではなく、見る側が推測する程度でおさめていた方が良かったと思います。

それに魔術師の正体が実は・・・とネタバラシするなんて興ざめでしかありません!

最後まで正体不明にした方がファンタジックだったのに。。。

唯一良かったのは、ヒロイン役のチェ・ソンウンさんを発見できたことですね!

 

韓国芸能人紹介チャンネルキムチチゲはトマト味TV運営中!


芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!

スポンサード リンク



スポンサードリンク