エンジェルアイズ(韓国ドラマ)あらすじ・感想・視聴率・キャストまとめ!

イ・サンユン×ク・ヘソン共演による初恋の切なさを描いたピュア・ラブストーリーです!

 

基本情報とキャスト一覧

全20話

U-NEXT全20話

平均視聴率9.3%

放送年度2014年4月から韓国で放送

演出:パク・シンウ

脚本:ユン・ジリョン

【パク・ドンジュ(ディラン・パク)役】イ・サンユン

イサンユン結婚した?熱愛彼女情報!プロフィール&インスタはある?

2018.10.05

【ユン・スワン役】ク・ヘソン

【カン・ジウン役】キム・ジソク

キムジソクの結婚観と熱愛彼女情報!英語の実力は?プロフィールとインスタ!

2018.10.17

【ユン・ジェボム役】チョン・ジニョン

【チャ・ミンス役】ヒョン・ジュニ

【パク・ヘジュ(エリー・パク)役】ユン・イェジュ

【テディ・ソ役】スンリ(BIGBANGのV.I)

【ドンジュの学生時代役】カン・ハヌル

カンハヌルのインスタからみるドラマ”ミセン”秘話!彼女や兵役はいつ?

2017.03.20

【スワンの学生時代役】ナム・ジヒョン

女優ナムジヒョンインスタとプロフィール!熱愛彼氏は?子役時代の画像

2017.11.06

【ミンスの学生時代役】シン・ヘソン

女優シンヘソンの身長などプロフィールとインスタ!熱愛彼氏と結婚はいつ?

2018.04.06

本作はキャスティング候補としてに豪華な面々が挙がった作品で、そのラインナップはハン・イェスル、キム・ハヌル、イ・ジュンギ、ハン・ガインというものでした。

ヒロインに決定したク・ヘソンさんは2年ぶりのドラマ出演作であり、「花より男子 ~Boys Over Flowers」でタッグを組んだユン・ジリョン脚本家との5年ぶりの作品でもあります。

イ・サンユンさんはソウル大出身の頭脳明晰な俳優として知られていて、大ヒットドラマ『いとしのソヨン』や『耳打ち』などの作品でイ・ボヨンさんと共に主演しています。

キム・ジソクさんは多くの作品で2番手を演じることが多く、本作でも主人公と比べてもなんら遜色の無い良い役柄を好演しています。

このドラマには主演キャストの学生時代を演じたカン・ハヌルさんやナム・ジヒョンさん、そしてシン・ヘソンさんや、イ・ハユルさんにユン・イェジュさんなどの現在主演を張る方や、人気急上昇中の若手俳優さんが多く出演されています。

そして本作はBIGBANGのV.Iさんが韓国ドラマ初出演となることでも話題となりました。

日本のドラマ「金田一少年の事件簿~香港九龍財宝殺人事件」に出演したことはありましたが、韓国ドラマとしては初になります。

更にコン・ヒョンジンさん、イ・スンヒョンさん、

キム・スンウクさん、クォン・ヘヒョさん、キム・ヨジンさん、チョン・ウンピョさんなど、他にも多くのベテラン俳優、韓国ドラマでよく見る面々が出演されています。

 

OST情報

本作のOSTには、「ユンゴン/愛しても余りに」や、「ペク・アヨン/私に残った3つ」などといった主人公のテーマ曲に、韓国ドラマとしては珍しい「ラッセ・リン/Runto you」というスウェーデンのシンガーソングライターの曲や、「キム・テヒョン/涙がこんこんと」、ハン・ジスさんによる「angeleyes」と「beautifulsad」など名曲が満載!

 

あらすじ

高校生のドンジュ(イ・サンユン)は朝早くから母の作るお粥を配達をする成績優秀な苦学生。

ある日、密かに恋をしていたスワン(ク・ヘソン)が交通事故に遭いそうなところを救います。

そして、彼女が幼い頃の事故で視力を失っていることを知ります。

それを切っ掛けに二人は付き合うことになり、スワンはドンジュの家族とも親しくするように。

しかし、その後ドンジュの母がひき逃げに遭い亡くなってしまうのです。

そんな折、スワンに角膜移植のためのドナーが現れ手術を受けれることになるのですが、ドンジュは元々病弱だった妹のためアメリカに行くことになります。

時は流れ12年後、ドンジュは医師ディラン・パクとして韓国に帰ってきます。

未だにスワンの事を忘れられないドンジュは、救急隊員として働くスワンと再会しますが彼女は気付かないのでした。

そして、スワンには恋人ジウン(キム・ジソク)がいることを知り、名乗らないまま去ろうとするのですが、スワンもディランにドンジュの姿が重なって見え・・・。

きむとま
お決まりの設定や想定内の展開がありながらも、他の韓国ドラマも比べるとマクチャン要素は薄く、代わりにヒーリング要素の強い作品となりました!

 

スポンサーリンク

 

みどころ

このドラマは学生時代の淡い初恋の話と、12年後にその初恋の相手と再会してからの2つの時代が描かれています。

ドンジュもスワンもツラい家庭環境で育ち、

折角二人が付き合うことになったのにまた不幸が襲い離ればなれになるなど、学生時代の二人の恋愛模様は切ないとしか言いようがありません。

さらに二人の家族には色々と関わりがあったりと、この辺の設定は韓国ドラマの定番と言えますね。

そんな二人が大人になって再会してからが、本編となります。

最初はドンジュに気が付かないスワンにヤキモキし、そんな二人と三角関係となるジウンもいいヤツなので邪険にするには可愛そうだしと、一見ドロドロとした展開になりそうなのに優しい物語であるというのがこのドラマの特徴です。

それにヒロインのライバルとなる女性が居ないのは珍しいですね!

そして恋愛ドラマとして以外にも、スワンが働く救急現場や医者としてのドンジュの仕事ぶりも描かれ、厳しい現場で知る生と死についてや、仲間との友情などの人間ドラマとしてもみどころ満載の作品なんです。

話が進むと明らかになる、ドンジュの両親の死についてや、ドンジュ、スワン、ジウン三人の因縁といった流れも出てきてと、複雑な人間関係が描かれていくのですが、それでも復讐ドラマや裏切りなどの重苦しい展開になりすぎないというのも、このドラマの特徴です。

 

スポンサーリンク

 

感想と評価・評判

物語の始まりから主人公二人は悲劇の連続で、辛くて見ていられなくなるドラマなのかなぁと懸念していました。

しかし、二人のピュアな恋愛模様を見ると応援せずにはいられず、すっかり夢中になっていたんです。

家族の死や、盲目のヒロインなど、”不幸な環境で育ちながらもそれを乗り越えて大人になる!”という韓国ドラマお決まりのパターンではあるのですが、学生時代の主人公たちをカン・ハヌルさんとナム・ジヒョンさんという実力派が演じていることもあり、飽きることなく見れました。

二人が再会しても、最初はドンジュに気が付かないスワンなんですが、なぜかドンジュのことが気になって仕方ないスワン。

そこで「俺がドンジュだよ!」と言いに行かないのも、彼の優しさを感じて切なくなりましたね。

しかし、イ・サンユンさんはいい俳優さんなんですが、どう考えてもカン・ハヌルさんが成長してイ・サンユンさんになるとは思えないんです!

スワンはドンジュの昔の顔を知らないので、ドンジュの顔の輪郭を触って確めるシーンがあるのですが、そこは二人のタイプが違うため「触っても分からないだろうなぁ」と思い、あまりシーンにのめり込めませんでしたね。

そんな細かい突っ込みどころはありますが、物語としては凄く感動的で、適度に甘い恋愛模様と、ピリッと辛い展開もあり、全体的に優しさが溢れた作品となりました。

まとめ:この作品は初恋のドキドキと、家族の温かさや、友情などを描いた癒しのドラマとなりました。

 

最後に

先ほど、カン・ハヌルさんが成長しても、イ・サンユンさんにはならないだろうと書きましたが、ク・ヘソンさんにしても同様で、こちらは顔立ちの問題というより、学生時代のイメージからするとキャラクターがちょっと違う気がして。

まぁ、これは私が想像する大人になったスワンと違う!というワガママみたいなものですけどね。

学生時代の二人のキャスティングが余りにピッタリだった為か、それと比べると大人の二人のイメージがちょっと違うというだけで、それぞれに分けて見れば素晴らしい相性だったと思いますよ。

 

 

スポンサーリンク