赤と黒【キムナムギル韓国ドラマ】キャスト・あらすじ・感想・視聴率!

脱毛は時間がかかるから今から準備

 

キム・ナムギル×ハン・ガイン共演。

数々の傑作ドラマを手掛けてきたイ・ヒョンミン監督による愛と復讐のドラマ。

キャスト、あらすじ、感想、みどころなどをまとめました。

(トップ画像公式ページより)

 

スポンサーリンク

 

赤と黒【韓国ドラマ】キャスト・視聴率

原題:悪い男

全17話

U-NEXT全17話

平均視聴率:15.1%

最高視聴率:16.0%

放送年度2010年5月から韓国で放送

演出:イ・ヒョンミン/イ・ジョンジェ

脚本:キム・ジェウン/イ・ドヨン/キム・ソンヒ

【シム・ゴヌク(チェ・テソン)役】キム・ナムギル

キムナムギルの現在と結婚しない理由とは?映画最新情報と公式インスタ

2017.05.26

【ムン・ジェイン役】ハン・ガイン

ハンガイン夫婦のなれそめと子供との現在の画像!鼻は整形?ドラマ情報も

2017.09.21

【ホン・テソン役】キム・ジェウク

キムジェウク結婚&熱愛彼女情報!中山美穂と日本語で共演した映画について

2018.09.21

【チェ・ソニョン役】キム・ミンソ

女優キムミンソ結婚の馴れ初めは?ドラマ一覧とプロフィール&インスタ!

2018.07.07

【ホン・モネ役】チョン・ソミン

チョンソミン熱愛彼氏イジュンとの現在は?ドラマ情報&インスタ!

2019.01.06

【ムン・ウォニン役】シム・ウンギョン

シムウンギョンプロフィール!熱愛彼氏は?子役時代のかわいい画像!

2019.03.31

【ホン・テラ役】オ・ヨンス

【ホン会長(ホン・ジョンス)役】チョン・グクファン

【シン女史(シン・ミョンウォン)役】キム・ヘオク

【ホン・テギュン役】チョン・ウィガプ

【龍先生役】豊原功補

本作は、『サンドゥ、学校へ行こう!』『ごめん、愛してる』『雪の女王』などの傑作ドラマを手掛けてきたイ・ヒョンミン演出作品。

当初は全20話の予定だったのですが、撮影中に主演のキム・ナムギルさんが兵役のため急遽降板となった為、17話に短縮されたそうです。

主演のキム・ナムギルさんは、2008年ごろまではイ・ハンという芸名で活動していたのですが、改名後に出演したドラマ『善徳女王』のピダム役で大ブレイクすることになります。

その後もソン・イェジンさんと共演したドラマ『サメ~愛の黙示録~』や大ヒット映画『パイレーツ』をはじめ、映画『花、香る歌』『殺人者の記憶法』など映画を中心に活躍していきます。

共演はドラマ『太陽を抱く月』や映画『建築学概論』のハン・ガインさんに、『コーヒープリンス1号店』や『メリは外泊中』のキム・ジェウクさん、『朱蒙(チュモン)』をはじめ数多くのドラマに出演してきたオ・ヨンスさん、『イタズラなKiss』のヒロインをはじめ多くの作品で主演を務めるチョン・ソミンさん、そして子役として活躍していたシム・ウンギョンさんは本作以降大人の女優として認められるよつになり、映画『サニー永遠の仲間たち』を皮切りに『王になった男』『怪しい彼女』など大ヒット映画に次々と出演していくようになります。

この他にもまだブレイク前のキム・ミンソさんや、数多くの映画に出演するオム・テグさんなども出演しています。

さらに、日本から豊原功補さんらも出演しているのもみどころとなります。

本作は韓国、日本両国が舞台となっており、三重、岐阜、名古屋などで日本ロケも慣行されています。

OST情報

本作はOSTも大人気で、「Sub title」、「オニバスの花」、「告げよう」、「どこに」、「ときどき一人で泣きます」など人気曲が満載です。

インスト曲もドラマを象徴する名曲が多く「回想」などは特に印象的です。

 

スポンサーリンク

 

赤と黒【韓国ドラマ】あらすじ

シム・ゴヌク(キムナムギル)は幼い頃に育ての親の元から無理矢理引き離され、ヘシングループの後継者ホン・テソンとして育てられることになります。

しかし、DNA検査の結果血の繋がりながないと判明するとすぐに捨てられてしまったのです。

その後施設で過ごすことになったゴヌクは、成長するとヘシングループへの復讐をはじめます。

素性を隠してホン一家に近づいたゴヌクは、ホン姉妹たちを利用し一家に入り込んでいきます。

そんなことは知らない末娘のモネ(チョンソミン)は、ゴヌクの怪しい魅力に惹かれ心を奪われていくようになります。

姉のテラ(オヨンス)はモネとは違いゴヌクを無視していたのですが・・・。

そんな中、セレブ生活に憧れるジェイン(ハンガイン)はゴヌクを後継者のテソンだと思い込み近づいてきます。

ゴヌクもあえてテソンの振りをし続け、こうして二人の運命的な出会いが始まることになります。

一方、ゴヌクを捨てたあとに会長と別の女性との間に生まれた子をホン・テソン(キムジェウク)として引き取ったホン一家でしたが、テソンは家族の愛を感じることがないまま暮らしていました。

テソンは孤児院出身のソニョン(キムミンソ)を愛するのですが、彼女を不幸にすることを恐れ別れを決心します。

しかし、そのあと彼女はテソンの住むマンションの屋上から転落死してしまい・・・。

きむとま
キム・ナムギルさんのセクシーな魅力が満載で、女性を誘惑し復讐のために利用していきます!

 

スポンサーリンク

 

赤と黒【韓国ドラマ】みどころ

本作は財閥の身勝手さによって人生を滅茶苦茶にされた男の復讐劇であり、男女の愛憎劇でもあります。

キム・ナムギルさんの代表作であり、彼にセクシーな俳優というイメージを付けた作品でもあります。

彼の演じるゴヌクの怪しげでミステリアスなキャラクターが本作一番のみどころで、悪い男だと分かっていてもどこか哀愁の漂う彼に多くの女性が魅了されました。

キム・ナムギルさん以外にもキム・ジェウクさんという人気イケメン俳優も出ていて、ゴヌクとはまた違った悲しみを背負っています。

そこにハン・ガインさん、オ・ヨンスさん、チョン・ソミンさんといった人気女優たちが関わってきます。

特に愛の無い結婚をしていたオ・ヨンスさん演じるテラは、本作の女優たちの中でも一番美しかったと言われるほどで、このテラとゴヌクの絡みもみどころとなります。

このメインキャスト以外にも、上記したように多くの有名俳優が出演していて複雑な人間関係を見せてくれています。

かつて自分を捨てた復讐のためにホン一家に近づくゴヌク、そうとは知らずゴヌクに惹かれていく姉妹たち、セレブに憧れテソンに接近するジェイン、後継者の一人でありながら幸薄いテソン、ヘシングループに対する愛情が人一倍強い会長夫人など、登場人物それぞれに魅力があり、視聴率以上に高い人気を誇った作品です。

本作には日本でのシーンも多くあり、豊原功補さんなどの日本人俳優も悪人か出演しているのにも注目です!

 

スポンサーリンク

 

赤と黒【韓国ドラマ】感想と評価・評判

かなり後追いで見た作品なんですが、かなり豪華なキャスティングですね!

当時はまだそこまでの人気でなかったりしただけなんですが、特に女優陣の豪華さには目を引くものがあります。

ですが作品としては基本苦手なジャンルで、どう見ても女性向きの内容なんですよね。

これが女性主人公が美貌を利用して男たちを手玉に取っていく作品だとまた違ったんでしょうけど。

とはいえ、それぞれタイプの違う女性たちが皆ゴヌクに惹かれていくのは面白く、男としては羨ましい限りでしたね。

ただ、ヒロインであるはずのジェインがゴヌクとテソンを二股にかけてるようでイライラさせられ、年上女性のテラの方が印象が強かったというのはヒロインとして残念でしたね。

そして本作の一番の問題点は、主演のキム・ナムギルさんが急な入隊により急遽ドラマが短縮された!ということです。

本来は20話予定だったものが17話に減り、しかも15話からはキム・ナムギルさんの代役が出ていてゴヌクの出番も極端に減りおかしなことになっているんです。

なのでドラマとしてもスッキリとしない終わり方をしています。

これが予定通り20話作られていたらもっと評価の高い作品になっていたことでしょう。

 

まとめ:キム・ナムギルさんの代表作と言えばやっぱりこれ!

セクシーさと哀愁感漂う彼の魅力が堪能出来る作作品になっています。

ただ、急遽短縮されてしまったドラマなので、内容的にはスッキリとしない終わり方となっているのは残念です。

 

最後に

本作は好き嫌いが激しく分かれる作品だと思います。

まず、主人公に感情移入出来るかどうかという点がありますし、ヒロインの二股ぶりに理解を示せるか、そして会長夫人の変貌ぶりに付いていけるかなど、キャラクターの癖がかなり強いドラマなんです。

結末が凄く分かりにくいのも評価が割れるところで、短縮された故の苦肉の策なのか、それとも最初っからこういう結末にするつもりだったのか、そういう結末についてああだこうだと考えたり語るのが好きな人にはたまらない作品かもしれません!

 

→赤と黒はU-NEXTで見放題配信中!

 

 

脱毛は時間がかかるから今から準備

芸能裏情報をこっそりLINEで教えます! 友だち追加


韓国在住15年筆者が芸能情報をツイート!



スポンサードリンク